TKA後におけるCPMの有用性に関する最新論文紹介

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 TKA後におけるCPMの有用性に関する最新論文紹介 

人工膝関節全置換術後には膝関節周囲組織の癒着予防を目的としてCPM(Continuous Passive Motion)を行うことが多いと思います.

これまでにもCPMの必要性についてはさまざまな議論が繰り広げられてきました.

理学療法士の皆様もCPMに関してさまざまなご意見をお持ちだおと思いますし,病院・施設によってもCPMの使用方法はさまざまです.

CPMに関連する論文も非常に多いわけですが,そんな中でも今回はTKA後におけるCPMの使用の必要性を考える上で参考にしたいシステマティックレビューとメタアナリシスに関する論文をご紹介させていただきます.

man holding his chin facing laptop computer

 

 

 

 

 

 

 

 今回ご紹介する論文 

Arch Phys Med Rehabil. 2019 Sep;100(9):1763-1778. doi: 10.1016/j.apmr.2019.02.001. Epub 2019 Mar 2.

Continuous Passive Motion After Total Knee Arthroplasty: A Systematic Review and Meta-analysis of Associated Effects on Clinical Outcomes.

Yang X, Li GH, Wang HJ, Wang CY.

今回ご紹介いたします論文は2019年に公表された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の目的 

To evaluate the efficacy of continuous passive motion (CPM) after total knee arthroplasty (TKA) and whether the use of CPM is related to improved clinical and functional outcomes.

この研究ではTKA後におけるCPM使用の有用性を検討し,CPMの使用がTKA後のアウトカムを改善させるか否かを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 データソース 

A systematic MEDLINE search via Web of Science, Cochrane Library, and PubMed databases was conducted.

システマティックレビューならびにメタアナリシスに用いたのは,MEDLINE,Cochrane Library,Pubmedといったデータベースです.

 

 

 

 

 

 

 

 研究の抽出 

English-language articles published between January 2000 and May 2018 reporting the related clinical outcomes of CPM after TKA were included. A total of 3334 titles and abstracts were preliminarily reviewed, of which 16 studies were included according to the eligibility criteria.

2000年から2018年に公表された英論文のうち,TKA後のCPM使用に関する臨床的アウトカムを検討した論文を採用しております.

3334論文の中から16論文を最終的なメタアナリシスの対象としております.

 

 

 

 

 

 

 

 研究結果 

A total of 16 trials with 1224 patients were included. The pooled results revealed that use of CPM did not show a statistically significant improvement of postoperative knee range of motion (ROM) except for middle-term passive knee extension and long-term active knee flexion ROM. Also, CPM therapy did not show a significant positive effect on the functional outcomes. No significant reduction in length of stay (LOS) and incidence of adverse events (AEs) was identified.

16論文における対象者は1224例でありました.

結果ですが,CPMの使用によって改善が見られるのは中期的な膝関節他動伸展可動域,長期的な膝関節自動屈曲可動域のみでありました.その他の機能的なアウトカムに有意差は無く,在院期間や合併症発生についても有意差は見られませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の結論 

Among patients undergoing TKA, neither the ROM nor the functional outcomes could be improved by CPM therapy. Moreover, the risk of AEs and LOS could not be reduced by application of CPM. The current available evidence suggested that this intervention was insufficient to be used routinely in clinical practice.

TKA症例におけるCPMは関節可動域及び機能的なアウトカムの改善に有用ではないことが明らかとなりました.

さらにCPMの使用によって深部静脈血栓症等の合併症の低減や在院期間の短縮にもつながらないことが明らかとなりました.

 

今回はTKA後におけるCPMの使用の必要性を考える上で参考にしたいシステマティックレビューとメタアナリシスに関する論文をご紹介させていただきました.

注目すべきは中期的な膝関節他動伸展可動域,長期的な膝関節自動屈曲可動域にはCPM使用によって改善が得られているといった点です.

これをどう考えるかですが,過去に報告された可動域についても大きな影響は無いといった報告からすると異なる結果です.

Full textをみてみないと何ともですが,他動伸展可動域や自動屈曲可動域がどの程度改善するのかといった改善の程度や効果量がどの程度であったかも気になりますね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました