人工股関節全置換術例の股関節伸展制限に対するHALの効果

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工股関節全置換術例の股関節伸展制限に対するHALの効果

先日も診療報酬の中で脳血管疾患等のリハビリテーション料におけるロボティクスが評価されるといった記事をご紹介させていただきました.

本邦でも学会や論文ではさまざまなロボティクスの有用性が報告されております.

最近は脳卒中や脊髄損傷といった中枢神経疾患のみならず,整形外科疾患を対象としてロボティクスの有用性を検討した報告も増えてきております.

そんな中でも今回はわれわれ理学療法士・作業療法士が苦労することの多い人工股関節全置換術例に対するHALの使用が股関節伸展制限に与える影響を調査した報告をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Assist Technol. 2020 Jan 22:1-9. doi: 10.1080/10400435.2020.1712498. [Epub ahead of print]

Hybrid Assistive Limb improves restricted hip extension after total hip arthroplasty.

Setoguchi D1, Kinoshita K1, Kamada S2, Sakamoto T1, Kise N2, Kotani N2, Goto K2, Shiota E2, Inoue T3, Yamamoto T1.

今回ご紹介する論文は2020年に公開されたばかりの新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

The Hybrid Assistive Limb (HAL) was developed as an exoskeleton robot that supports gait training. The purpose of this study was to assess the usefulness of training using the HAL after total hip arthroplasty (THA).

HALは歩行練習を支援する外骨格系ロボットとして開発された機器です.

この研究では人工股関節全置換術例に対するHALを用いたとれーにんぐの有用性を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の対象・方法

We targeted 16 consecutive patients who underwent THA via the posterior approach. We randomized patients to the HAL group (8 hips), in which the HAL was used as part of physical therapy, or the control group (8 hips), in which only typical physical therapy was performed. Gait analysis was performed before and after surgery, and comparisons were made between the two groups. We evaluated the single support time (%), double support time (%), cadence (steps/min), velocity (cm/s), stride length (cm), and anteroposterior and lateral variability, and assessed the hip and knee joint range of motion in the sagittal plane.

この研究では人工股関節全置換術(後方アプローチ)を施行した連続16例を対象としております.

この16例を無作為にHALを行ってトレーニングを行う8例(理学療法の中で部分的にHALを用いた)と標準的な理学療法を行う8例に割りつけております.

歩行分析は術前・術後に行い2群間で比較を行っております.

アウトカムとして,単脚支持時間,両脚支持時間,歩行率,歩行速度,ストライド長,前後・側方動揺,矢状面における股関節・膝関節運動範囲を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

The results showed improvements in the hip extension angle and other gait parameters in the HAL group.

研究の結果ですがHALを使った歩行トレーニングを行った群で有意に歩行中の股関節伸展可動域および歩行パラメーターに改善を認めております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この研究から得られた考察

Among gait-related problems after THA, a decreased peak hip extension angle is reported to be a significant factor that affects gait disability. This study revealed that HAL usage after THA seems to be a useful method to obtain sufficient extension angle.

人工股関節全置換術後の歩行の問題として,歩行障害に大きな影響を与える問題として股関節伸展可動域の減少が挙げられております.

この研究結果から人工股関節全置換術後のHALの使用は歩行時の股関節伸展可動域を拡大する上で有用だと考えられます.

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました