理学療法士・作業療法士が出張の際のホテル予約のコツ

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 理学療法士・作業療法士が出張の際のホテル予約のコツ 

理学療法士・作業療法士であれば研修会や学会参加のために泊まり込みで出張へ出かけるといったことも少なくないと思います.

宿泊費ってできるだけ抑えたいですが,大規模な学会が開催されると予約しようにも宿泊先をおさえることが難しいこともしばしばです.

今回は理学療法士・作業療法士が出張の際のホテル予約のコツについてご紹介したいと思います.

 

 

 

 半年前から予約しよう 

学会なんかは半年以上前からスケジュールが決まっていることが多いので,とにかく早めに宿泊先を予約しておくことが重要となります.

ホテルにもよりますが,早いところであれば半年以上前からホテルの予約が可能ですので,とにかく早めに予約をするということが重要です.

早めに予約をするとキャンセル料をとられるのではないかと心配される方も多いですが,キャンセル料は遅いところであれば当日まで発生しませんし,早いホテルでも1~2週間前までキャンセル料が発生することはありません.

私の場合ですが,とりあえず会場や駅からの距離と料金といった条件が最も良いところを予約します.

その後も定期的にホテルを検索しながら,さらに条件が良いところが見つかれば先に予約したところをキャンセルして,新たな宿泊先を予約します.

こうすれば立地的にも料金的にも満足いく宿泊先を確保できます.

注意が必要なのは支払方法がクレジット払いになっている場合です.

クレジット払いになっている場合には一度支払ってキャンセル後に払い戻しといったパターンもありますので,手数料等を考えると損をしてしまうことがあります.

したがって私が予約をする場合には現金払いが可能な宿泊先を選択します.

またけっこう悩むのが前泊や後泊が必要かどうかといった点です.

学会発表や講演をする場合には,半年前だとスケジュールが決まっていない場合もありますので,前泊や後泊の必要性の判断ができません.

こういった場合には,前泊や後泊の可能性を考慮した上で,長めに予約をしておきます.

実際スケジュールがはっきりすれば予約した宿泊日の一部分だけをキャンセルすることもできます.

 

 

 

 宿泊予約はどうやってするの? 

 

宿泊予約ができるサイトには様々なものがあります.

 

 

 

 楽天トラベル 

私が利用するのが多いのは楽天トラベルです.

目的は楽天ポイント目的なのですが,出張が多い月なんかはポイントがザクザク貯まります.

予約の時期や支払方法によってはポイントが増えますのでそのあたりもチェックしながら予約をします.

 

 

 

 じゃらん 

日本国内の宿・ホテル予約サイトで,自分好みの宿を検索・予約ができます.

私も学会や出張の際に「じゃらん」を利用したことがあります.

じゃらんは情報量が多く,日付・場所・予算から検索して簡単に絞り込み予約ができます.

 

 

 

 JTB 

JTBが提供する旅館・ホテル予約サイトです.

魅力的なプランと豊富な在庫で,厳選5000軒の旅館とホテルを検索・予約できます.

ポータルサイト最大手とも提携している人気コンテンツです.

 

 

 

 るるぶトラベル 

国内旅行予約サイトです.

全国13,000軒以上の宿泊施設の予約が可能な国内旅行予約サイトとなっております.

 

 

 

 

 全てのホテルが満室の場合 

私も経験がありますが,急遽研修会や学会に参加することになって宿泊先を確保しようとさまざまな検索サイトで検索した者の,空室が全く見つかりません.

なんとサザン○―ルスターズのライブと重なっていたのです.

けっこう多いのが大規模な音楽ライブと日程が重なってしまうと周辺のホテルを全く確保できないことがあります.

そんな場合の解決方法をご紹介いたします.

100%とは断言できませんが,私はこれからご紹介する方法で高確率でホテルの予約をすることができました.

 

 

 

 まずはキャンセル待ちを常にチェックする 

これは基本ですが,検索した瞬間は満室でも,頻度良く空室をチェックしているとタイミング良く空室に出くわすことがあります.

これはテクニックでもなんでもありませんが,空室チェックを欠かさないことは非常に重要です.

実際にやってみるとわかるのですがけっこうな頻度で空室が出てきたりします.

 

 

 

 宿泊人数を変えてみる 

1室1名で予約したいと思っている場合は,1室2名の利用などに検索条件を変えてみてください.

ホテル等の宿泊所が宿泊予約サイトに登録する際に1名利用ではなく,ツインの部屋やダブルの部屋を2名利用で登録していることがあります.

この場合,空室があっても1室1名の利用では検索では引っかかりませんが,1室2名の検索条件に変更することによって,検索にヒットすることがあります.

意外にもツインやダブルの部屋が空室であったということがあるのです.

元々2名で利用したいのだけど空室が見つからない・・・という場合には3名で検索をしましょう.

 

 

 

 

 複数の宿泊予約サイトで検索する 

これも基本的なことではありますが,宿泊予約サイトは単一のサイトではなく,別のサービスでも検索をしてみることが重要です.

多くのホテルでは,現在は「サイトコントローラー」というサービスを入れており,複数の宿泊予約サイトを一括管理していることがありますが,そうでないホテルもまだまだあります.

一つの宿泊予約サイトだけでなく複数を横断してみると,まだ空室があるという場合があります.

私がよく利用する楽天トラベルではホテルが出てこないけど,じゃらんで検索したら空室があったということはこれまで多く経験があります.

 

 

 

 公式サイト予約を活用する 

宿泊予約サイトを横断したけれども,やはりホテルが確保できなかった場合には,ホテルの公式サイトから空室があるかどうかを確認することをお勧めします.

ホテルによって運用方針が異なりますが,宿泊予約サイトにて全ての空室予約を行っているホテルと,一定数だけ解放しているホテルがあります.

したがって宿泊予約サイトでは満室となっていても,公式サイトでは空室を見つけられることがあります.

 

 

 

 

 ホテルへ直接電話して空室を確認する 

これは最終手段ですが,公式サイト上でも見つからない場合はホテルに直接電話して確認してみることをお勧めします.

特に小さなホテルだと公式サイトへの登録がすぐになされていない事もあるようで,電話だと驚くべき程に簡単に見つかる場合があります.

また電話で予約がいっぱいであってもキャンセルが出たら連絡をもらうことができます.

WEB上で見つからない場合は,電話に切り替えましょう.

 

 

 

 

今回は理学療法士・作業療法士が出張の際のホテル予約のコツについてご紹介いたしました.

何事もですが早めに動くというのが最も重要です.

急きょ出張の予定が決まった場合には,ご紹介したテクニックを使って空室を見つけることをお勧めします.

コメント

タイトルとURLをコピーしました