THAとTKAでは機能回復の程度が異なる

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 THAとTKAでは機能回復の程度が異なる 

人工関節全置換術の中でも理学療法士・作業療法士が対峙することが多いのが,人工股関節全置換術(THA)と人工膝関節全置換術(TKA)です.

おそらく人工関節全置換術例を担当する機会の多い方は,THAよりもTKAの術後性席が不良な方が多いといった印象を持っておられると思いますが,THAとTKAでは機能回復の程度が異なるのでしょうか?

今回はTHAとTKAでは機能回復の程度が異なるのか否かを検討した論文をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 紹介させていただく論文 

Int J Rehabil Res. 2019 Jun 18. doi: 10.1097/MRR.0000000000000344. [Epub ahead of print]

Trajectories of functional performance and muscle strength recovery differ after total knee and total hip replacement: a performance-based, longitudinal study.

Judd DL, Wolfe P, LeDoux CV, Hogan C, Dayton MR, Stevens-Lapsley JE.

今回ご紹介させていただく論文は2019年6月に掲載された新しい論文です.

THAとTKAの身体機能についてパフォーマンスと筋力の回復について縦断的に調査が行われております.

 

 

 

 

 

 

 研究背景・目的 

Total joint replacement is indicated to alleviate pain and disability associated with hip and knee osteoarthritis. Arthroplasty outcomes are typically reported together, or anecdotal comparisons are made between total knee arthroplasty (TKA) and total hip arthroplasty (THA) recovery. Limited data quantifies differences in recovery trajectories, especially with respect to performance-based outcomes.

人工関節全置換術は変形性関節症の疼痛や能力障害を改善することが示されておりますが,TKAとTHA間で機能回復に相違があるかどうかは明らかでありません.

特にパフォーマンスを基準としたアウトカムに関してはTKAとTHAの間で機能回復の相違について比較した報告は少ないのが現状です.

 

 

 

 

 

 

 対象と方法 

Seventy-nine people undergoing total knee or THA were followed over 6 months. Functional performance was measured using the stair climb test, timed-up-and-go test, and 6-min walk test. Surgical limb isometric strength was also measured.

対象ですがTKAおよびTHAを施行し,術後6ヶ月にわたって観察が可能であった79例となっております.

機能的なパフォーマンスは,段差昇降テスト,TUG,6分間歩行距離にて評価が行われております.

また術側の等尺性筋力も測定しております.

 

 

 

 

 

 結果 

All outcomes significantly declined 1 month after surgery. Participants in the TKA group showed a greater decline in climbing stairs (P < 0.001), timed-up-and-go (P = 0.01), and 6-min walk distance (P < 0.01). Further, the TKA group lost more strength (P < 0.001) and were weaker than those after THA (P < 0.001). Differences in postoperative outcomes between groups at 3 and 6 months were also observed. The TKA group experiences a greater decline in measured outcomes than the THA group, and muscle strength and functional recovery occurred differently in each group.

全てのアウトカムが術後1か月後において有意に低下していました.

TKA例は段差昇降,TUG,6分間歩行テストのパフォーマンス低下が著しい状況でした.

さらにTKA例はTHA例に比較して有意に等尺性筋力の回復も不良でありました.

TKA・THA間の術後のアウトカムの相違は術後3ヶ月,6ヶ月が経過しても顕著であり,TKA例のアウトカムが不良であり,術後の機能回復が不良でした.

 

 

 

 

 

 

 結論 

These findings should be considered in rehabilitation priorities after arthroplasty surgery.

今回の研究結果から人工関節全置換術後のリハビリテーションではTKAとTHAでは術後の経過が大きく異なることを認識しておく必要があります.

 

 

 

 

今回はTHAとTKAでは機能回復の程度が異なるのか否かを検討した論文をご紹介させていただきました.

結果は予想通りですが,こう考えると目標設定やクライアントへの予後に関する説明もTHA例とTKA例では異なるものになりそうですね.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました