変形性膝関節症例に対する膝装具って膝蓋骨が出るタイプが良いの?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例に対する膝装具って膝蓋骨が出るタイプが良いの?

変形性膝関節症例対して内反モーメントを軽減する目的で膝装具が処方されることは多いと思います.

膝装具には軟性装具・硬性装具と様々なタイプのものがあります.

また膝蓋骨が露出されるタイプのものと膝蓋骨が覆われているタイプのものもあります.

今回は変形性膝関節症例に対する膝装具の中で,膝蓋骨が出るタイプのものと膝蓋骨を覆うタイプのものとどちらが有効なのかを明らかにした報告を紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回紹介する論文

Eval Health Prof. 2018 Dec;41(4):512-523. doi: 10.1177/0163278717714307. Epub 2017 Jun 30.

Effects of a Knee Brace With a Patellar Hole Versus Without a Patellar Hole in Patients With Knee Osteoarthritis: A Double-Blind, Randomized Controlled Trial.

Added MAN, Added C, Kasawara KT, Rotta VP, de Freitas DG.

今回紹介する論文は2018年に掲載された比較的新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

研究の目的

The objective of this study was to observe the immediate effect of a knee brace with a patellar hole versus without a patellar hole on pain perception in patients with knee osteoarthritis.

この研究では変形性膝関節症例を対象に,膝蓋骨が出るタイプの膝装具と膝蓋骨を覆うタイプの即時効果を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

研究の方法

To accomplish this, a double-blind, randomized controlled trial enrolled 108 patients divided into two groups (knee brace with a patellar hole or without a patellar hole). Patients were evaluated by the Visual Analogue Scale (VAS) in order to measure their pain sensation, the Timed Up and Go (TUG) test was used to evaluate their ability to walk, and the 8-m walking test (8MWT) was used to estimate their walking speed.

二重盲検無作為化比較試験を用いて108例を2群(膝蓋骨が出るタイプの膝装具を装着する群と膝蓋骨を覆うタイプの膝装具を装着する群)に分類しております.

VAS,TUG,8m歩行テストを評価しております.

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Both groups presented significant reduction in pain perception, higher function of the lower extremities, and greater mobility while wearing a knee brace. However, the patients who wore a knee brace without a patellar hole presented more favorable results than those who wore a knee brace with a patellar hole: a 1.6-point reduction was found versus 1.1 points in the VAS, the patients presented 0.7 s less time versus 0.4 s in the TUG, and the speed was reduced by 1.4 s versus 0.8 s in the 8MWT.

両群ともに膝装具装着により疼痛が軽減し,下肢機能が向上し,移動能力に改善がみられております.

しかしながら膝蓋骨を覆うタイプの膝装具装着の方が膝蓋骨が出るタイプの膝装具よりも疼痛軽減,TUG,歩行速度いずれも即時的な改善が大きい結果でありました.

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Therefore, the knee brace without a patellar hole presented more favorable results when compared with the knee brace with a patellar hole.

この研究の結果から膝装具を装着する場合には,膝蓋骨を覆うタイプの膝装具の方が膝蓋骨が出るタイプの膝装具よりも疼痛軽減や歩行能力向上に有用であることが明らかとなりました.

 

今回は変形性膝関節症例に対する膝装具の中で,膝蓋骨が出るタイプのものと膝蓋骨を覆うタイプのものとどちらが有効なのかを明らかにした報告を紹介させていただきました.

膝蓋骨を覆うタイプでは膝蓋大腿関節の運動を阻害することにはなりますが,より大きな安定性が得られ,疼痛の軽減や膝関節の安定性向上によって歩行能力に改善が得られるものと推測します.

同じ装具でもタイプによって疼痛軽減や歩行能力に及ぼす効果が異なるというのはわれわれ理学療法士も知っておきたい知識だと思います.

コメント

タイトルとURLをコピーしました