理学療法士・作業療法士が病院に就職するメリット

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士が病院に就職するメリット

一昔前では理学療法士・作業療法士の就職先の第一選択肢は「病院」が当たり前でしたが,今では訪問リハビリなどの訪問・地域分野でも理学療法士・作業療法士が増えてきています.

しかしながらいまだに医療機関(病院)に就職したいと考える理学療法士・作業療法士が多いのが実際です.

今回は理学療法士・作業療法士が病院に就職するメリットについて考えてみたいと思います.

white concrete counter stand

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士が病院に就職するメリット

  • 学びたい疾患を多く学べて,知識・技術の自己研鑽が出来る
  • 医師から学べることが多い
  • 大きな病院であれば患者数が確保されている
  • 間近で先輩や上司の臨床を学べる
  • 公立病院であれば公務員扱いになる(給料・収入面・福利厚生なども)
  • 経営基盤が安定していることが多い(クリニックでは閉院,介護施設では経営者が事業をやめるケースもある)
  • 休日を取りやすい

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士が就職・転職を考える場合には

理学療法士・作業療法士が就職・転職を考える場合には,就職先は非常に重要な選択となります.

さまざまな面で悩まれる方も多いと思います.

理学療法士・作業療法士が就職・転職を考える場合には,今後学びたい分野や疾患,休日の体制,給料・収入面などの自分自身が重要視しているものによって,就職先は大きく変わります.

そして昨今では,訪問リハビリや訪問看護ステーションでも募集をしており,給料・収入面などで病院より待遇が良い職場も多くなってきている状況です.

そのため,病院が就職先の第一選択肢とならない時代になってきているようです.

 

 

 

 

 

 

学びたい疾患を多く学べて知識・技術の自己研鑽が出来る

これは特に若い理学療法士・作業療法士であれば重要なところでしょう.

病院によってそれぞれの特徴がありますので,急性期,回復期,生活期といった病期の分類はもとより,脳血管障害などの中枢性疾患.神経内科に多い難病疾患,整形外科に多い運動器疾患などどういった疾患が多いのかは,その病院にどういった診療科があって,どのくらい医師が勤務しているのかを事前に調べることが重要です.

 

 

 

 

 

 

医師から学べることが多い

また急性期病院等の総合病院では複数の診療科が標榜されており,多くの医師が在籍している場合が多いです.

特に医学的な疾患の知識に関しては,医師から学べることが多く,医師とコミュニケーションを図ることができる職場というのは理学療法士・作業療法士の成長を考える上でも非常に有益です.

 

 

 

 

 

 

大きな病院であれば患者数が確保されている

総合病院や病床数が多い病院であれば,その分クライアントの数も多くなります.

多くのクライアントを見ることで,参考書や文献,セミナーでは得ることのできない経験を多く体験することが出来るのも病院でのリハビリにおける臨床の大きな魅力といえるでしょう.

 

 

 

 

 

 

間近で先輩や上司の臨床を学べる

訪問リハビリやでは基本的に1対1で理学療法・作業療法を行うこととなります.

そのためその場でのリハビリで困った際には自分自身で対応し,その後に職場で上司や先輩に相談する必要があります.

よって口頭下でのやり取りになってしまうことが多いです.

それに比べ病院では,OJTで指導を受けたり,実際に先輩や上司が展開している理学療法・作業療法を見学することができます.

また臨床で困っている時でも,直接的にクライアントをみてもらうことが出来るため,適切なフィードバックを受けることができるといった点も大きなメリットと言えると思います.

 

 

 

 

 

 

公立病院であれば公務員扱いになる(給料・収入面・福利厚生なども)

これは人によると思いますが,昇給率や退職金,福利厚生を重要視するのであれば,私立病院に比べ公立病院に就職することが出来ると公務員扱いとなり,上記の待遇面も大きく変わります.

残念ながら公務員が給与が高いといったわけではありませんが,安定しているのも事実です.

安定性を考えて公立病院への就職も選択肢として考えても良いのでないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

休日を取りやすい

これも働く上で大切なところになるのではないでしょうか?

訪問リハビリは担当制であり,訪問ルートも予め決まってしまうため,定期的な休日以外で有給休暇を取るのに苦労する場合があります.

病院では理学療法士・作業療法士であったとしてもスタッフ数が多ければ,申し送りができるため,休日を取りやすい環境にあることも多いです.

有給休暇も訪問分野に比べ取りやすいことが多いです.

 

 

今回は理学療法士・作業療法士が病院に就職するメリットについて考えてみました.

給料面・収入面だけをみると,訪問リハビリや訪問看護ステーションの就職は魅力的に見えますが,病院勤務ではリハビリの知識・技術や臨床経験を多く積むことが出来るため,理学療法士・作業療法士としてのキャリアを確実に積み上げていくことができると考えられます.

また教育体制がしっかりしているところも多いので,若手理学療法士・作業療法士が成長することができる職場が多いのも実際です.

もちろん訪問リハビリ分野でも成長できる職場は多くありますが…

 

一方で病院の選択肢が少なくなってきているのも実際です.

自分で医療機関を探そうとしても就職先がなかなか見つからないといった方も多いと思います.

そういった場合には転職サイトの利用が効率的です.

実は転職サイトは未公開求人を多く持っておりますので,まずは転職サイトへ登録をして,自分で探すのと並行しながら転職サイトからの紹介を待つ方法が有効です.

ここでは私が過去に利用したことのある転職サイトをいくつか紹介させていただきます.

 

 

 

マイナビ

マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

マイナビに限ったことではありませんが,病院でこういった疾患をみたいといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですのでそういった要望を書き込んでおくことが重要となります.

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

PTOT人材バンク

ここも非常に求人数も多く,希望する転職先の情報を細かく登録できるのでお勧めです.

私自身も転職時にはこういった人材バンクに登録をしておりましたが,エージェントの方が自分に合った新しい職場に関する情報を提供してくださいます.

病院でこういった疾患のリハビリテーションに携わりたいと事前に伝えておけば,自分に合った求人情報を紹介してくださいます.

 

 

 

 

PTOTSTワーカー



PTOTSTワーカーは業界でもトップクラスの求人数を誇っているのが特徴です.

看護師・医師などの医療関連職の転職をサポートしている医療WORKERグループですので,病院・クリニック・診療所・介護施設・リハビリ施設などの求人の形態も豊富です.

また長年各医療関連施設との人材紹介で培った信頼性から求人数がありますので,他社にはない独占求人,新設などの関係で 一般には公開されない非公開求人も多いです.

またこういった転職サイトって地方求人に対応していなかったりしますがここは地方の求人も豊富ですので地方への転職を考えられている方にもお勧めです.

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の各職種専門のアドバイザーが専任で担当してくださいますので,要望のヒアリングから入職まで トータルで転職をサポートしてくださいます.

アドバイザーは病院・クリニック・リハビリ施設・介護保険関連事業所などとも密接な関係なので求人票に載っていない職場関係・一緒に働く人の人柄などの現場の情報を知ることが出来ます.

病院でこういった疾患のリハビリテーションに携わりたいと事前に伝えておけば,自分に合った求人情報を紹介してくださいます.

コメント

  1. […] 理学療法士・作業療法士が病院に就職するメリット今回は理学療法士・作業療法士が病院に就職するメリットについて考えてみました. 給料面・収入面だけをみると,訪問リハビリや訪 […]

タイトルとURLをコピーしました