スポーツリハビリテーションに関わりたい理学療法士・作業療法士にお勧めの転職

就職活動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポーツリハビリテーションに関わりたいPT・OTにお勧めの転職

理学療法士・作業療法士を目指す動機として多いものとして,スポーツリハビリテーションに携わりたいといった動機が挙げられます.

自分自身がスポーツの経験があって,怪我を機に理学療法士・作業療法士にお世話になったといった経験から,理学療法士・作業療法士といった職業を選択したという方も少なくないと思います.

でもどうやったらスポーツリハビリテーションに携わることができるのでしょうか?

今回はスポーツリハビリテーションに関わりたい理学療法士・作業療法士にお勧めの転職先について考えてみたいと思います.

 

 

 

 

 

スポーツリハに関わりたいPT・OTは整形外科クリニックへの転職がお勧め

スポーツリハビリテーションに携わりたいのであれば,整形外科のクリニックに就職・転職することをお勧めします.

整形外科クリニックで勤務することは,スポーツリハビリテーションに関わる中でさまざまなメリットがあります.

ではなぜ整形外科クリニックに勤務すると,スポーツリハビリテーションに携わる上で有益なのでしょうか?

 

 

 

 

スポーツリハを行いたいPT・OTが整形外科クリニックへ転職すべき理由

総合病院や介護保険施設などで働いていても,スポーツ分野に関わることはできます.

ただスポーツリハビリテーションを行いたい理学療法士・作業療法士が整形外科クリニックへ転職すべきです.

理学療法士や作業療法士がトレーナー活動を行う際には,原則として選手の治療を行うことはありません.

治療(理学療法・作業療法)は医療行為ですので,医師の処方がなければ実施することはできません.

そのため理学療法士・作業療法士がトレーナーとして活動する場合には,捻挫や打撲の際に応急処置は行いますが,その後の治療を行うことはできません.

理学療法士・作業療法士であればトレーナーとして自分が関わった選手の治療を行いたいと考える方が多いと思いますが,実際にはそうはいかないのです.

総合病院では救急対応で手いっぱいで,職場が外来のクライアントのリハビリテーションを積極的に行っていないことがあります.

そうなると怪我をした選手のほとんどは,外来通院は整形外科クリニックでといったことが多いのです.

整形外科クリニックは外来で通院するクライアントがほとんどですので,クリニックに勤めていれば,勤務先のクリニックの医師に選手を診てもらって,理学療法士・作業療法士として選手の治療に関わるといったケースが多いのです.

 

 

 

 

 

 

整形外科クリニックに勤めると身体の機能面に詳しくなる

理学療法士・作業量ほすいがスポーツリハビリを行う際には,関節や筋の硬さ,スポーツ動作のアライメントを評価した上で,身体機能の問題に対してアプローチすることが多いです.

一方で通所施設や訪問リハビリテーション事業所では,身体機能面の問題は軽視されがちで,活動や参加に焦点を当てたアプローチが行われます.

そのため通所施設や訪問リハビリテーション事業所に勤務する理学療法士・作業療法士の役割は,動作練習や杖・手すりなどの補装具の検討などが中心になってしまいます.

このような動作練習や補装具に関する知識は理学療法士・作業療法士にとって欠かすことのできないものですが,スポーツリハビリテーションに携わる上では,動作練習や補装具に関する知識よりも,身体機能に関する知識が重要となります.

理学療法士・作業療法士として整形外科のクリニックに勤務していれば,嫌でも身体機能面に着目してアプローチを行う機会が増えますので,身体機能に関する知識は自然と増えていきます.

また整形外科クリニックには,トレーナー活動を行っている理学療法士・作業療法士が多く勤務しておりますので,先輩理学療法士・作業療法士からの紹介でトレーナー活動を行うことになったり,職場自体もトレーナー活動に理解のある職場が多く,スポーツリハビリテーションに携わりやすくなります.

以上のような理由からも,理学療法士・作業療法士がスポーツリハビリテーションに携わりたい場合には,整形外科クリニックに就職することが勧められます.

 

 

 

 

 

スポーツリハを行いたいPT・OTが転職先を選ぶ際の注意点

スポーツリハビリテーションを行いたい理学療法士・作業療法士は,選手の治療に関わることができる,身体機能面に強くなる,といった理由から,整形外科クリニックで働くことが勧められますが,実際に就職や転職を考える場合には,いくつか注意すべきポイントがあります.

これはスポーツリハビリテーションに限ったことではありませんが,ある特定の分野を学びたいと考えた時は,それに特化した職場に就職・転職した方が効率的です.

学べる組織に属するということは,特にスポーツリハビリの分野に関しては大切です.

病院によってはいくつかのスポーツチームと契約を結んで勤務する理学療法士・作業療法士をトレーナーとして働かせている施設もあります.

したがって職場を選択する際には,そういった活動を現在勤務している理学療法士・作業療法士が行っているのかを確認することが重要です.

またボランティアで行っているのか,組織契約を結んだ上で行っているのかを確認することも非常に重要です.

そのような職場では,院内でスポーツトレーナーに関する勉強会が行われることが多いですし,一定のカリキュラムを受講しテストに合格すればトレーナーとしてスポーツ選手と関わることができるといったシステムを構築している職場もあります.

このような理由から理学療法士としてスポーツリハビリに関わりたい場合は,スポーツリハビリに特化している職場に就職することをお勧めします.

 

また重要なのは,選手との関わりは個人ではなく病院としてものであるということです.

つまり病院と関係があるスポーツチームに帯同する前提として,あなたと選手という関わりではなく,病院と選手という関係であることを忘れてはいけません.

理学療法士・作業療法士が組織に属してスポーツ選手に関わる際に最も重要です.

選手と個人的に関わりたいのであれば,最初からあなた自身の力で選手とのつながりを作る必要があります.

これはなかなか難しいですが…

 

 

 

今回はスポーツリハビリテーションに関わりたい理学療法士・作業療法士は整形外科クリニックへ転職するべきだといった内容で記事を書かせていただきました.

整形外科クリニックであればどこでも良いということではありません.

トレーナー活動に理解があって,既に先輩理学療法士・作業療法士がトレーナー活動に積極的に取り組んでいるところを選択することが重要です.

ただこういった情報ってなかなかわかりませんよね.

こういった場合には,転職サイトを活用するのがお勧めです.

スポーツリハビリを行っている整形外科クリニックの理学療法士求人が見つかりやすくなりますし,既に所属している理学療法士・作業療法士がトレーナー活動を行っているかを把握できます.

 

ここでは私が過去に利用した転職サイトをいくつかご紹介させていただきます.

PTOTキャリアナビ




特にここは東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県の求人が豊富なので,関東圏で転職をお考えの方にはお勧めです.

また別サービスであん摩マッサージ指圧師,柔道整復師の方の転職サポートもされておりますので,理学療法士・作業療法士向けのみの転職サービスと比較すると介護施設やクリニックの求人が豊富です.

スポーツリハビリに携わりたい,トレーナー活動をしたいといった要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイナビ



マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

マイナビに限ったことではありませんが,スポーツリハビリに携わりたい,トレーナー活動をしたいといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですので,こういった要望を書き込んでおくことが重要となります.

 

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

 

 

 

 

 

PTOT人材バンク



ここも非常に求人数も多く,希望する転職先の情報を細かく登録できるのでお勧めです.

私自身も転職時にはこういった人材バンクに登録をしておりましたが,エージェントの方が自分に合った新しい職場に関する情報を提供してくださいます.

スポーツリハビリに携わりたい,トレーナー活動をしたいといった要望をエントリーシートに書き込んでおけば,あなたにあった転職先を紹介してくださいます.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました