変形性膝関節症例に対する固有受容感覚トレーニングは有効か? ROM-ex・筋力トレーニングだけじゃない

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 変形性膝関節症例に対する固有受容感覚トレーニングは有効か? 

変形性膝関節症例の代表的な機能低下として関節可動域制限や筋力低下が挙げられますが,見逃されがちなのが固有受容感覚の低下です.

変形性膝関節症例においても,関節変形や関節周囲組織の破綻によって固有受容感覚の低下が頻発します.

しかしながら変形性膝関節症例に対する固有受容感覚トレーニングは軽視されがちです.

今回は変形性膝関節症例に対する固有受容感覚トレーニングは有効性を明らかにした報告をご紹介させていただきます.

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回紹介する論文 

J Athl Train. 2019 Apr;54(4):418-428. doi: 10.4085/1062-6050-329-17. Epub 2019 Apr 17.

Proprioceptive Training and Outcomes of Patients With Knee Osteoarthritis: A Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials.

Jeong HS Lee SC, Jee H, Song JB, Chang HS, Lee SY.

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 研究目的 

To describe the effects of proprioceptive training on pain, stiffness, function, and functional test outcomes among patients with knee osteoarthritis (OA).

この研究では,変形性膝関節症例に対する固有受容感覚トレーニングが,変形性膝関節症例の疼痛,関節スティフネス,機能的テストに与える影響を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 データ抽出 

All studies completed from 1946 to 2017 were obtained from 4 databases (PubMed, MEDLINE, CINAHL, and SPORTDiscus).

1946~2017年に報告された研究を4つの文献データベースから抽出しております.

 

 

 

 

 

 

 研究結果 

Seven randomized controlled trials involving 558 patients with knee OA met the inclusion criteria. The selected studies had Physiotherapy Evidence Database scores of 6 to 8. All randomized controlled trials had an Oxford Centre for Evidence-Based Medicine level of evidence of 2. Meta-analysis of the Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index (WOMAC) pain subscale (SMD = -0.56; 95% CI = -1.06, -0.07; P = .026), function subscale (SMD = -0.40; 95% CI = -0.59, -0.21; P < .001), and non-WOMAC walking speed test (SMD = -1.07; 95% CI = -2.12, -0.01; P = .048) revealed that proprioceptive training had significant treatment effects. Proprioceptive training was not associated with reductions in WOMAC stiffness subscale scores and did not improve non-WOMAC get-up-and-go scores.

7つの無作為化比較試験における558例の変形性膝関節症例を対象としております.

対象とした研究のPEDro scoreは6~8点でありました.

全ての無作為化比較試験のOxford Centre for Evidence-Based Medicine level of evidenceは2でありました.

メタアナリシスの結果,WOMACの疼痛,身体機能,歩行速度については固有受容感覚トレーニングを行った群で有意に機能が改善しているといった結果でありました.

一方で関節スティフネスget up and goについては固有受容感覚トレーニングの効果は認められておりません.

 

 

 

 

 

 

 

 研究の結論 

Proprioceptive training effectively promoted pain relief and completion of functional daily activity among patients with knee OA and should be included in rehabilitation programs. Stiffness and other mobility measures were unchanged after proprioceptive training. Modified proprioceptive training programs are needed to target stiffness and improve additional physical function domains.

この研究結果から変形性膝関節症例に対する固有受容感覚トレーニングは疼痛の軽減と身体機能改善に有効であることが明らかとなりました.

一方で関節スティフネスや総合的な移動能力に対する効果は低いと考え裸得rます.

今後は関節スティフネスや他の身体機能の改善に寄与する固有受容感覚トレーニングの開発が期待されます.

 

今回は変形性膝関節症例に対する固有受容感覚トレーニングは有効性を明らかにした報告をご紹介させていただきました.

残念ながら固有受容感覚トレーニングの詳細は明らかではありませんが,われわれ理学療法士も変形性膝関節症例に対する介入の1つとして固有受容感覚に対するアプローチをもっておきたいですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました