変形性膝関節症例に対する膝装具,外側楔状足底板,toe out歩行の組み合わせは転倒リスクを増加させる

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例に対する膝装具,外側楔状足底板,toe out歩行の

組み合わせは転倒リスクを増加させる

変形性膝関節症例に対する理学療法では膝関節内反モーメントの軽減が1つのキーとなります.

膝関節内反モーメントを軽減させるストラテジーとしてはさまざまな方法が報告されております.

中でもtoe out歩行は変形性膝関節症例の膝関節内反モーメントを軽減させる1つの方策として行われることが多いですが,toe out歩行が床クリアランスを低下させ転倒リスクを増加させる可能性も考えられます.

今回ご紹介する方法では,膝装具,外側楔状足底板,toe out歩行の組み合わせが膝関節内転モーメントおよび転倒リスクに与える影響を明らかにしております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回ご紹介する論文 

ProsthetOrthot Int. 2019 Apr;43(2):148-157. doi: 10.1177/0309364618796849. Epub 2018 Sep 7.

Combined effects of knee brace, laterally wedged insoles, and toe-out gait on knee adduction moment and fall risk in moderate medial knee osteoarthritis patients.

Khan SJ, Khan SS, Usman J, Mokhtar AH, Abu Osman NA.

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 研究の背景 

Knee osteoarthritis is a major contributor to the global burden of disease. There is a need of reducing knee joint load and to improve balance and physical function among knee osteoarthritis patients.

変形性膝関節症は世界的に多い疾病の1つです.

変形性膝関節症例においては関節負荷を軽減させ,バランスや身体機能を改善させることが重要となります.

 

 

 

 

 

 

 研究目的 

To test the hypothesis that toe-out gait will reduce second peak knee adduction moment further and increase fall risk when combined with knee brace and laterally wedged insole in knee osteoarthritis patients.

この研究では膝装具,外側楔状足底板,toe out歩行の組み合わせが膝関節内転モーメントを軽減させる一方で,転倒リスクを増加させるのではないかといった仮説のもとで行われております.

 

 

 

 

 

 

 研究方法 

First and second peak knee adduction moments, fall risk and comfort level. First and second peak knee adduction moments were determined from three-dimensional gait analysis, completed under six randomized conditions: (1) natural, (2) knee brace, (3) knee brace + toe-out gait, (4) laterally wedged insole, (5) laterally wedged insole + toe-out gait, and (6) knee brace + laterally wedged insole + toe-out gait. Fall risk was assessed by Biodex Balance System using three randomized stability settings: (1) static, (2) moderate dynamic setting (FR12), and (3) high dynamic setting (FR8).

膝関節内反モーメントの第1および第2ピークを計測し,転倒危険,歩行の買い的レベルを評価しております.

膝関節内反モーメントの第1および第2ピークの計測には,3次元動作解析装置を用い,①自然歩行,②膝装具,③膝装具+toe out歩行,④外側楔状足底板,⑤外側月状足底板+toe out歩行,⑥膝装具+外側楔状足底板+toe out歩行の6つの条件で測定を行っております.

転倒リスクの評価にはBiodex Balance Systemを用い,①静的条件,②中等度の動的条件,③高度動的条件の3条件で評価を行っております.

 

 

 

 

 

 

 研究結果 

The reduction in first peak knee adduction moment and second peak knee adduction moment was greatest (7.16% and 25.55%, respectively) when toe-out gait combine with knee brace and laterally wedged insole. Significant increase in fall risk was observed with knee brace + laterally wedged insole + toe-out gait (42.85%) at FR12. Similar significant balance reductions were found at FR8 condition for knee brace + toe-out gait (35.71%), laterally wedged insole + toe-out gait (28.57%), and knee brace + laterally wedged insole + toe-out gait (50%) as compared to natural. However, knee brace decreased fall risk at FR12 by 28.57%.

膝関節内反モーメントの第1ピークおよび第2ピークの減少は,⑥膝装具+外側楔状足底板+toe out歩行の条件で最も大きい結果でありました.

一方で転倒リスクもまた,⑥膝装具+外側楔状足底板+toe out歩行の条件で最も高い結果でありました.

さらに③膝装具+toe out歩行,⑤外側月状足底板+toe out歩行の条件においても,自然歩行に比較すると転倒リスクが高い結果でありました.

しかしながら膝装具のみの装着では転倒リスクは軽減されるといった結果でありました.

 

 

 

 

 

 

 研究の結論 

There is a synergistic effect of toe-out when combined with knee brace and laterally wedged insole concurrently in second peak knee adduction moment reduction but with a greater degree of fall risk. Simultaneous use of conservative treatments also decreases comfort level.

膝装具+外側楔状足底板+toe out歩行は膝関節内反モーメントの第2ピークを減少させ,変形性膝関節症例の膝関節内反モーメント軽減に寄与する可能性がありますが、一方で転倒リスクを高める恐れがあります.

 

今回は,膝装具,外側楔状足底板,toe out歩行の組み合わせが膝関節内転モーメントおよび転倒リスクに与える影響を明らかにした論文をご紹介させていただきました.

変形性膝関節症例に対する理学療法では,内反モーメントの軽減に主眼が置かれますが,転倒リスクや他の要因も合わせて考慮する必要がある結果ではないかと思います.

コメント

タイトルとURLをコピーしました