理学療法士・作業療法士の転職と年齢

就職活動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士の転職と年齢

理学療法士・作業療法士が転職を考えるうえで,自分の年齢って気になりますよね?

今の職場を辞めたいけど,自分の年齢で今から転職できるのだろうかといった不安をお持ちの方も多いと思います.

国家公務員や地方公務員を除けば実は転職に際して年齢制限が設けられている転職先は少なく,理学療法士・作業療法士などの医療専門職においては,年齢よりも経験年数が考慮される場合が多いです.

もちろん経験者の転職はほとんどの場合で経験加算があり,新卒者の就職よりも給与が高めに設定してあります.

今回は理学療法士・作業療法士の転職と年齢との関連について考えてみたいと思います.

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士が一般病院へ転職する場合

理学療法士・作業療法士が一般病院への転職を考える場合には,あまり年齢を気にすることはありません.

しかし養成校の新卒の学生さんが就職を考える第一候補であるため,給与等を考慮すると,同じ理学療法士・作業療法士であれば給与が安く長期的に就業可能な新人理学療法士・作業療法士を採用したいと考える一般病院も多いでしょう.

経験のある理学療法士・作業療法士が一般病院への転職を考える場合には,自分のそれまでの経験をアピールできるかどうかが重要です.

具体的には,前職ではどのような内容の仕事をしていたか,後輩の育成やマネジメントは出来るのかなどです.

その点を上手にアピールすることで,採用される可能性も高くなります.

しかしながら,国公立病院においては経験よりも公務員として年齢が第一条件になりますので,採用に年齢制限が設定されているか否かの確認が必要です.

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士が介護保険施設へ転職する場合

介護保険施設でも一般病院への転職と同様に,年齢を条件に入れている施設は少ないです.

介護保険制度導入によって,介護保険分野への興味や経験を重視される場合が多いです.

介護保険施設では(介護老人保健施設が就職先になることが多いのです),入所の方のみにリハビリテーションサービスを提供するのではなく,通所リハビリテーションでの対応も求められます.

したがって理学療法士・作業療法士としての経験だけはなく,プラスアルファとして今までの仕事の経験内容やマネジメント業務に携わっていたかなどもポイントになります.

さらに介護報酬は医療機関における診療報酬とは異なりますので,介護報酬のことについてもしっかりと把握しておく必要があるでしょう.

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士が養成校へ転職する場合

理学療法士・作業療法士養成校への転職ですが,これまでは臨床経験3年以上が条件になっておりましたが,今後はは5年以上の経験があって初めて教員への転職が可能となります.

よって年齢で就職が決定されることはありません.

理学療法士・作業療法士養成校ではまず,大学であれば教務・講師といった形での採用になることが多いです,

その後,大学院を修了し,修士・博士課程と取得していくに従って,教授職へ就任するといったケースがほとんどです.

 

 

 

 

 

 

行政や一般企業への転職の場合

前述したように国公立の病院や施設では,年齢制限がある場合が多いです.

市町村によっては年齢不問の場合もあります.

例えば新しく事業を始めるにあたっては,新卒よりも経験者を求めていることもあるため,どういった目的で求人を行っているのかを把握することが重要です.

一般企業では(全くの別分野への転職は別にして),理学療法士・作業療法士としての転職はかなりの割合で経験者を求める企業が多いです.

特に医療機器の開発に携わるような企業では,経験者=知識が豊富といった捉え方をしているところも多いため,臨床経験だけではなく机上の知識や交渉力が求められます.

 

 

 

 

 

このように実は転職にあたって年齢が条件になることは少ないわけですが,重要なのは理学療法士・作業療法士としてのアピールできる経験があるか否かです.

このあたりってどうアピールするかが難しいわけですが,そういった場合には転職エージェントにアドバイスをもらいながら転職活動を進めるのもお勧めです.

履歴書の書き方から面接対策までしっかりと指導してくださいます.

ここからは私が過去に利用したことのある転職サイトをご紹介させていただきます.

PTOTキャリアナビ




特にここは東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県の求人が豊富なので,関東圏で転職をお考えの方にはお勧めです.

また別サービスであん摩マッサージ指圧師,柔道整復師の方の転職サポートもされておりますので,理学療法士・作業療法士向けのみの転職サービスと比較すると介護施設やクリニックの求人が豊富です.

経験者を優遇してくれる求人を探しているといったポイントをエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

 

マイナビ



マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

マイナビに限ったことではありませんが,自分の経験年数や年齢をエントリーシートに入力することが可能ですので,経験者を優遇してくれる求人を探しているといった要望を書き込んでおくことが重要となります.

またエージェントの方に面接や履歴書作成の支援を希望すると要望を書き込んでおくと対応して下さると思います.

 

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

 

 

 

 

 

PTOT人材バンク



ここも非常に求人数も多く,希望する転職先の情報を細かく登録できるのでお勧めです.

私自身も転職時にはこういった人材バンクに登録をしておりましたが,エージェントの方が自分に合った新しい職場に関する情報を提供してくださいます.

自分の経験年数や年齢をエントリーシートに入力することが可能ですので,経験者を優遇してくれる求人を探しているといった要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

またエージェントの方に面接や履歴書作成の支援を希望すると要望を書き込んでおくと対応して下さると思います.

コメント

タイトルとURLをコピーしました