TKAにおける膝蓋下脂肪体の切除が術後アウトカムに与える影響

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 TKAにおける膝蓋下脂肪体の切除が術後アウトカムに与える影響 

人工膝関節全置換術後に問題になることが多いのが膝蓋骨下部の疼痛です.

膝蓋骨下部の疼痛の原因はさまざまですが,これらの疼痛に関連していることが多いのが膝蓋下脂肪体由来の疼痛です.

膝蓋下脂肪体は膝蓋骨の可動性にも影響を及ぼしますので,膝蓋下脂肪体が癒着してしまうと関節可動域制限や筋力低下の原因にもなります.

近年,人工膝関節全置換術においてこの膝蓋下脂肪体が切除される場合がありますが,今回ご紹介いたします論文ではこの膝蓋下脂肪体の切除が術後アウトカムに与える影響を検討しております.

 

 

 

 

 

 

 紹介する論文 

Arch Orthop Trauma Surg. 2016 May;136(5):701-8. doi: 10.1007/s00402-016-2440-x. Epub 2016 Mar 22.

The effect of infrapatellar fat pad resection on outcomes post-total knee arthroplasty: a systematic review.

White L, Holyoak R, Sant J, Hartnell N, Mullan J.

今回紹介する論文は,2016年にArch Orthop Trauma Surgに掲載されたシステマティックレビュー論文です.

 

 

 

 

 

 

 研究の背景および目的 

The infrapatellar fat pad (IPFP) is resected in approximately 88 % of total knee arthroplasty (TKA) surgeries. The aim of this review is to investigate the impact of the IPFP resection on clinical outcomes post-TKA.

人工膝関節全置換術においてはおおよそ88%の症例において膝蓋下脂肪体が切除されます.

この研究では膝蓋下脂肪体切除が人工膝関節全置換術後のアウトカムに与える影響について明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 対象と方法 

A systematic search of five major databases for all relevant articles published until May, 2015 was conducted. Studies comparing the effect of IPFP resection and preservation on outcomes post-TKA were included. Each study was then assessed individually for level of evidence and risk of bias. Studies were then grouped into post-operative outcomes and given a level of evidence ranking based on the collective strength of evidence.

5つの主要データベースから2015年5月までの間に出版された論文を収集しております.

中でも人工膝関節全置換術後の膝蓋下脂肪体切除の影響を比較した得研究論文をシステマティックレビューの対象としております.

それぞれの研究は個別にエビデンスレベルおよびバイアスリスクが検討されております.

また収集した論文について,術後アウトカムおよびエビデンスの強さを元にエビデンスレベルごとにグループ分けしております.

 

 

 

 

 

 

 研究結果 

The systematic review identified ten studies suitable for inclusion, with a total of 10,163 patients. Within these ten studies, six post-operative outcomes were identified; knee pain, vascularisation of the patella, range of motion (ROM), patella tendon length/patella infera, wound complications and patient satisfaction. Moderate evidence increased knee pain with IPFP resection post-TKA was found. Conflicting evidence was found for patella vascularisation and patellar tendon length post-TKA. Moderate evidence for no difference in ROM was found. One low quality study was found for wound complications and patient satisfaction.

今回のシステマティックレビューの包含基準に該当したのは10の研究論文であり,最終的な全対象例は10163例となっております.

この10の研究の中から膝痛,膝蓋骨の血行動態,関節可動域,膝蓋腱長・膝蓋骨低位,創傷関連合併症,患者満足度といった6つの共通したアウトカムを抽出しております.

膝蓋下脂肪体切除群で疼痛の増強が有意に強い(中等度のエビデンス)結果となっております.

膝蓋骨の血行動態や膝蓋腱長に関しては研究間で相反する結果でありました.

また関節可動域については膝蓋下脂肪体の切除による差は無く,1つの質の低い研究でのみ膝蓋下脂肪体切除の有無によって合併症や患者満足度に差がありました.

 

 

 

 

 

 

 結論 

This systematic review is limited by the lack of level one randomised controlled trials (RCTs). There is however moderate level evidence that IPFP resection increases post-operative knee pain. Further level one RCTs are required to produce evidence-based guidelines regarding IPFP resection. Systematic Review Level of Evidence: 3.

このシステマティックレビューで,エビデンスレベル1の無作為化比較試験を欠くといった点で,研究の質に限界があるものの,膝蓋下脂肪体切除は術後の膝痛を増強させる中等度のエビデンスがあることが明らかとなりました.

さらに膝蓋下脂肪体切除に関して無作為化比較試験等の質の高い研究が必要です.

 

近年,人工膝関節全置換術においてこの膝蓋下脂肪体が切除される場合がありますが,今回は膝蓋下脂肪体の切除が術後アウトカムに与える影響を検討した研究をご紹介いたしました.

膝蓋下脂肪体によってアウトカムに大きな変化があることを考えると,理学療法士が手術中の膝蓋下脂肪体の処理に関しても確認しておく必要があるでしょう.

コメント

タイトルとURLをコピーしました