変形性膝関節症に対する膝蓋骨モビライゼーションは有効なのか?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 変形性膝関節症に対する膝蓋骨モビライゼーションは有効なのか? 

変形性膝関節症に対する徒手的介入の1つとして膝蓋骨の可動性やマルトラッキングを改善するといった方法が挙げられます.

理学療法士であれば誰もが行っている介入の1つだと思います.

今回は変形性膝関節症に対する膝蓋骨モビライゼーションの有効性を明らかにした報告をご紹介させていただきます.

woman in white and black floral dress sitting at bedside

 

 

 

 

 

 今回ご紹介する論文 

Ann Fam Med. 2018 Nov;16(6):521-529. doi: 10.1370/afm.2320.

Clinic-Based Patellar Mobilization Therapy for Knee Osteoarthritis: A Randomized Clinical Trial.

Sit RWS, Chan KKW, Zou D, Chan DCC, Yip BHK, Zhang DD, Chan YH, Chung VCH, Reeves KD, Wong SYS.

今回ご紹介する論文は2018年に実施された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 研究の目的 

We performed a phase 2 randomized clinical trial to evaluate the preliminary effectiveness of a clinic-based patellar mobilization therapy (PMT) in patients with knee osteoarthritis.

この研究では2相無作為化臨床試験を用いて,変形性膝関節症例に対する膝蓋骨モビライゼーションに予備的な効果を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 研究の方法 

We recruited 208 patients with knee osteoarthritis at primary care clinics in Hong Kong. Patients were randomly assigned (1:1) to the intervention group or the control group. The intervention group received 3 PMT treatment sessions from primary care physicians at 2-month intervals, with concomitant prescription of a home-based vastus medialis oblique muscle exercise. The control group received PMT after the study period. The primary outcome was the Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index (WOMAC) pain score. Secondary outcomes included the WOMAC composite, function, and stiffness scores; the visual analog scale score for pain; objective physical function tests (30-s chair stand, 40-m walk test, timed up and go test, and EuroQol-5D). All outcomes were evaluated at baseline and at 24 weeks through intention-to-treat analysis.

対象は香港のプライマリケアクリニックを受診した変形性膝関節症例208例となっております.

この208例を無作為に,介入群と対照群に分類しております.

介入群に対しては3セッションの膝蓋骨モビライゼーションを理学療法士が2ヶ月間実施し,合わせて内側広筋の自主運動の指導を行っております.

対照群については研究期間中,1セッションのみ膝蓋骨モビライゼーションを実施しております.

主要アウトカムですが,WOMAC疼痛スコアとしております.

副次的アウトカムとしてWOMACの身体機能や関節スティフネス,VASによる疼痛評価,CS-30,40m歩行テスト,TUG,QOLの評価を行っております.

全てのアウトカムはベースラインおよび介入24週後に測定を行っており,ITT解析を行っております.

 

 

 

 

 

 

 研究の結果 

We observed no baseline between-group differences. The WOMAC pain score showed greater improvement in the intervention group than in the control group at 24 weeks (between-group difference – 15.6, 95% CI, – 20.5 to – 10.7, P <.001). All secondary outcomes also demonstrated significant between-group differences.

ベースライン期には介入群・対照群間で有意差は認めませんでした.

24週後におけるWOMACの疼痛スコアは対照群に比較して介入群で有意に改善がみられておりました.

副次的なアウトカムについても介入群で有意な向上が得られております.

 

 

 

 

 

 

 研究の結論 

Patellar mobilization therapy has the potential to reduce pain and improve function and quality of life for patients with knee osteoarthritis. Future clinical trials with comparison to other active comparator controls will help determine the overall efficacy and facilitate the deployment of PMT in real-world practice.

膝蓋骨モビライゼーションは変形性膝関節症例の疼痛を軽減し,身体機能を改善することが明らかとなりました.

 

 

 

 

 

 

今回は変形性膝関節症に対する膝蓋骨モビライゼーションの有効性を明らかにした報告をご紹介させていただきました.

当然と言えば当然の結果ですが,膝蓋骨アライメントをきちんと評価した上で介入を行えば,変形性膝関節症例の除痛を図る手段として膝蓋骨モビライゼーションによる介入は有効だということですね.

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました