人工膝関節全置換術例の膝蓋骨高位が術後アウトカムおよび生存率に与える影響

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 人工膝関節全置換術例の術前膝蓋骨高位が術後アウトカム 

 および生存率に与える影響 

人工膝関節全置換術のアウトカムを決定する方法としてはさまざまな要因が報告されておりますが,理学療法士が着目すべき1つのポイントとして膝蓋骨高位が挙げられます.

特に関節可動域運動や筋力トレーニングを行う上では,膝蓋骨高位に着目した介入が重要となります.

さらに姿勢アライメントを考える上でも膝蓋骨高位は無視できません.

今回は人工膝関節全置換術例の膝蓋骨高位が術後アウトカムおよび生存率に与える影響を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

person wearing distressed blue denim jeans inside room

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回ご紹介する論文 

J Arthroplasty. 2019 Mar;34(3):469-477. doi: 10.1016/j.arth.2018.10.037. Epub 2018 Nov 8.

Influence of Patella Height on Total Knee Arthroplasty: Outcomes and Survival.

Gaillard R, Bankhead C, Budhiparama N, Batailler C, Servien E, Lustig S.

今回ご紹介する論文は2019年に公表された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の背景・目的 

The aim of this study is to assess clinical results of total knee arthroplasty (TKA) with pre-operative patella alta or patella baja, compared to TKA with pre-operative normal patellar height.

この研究では術前の膝蓋骨高位および膝蓋骨低位が人工膝関節全置換術後のアウトカムに与える影響を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の方法 

Patella height was measured using the Blackburne-Peel (BP) method in an initial, prospective cohort of 4103 TKAs performed at a single center. Three groups were defined: normal patella height (0.54 < BP index ≤ 1.06), patella alta (BP index >1.06), and patella baja (BP index ≤0.54). Pre-operative and post-operative clinical and radiological characteristics were collected and compared. All prostheses used a system of posterior stabilization by a third condyle. The primary outcome measure was the post-operative Knee Society Score. Statistical analysis was performed using Student’s t-test and chi-squared test, with P < .05.

膝蓋骨高位の評価ですがBlackburne-Peel (BP) methodといった方法が用いられております.

膝蓋骨高位の評価といえば以前はInsall-Salvati ratioが用いられることが多かったですが,最近はBlackburne-Peel (BP) methodといった方法が用いられることが増えてきております.

前向きに単一施設で4103例の人工膝関節全置換術例を対象に研究が行われております.

この4103例を膝蓋骨高位正常群,膝蓋骨高位群,膝蓋骨低位群に分類しております.

術前および術後の臨床的・X線学的な特性を調査し,比較を行っております.

主要アウトカムは術後のKnee Society Scoreとしております.

統計学的解析にはStudentのt検定またはχ2検定が用いられており,有意水準は5%未満としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の結果 

Two hundred twenty-three TKAs with pre-operative patella alta, 307 TKAs with pre-operative patella baja, and 2248 with pre-operative normal patella height, mean follow-up 39.3 months (range 24-239), were ultimately included. Post-operatively, there was no difference between the 3 groups in terms of Knee Society Score (knee and function scores). Patella baja statistically decreased the maximal flexion (118.2° vs 115.5°, P = .002) and increased the rate of patellar fracture (0.9% vs 2%, P = .05). Finally, survival rates were similar in the 3 groups with each above 91% (±2%) at 10 years.

223例が術前に膝蓋骨高位を呈しており,307例が術前に膝蓋骨低位を呈しており,2248例は正常の膝蓋骨高位でありました.

この3群間で術後のKnee Society Scoreには有意差は認めておりません.

膝蓋骨低位群で有意に膝関節屈曲可動域が不良であり,膝蓋骨骨折の合併率が高い結果でありました.

また最終的な生存率については3群間で有意差は無く,いずれも10年生存率が91%を超えておりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の結論 

Clinical and radiological results for TKAs with pre-operative patella alta and patella baja were comparable to TKAs with a normal pre-operative patellar height. Risk of post-operative patellar fracture increased for patients with pre-operative patella baja.

人工膝関節全置換術例における臨床成績ならびに人工膝関節全置換術の生存率について,術前の膝蓋骨高位または膝蓋骨低位と膝蓋骨高位正常例で比較した.

術前に膝蓋骨低位を呈した症例では,術後の膝蓋骨骨折の併存率が高くなることが明らかとなった.

 

今回は人工膝関節全置換術例の膝蓋骨高位が術後アウトカムおよび生存率に与える影響を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

この結果から考えると術後はもちろんですが術前も膝蓋骨高位に着目した理学療法介入が必要であると考えられます.

コメント

タイトルとURLをコピーしました