人工股関節全置換術後における起立-着座動作時の非対称性

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 人工股関節全置換術後における起立-着座動作時の非対称性 

人工股関節全置換術後の起立-着座動作の特徴として非術側への荷重偏位が挙げられます.

この非術側への荷重偏位の原因としては疼痛や術側股関節屈曲可動域制限,術側股関節周囲筋の筋力低下など様々な要因が考えられますが,こういった機能的な要因に改善が得られても非対称的な起立-着座動作を行っている症例は少なくありません.

また非対照的な起立-着座動作が対側膝関節への力学的負荷を増大させ,変形性膝関節症のリスクを高めることも明らかにされております.

今回は人工股関節全置換術後1年における起立-着座動作時の非対称性について調査した報告をご紹介させていただきます.

「stand up chair」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回ご紹介する論文 

Clin Biomech (Bristol, Avon). 2018 Aug;57:89-92. doi: 10.1016/j.clinbiomech.2018.06.017. Epub 2018 Jun 25.

Asymmetrical loading during sit-to-stand movement in patients 1 year after total hip arthroplasty.

Miura N, Tagomori K, Ikutomo H, Nakagawa N, Masuhara K.

今回ご紹介する論文は2018年に掲載された新しい論文です.

本邦で行われた臨床研究です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の背景・目的 

Asymmetrical loading during functional performance can occur after total hip arthroplasty. We hypothesized that during sit-to-stand movements, the loading of the limbs of patients who undergo total hip arthroplasty is more asymmetrical than that of those who do not. The objective of the present study was to compare asymmetrical loading during the sit-to-stand movements of patients at 1 year after undergoing total hip arthroplasty, and that of healthy adults.

人工股関節全置換術後には荷重時に非対称的な動作が行われることが多いです.

著者らは人工股関節全置換術例においては起立-着座動作時の非対称性が健常例に比較してより大きいと仮説を立てて研究を行っております.

この研究では人工股関節全置換術例における起立-着座動作時の非対称性について調査することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の方法 

Twenty-eight patients at 1 year after undergoing total hip arthroplasty and 16 healthy adults were included. We measured the vertical ground reaction force during the sit-to-stand movement for each leg and calculated the ratio of the peak vertical ground reaction force, and the ratio at the time of peak magnitude of the non-operated limb (control, right limb).

術後1年が経過した人工股関節全置換術例28例と健常高齢者16例を研究致傷としております.

起立-着座動作中における両下肢の床反力垂直性分を計測し,ピーク割合・ピーク時間を算出しております.

 

 

 

 

 

 

 

 研究結果 

The mean peak vertical ground reaction force ratio of the patients was 0.77 (0.2), and it was significantly lower than that of healthy adults. The vertical ground reaction force ratio for these patients at the time of peak magnitude of the non-operated limb was 0.72 (0.2), and was significantly lower than that of healthy adults.

平均ピーク垂直床反力割合は健常例に比較して人工股関節全置換術例で有意に低い結果でありました.

また非術側に比較して術側への床反力ピーク値が有意に低い結果でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 考察 

Loading on the operated leg during the sit-to-stand movement was lower than that on the non-operated leg in patients at 1 year after undergoing total hip arthroplasty. Furthermore, loading during sit-to-stand movement of patients 1 year after undergoing total hip arthroplasty was more asymmetrical than that of healthy adults. Even at 1 year after undergoing total hip arthroplasty, these patients performed the sit-to-stand movement asymmetrically.

人工股関節全置換術後1年の症例において,起立-着座動作中の術側下肢への荷重量は非術側下肢に比較してより小さいことが明らかとなりました.

さらに起立-着座動作時の非対称性は健常例に比較して有意に大きいことが明らかとなりました.

術後1年が経過しても,非対称的な起立-着座動作が継続されていることが明らかとなりました.

 

 

今回は人工股関節全置換術後1年における起立-着座動作時の非対称性について調査した報告をご紹介させていただきました.

術後1年が経過しても非対称性が残存していたというのは興味深いですね.

特に片側人工股関節全置換術後には対側の変形性膝関節症のリスクが増加するといった報告もありますので,起立-着座動作の対称性に着目した介入が必要ですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました