過去の膝関節外傷は変形性膝関節症発症のリスクを増大させるのか?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 過去の膝関節外傷は変形性膝関節症発症のリスクを増大させるのか? 

理学療法の世界では,昔から半月板損傷や前十字靭帯損傷の既往がある症例は,将来的に変形性膝関節症に移行する可能性が高くなると考えられてきました.

いわゆる二次性変形性膝関節症ですね.

ただこれって科学的データの裏付けがしっかりとしたものではありませんでした.

今回は過去の膝関節外傷は変形性膝関節症発症のリスクを増大させるのかを明らかにしたシステマティックレビューならびにメタアナリシスをご紹介させていただきます.

man helping another on stand up

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回ご紹介する論文 

Br J Sports Med. 2019 May 9. pii: bjsports-2018-100022. doi: 10.1136/bjsports-2018-100022. [Epub ahead of print]

Knee osteoarthritis risk is increased 4-6 fold after knee injury – a systematic review and meta-analysis.

Poulsen E, Goncalves GH, Bricca A, Roos EM, Thorlund JB, Juhl CB

今回ご紹介いたします論文は2019年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 研究の目的 

To estimate knee osteoarthritis (OA) risk following anterior cruciate ligament (ACL), meniscus or combined ACL and meniscus injury.

この研究では前十字靭帯損傷,前十字靭帯損傷に合併した半月板損傷,半月板損傷後の変形性膝関節症発症リスクについて明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 研究デザイン 

Systematic review and meta-analysis.

研究デザインはシステマティックレビューとメタアナリシスとなっております.

 

 

 

 

 

 

 抽出研究の取込基準 

Prospective or retrospective studies with at least 2-year follow-up including adults with ACL injury, meniscal injury or combined injuries. Knee OA was defined by radiographs or clinical diagnosis and compared with the contralateral knee or non-injured controls.

前十字靭帯損傷ならびに半月板損傷,またはこれらを合併した症例を少なくとも2年以上フォローアップしている前向きおよび後ろ向き研究を取込基準としております.

変形性膝関節症の定義はX線学的または臨床診断とし,対側膝関節または健常膝と比較を行っております.

 

 

 

 

 

 

 研究結果 

53 studies totalling∼1 million participants were included: 185 219 participants with ACL injury, mean age 28 years, 35% females, 98% surgically reconstructed; 83 267 participants with meniscal injury, mean age 38 years, 36% females, 22% confirmed meniscectomy and 73% unknown; 725 362 participants with combined injury, mean age 31 years, 26% females, 80% treated surgically. The OR of developing knee OA were 4.2 (95% CI 2.2 to 8.0; I2=92%), 6.3 (95% CI 3.8 to 10.5; I2=95%) and 6.4 (95% CI 4.9 to 8.3; I2=62%) for patients with ACL injury, meniscal injury and combined injuries, respectively.

53研究,合計で100万名を超える症例を対象としております.

この中には185,219例の前十字靭帯損傷例(平均年齢29歳,35%が女性),83,267例の半月板損傷例(平均年齢38歳,225が女性),725,362例の前十字靭帯・半月板複合損傷例(平均年齢31歳,26%が女性)が含まれております.

変形性膝関節症に移行する確率は前十字靭帯損傷例で4.2倍,半月板損傷例で6.3倍,複合損傷例で6.4倍高くなるといった結果となっております.

 

 

 

 

 

 

 研究の結論 

The odds of developing knee OA following ACL injury are approximately four times higher compared with a non-injured knee. A meniscal injury and a combined injury affecting both the ACL and meniscus are associated with six times higher odds compared with a non-injured knee. Large inconsistency (eg, study design, follow-up period and comparator) and few high-quality studies suggest that future studies may change these estimates.

前十字靭帯損傷後には健常膝に比較して変形性膝関節症へ移行するリスクが平均すると4倍高くなることが明らかとなりました.

さらに半月板損傷例や前十字靭帯および半月板の複合損傷例においては変形性膝関節症へ移行するリスクが6倍を超えることも明らかとなっております.

研究デザインやフォローアップ期間,対照群の決定が研究毎に異なり,今後はさらに質の高い研究が期待されます.

 

 

 

 

 

 

 臨床的示唆 

Patients sustaining a major knee injury have a substantially increased risk of developing knee OA, highlighting the importance of knee injury prevention programmes and secondary prevention strategies to prevent or delay knee OA development.

この研究結果から前十字靭帯損傷や半月板損傷といった膝関節外傷は変形性膝関節症のリスクを増大させることが明らかになりましたので,前十字靭帯損傷や半月板損傷を予防するプログラムの重要性,そして変形性膝関節症の進行を予防する戦略が重要であると考えられます.

 

今回は過去の膝関節外傷は変形性膝関節症発症のリスクを増大させることが明らかとなりました.

理学療法士として変形性膝関節症への移行に関して,クライアントへこういったデータに基づいた説明ができるようにしたいですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました