就職活動

就職活動

大学院卒の理学療法士・作業療法士の給与が安い件

大学院卒の理学療法士・作業療法士を給与面で評価している病院や施設というのはかなり少ないのが実際です. またどの病院や施設が大学院卒を給与面で評価してくれるのかといった情報はなかなか手に入りにくいのも実際です.大学院を卒業した理学療法士・作業療法士こそ転職サイトを活用して大学院卒業を評価してくれる職場を探すべきです.
就職活動

理学療法士・作業療法士の就職活動における内定取り消し

今回は理学療法士・作業療法士の就職活動における内定取り消しについて考えてみました. 最終的には決定権を持つのは理学療法士・作業療法士の学生自身です. メリットとデメリットを天秤にかけた上で後悔の無い選択をしてほしいものです.
働き方

理学療法士・作業療法士が仕事を辞めたいと思ったら?

今回は,理学療法士・作業療法士が仕事を辞めたいと思った時にいかに行動すべきかについて考えてみました. まずはしっかりと辞めたい理由を分析して,対策を講じられないかを熟考してください. それが難しければ,分析結果を踏まえた上で転職も考える必要がありますね.
働き方

30代理学療法士・作業療法士の平均年収は?

当然ながら給与というのは年齢によっても大きく異なります. 理学療法士・作業療法士の集団というのは他の業界に比較すれば,平均年齢が若いので年収が少なくても当然のようにも考えられますが,年代ごとにみるとどうなのでしょうか? 今回は日本理学療法士協会のピラミッドの平均年齢であり,このブログの閲覧者の中でも最も多いと思われる30代の理学療法士・作業療法士の収入について考えてみたいと思います.
働き方

理学療法士・作業療法士の給料はなぜ安いのか?

診療報酬・介護報酬上の問題というのはどうにもなりませんので,専門性やスキルを給与面で評価してくれるような勤務先を探すことが重要です. こういった勤務先はまだまだ少ないのが現状ですが,最近は人事考課の中にそういった部分を評価してくれる職場も増えてきております. 安易な転職はオススメ出来ませんが,理学療法士・作業療法士の専門性やスキルを評価してくれない環境で働いても給与は全く増えることは無いでしょう.
就職活動

副業時代におけるPT・OT・STの非常勤・パート勤務のメリット・デメリット 

今回は理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)の非常勤・パートについて考えてみました. ご紹介いたしましたように,理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)がパートで働く場合には,さまざまなメリット・デメリットがあります. ご自身の家庭環境等を考慮した上で,パートで勤務するといった働き方を選択することになるでしょう.
働き方

理学療法士・作業療法士が訪問看護ステーションに転職する際の注意点 歩合制はメリットばかりではない

より高い収入をと思って歩合制の職場を探す理学療法士・作業療法士が多いですが,実は歩合制には大きな落とし穴があります. 今回はそこで今回は,理学療法士・作業療法士が訪問看護ステーションに転職する際の注意点に関して,特に給与体系の面から考えてみたいと思います.
就職活動

理学療法士・作業療法士の転職サイトってしつこいって本当?

転職サイトへの登録というと気になるのが,登録するとしつこく電話連絡やメール連絡があるのではないかといった点です. こういった理由で登録を躊躇されてしまうといったケースも少なくないと思います. 今回は理学療法士・作業療法士の転職サイトってしつこいのかどうかについて考えてみたいと思います.
働き方

理学療法士の求人は飽和状態!?飽和状態のこの業界で転職を成功させるには?

理学療法士は年間1万人以上の新卒理学療法士が誕生しており,以前は引く手あまたであった理学療法士の就職先ですが,医療機関での求人は飽和状態に近い状況です. 同時に,福祉や介護現場をはじめ,幅広い選択肢が広がっております. また最近は起業する理学療法士が増えている状況もあります. 今後,理学療法士が転職をする際にどのような働き方が考えられるのでしょうか?
就職活動

理学療法士・作業療法士の公立・国立病院への転職が危険?

今回はこれまで安泰と考えられてきた理学療法士・作業療法士の就職先である国立・公立病院への就職・転職について考えてみました. 本当に時代は変わってきておりますので,皆様がご自身の今後を考える機会になればうれしいです.
働き方

理学療法士・作業療法士が病院に就職するメリット

今回は理学療法士・作業療法士が病院に就職するメリットについて考えてみました. 給料面・収入面だけをみると,訪問リハビリや訪問看護ステーションの就職は魅力的に見えますが,病院勤務ではリハビリの知識・技術や臨床経験を多く積むことが出来るため,理学療法士・作業療法士としてのキャリアを確実に積み上げていくことができると考えられます.
就職活動

国家公務員の理学療法士・作業療法士の給与は高い?

今回は公務員理学療法士の中でも,国家公務員に関して理学療法士・作業療法士の給与が高いのか否かを考えてみました. 俸給表に従って給与が決まっているのは国家公務員の理学療法士・作業療法士に限ったことではないと思いますが,自分の給与がどのように変化していくのかを見据えて,これからどう動くべきかを考えていく必要がありますね.
就職活動

理学療法士・作業療法士の就職活動時の面接で不採用に繋がるNG行動

今回は理学療法士・作業療法士の就職活動時の面接で不採用に繋がるNG行動について考えてみました. 当たり前のことですがなかなか実践するのが難しいことでもあります. 養成校時代には養成校で面接の練習をされたと思いますが,転職となると面接の練習をするのも難しいと思います.
就職活動

理学療法士・作業療法士が履歴書に書く自己PRの例文

履歴書作成の中でも最も難しいのが,自己PRの作成です. 養成校時代であれば先生にアドバイスをもらいながら,自己PRを作成することができましたが,理学療法士・作業療法士の国家資格を取得した後となると,なかなかそうもいきません. 今回は理学療法士・作業療法士が履歴書に書く自己PRの例文をご紹介いたします.
就職活動

理学療法士・作業療法士の過剰な残業

働き方改革法が施行され,数カ月が経過しましたが,皆様の職場の環境は少しは変化しましたか? 日本では超過勤務が大きな社会問題となっており,規定を越えた超過勤務により,過労死や病気,さらには自殺の問題までさまざまな問題が起こっております. 今回は理学療法士・作業療法士は過剰な残業にどう対処すべきかについて考えてみたいと思います.
就職活動

理学療法士・作業療法士の転職と年齢

理学療法士・作業療法士が転職を考えるうえで,自分の年齢って気になりますよね? 今の職場を辞めたいけど,自分の年齢で今から転職できるのだろうかといった不安をお持ちの方も多いと思います. 国家公務員や地方公務員を除けば実は転職に際して年齢制限が設けられている転職先は少なく,理学療法士・作業療法士などの医療専門職においては,年齢よりも経験年数が考慮される場合が多いです.
就職活動

理学療法士・作業療法士の整形外科クリニックへの転職のメリット・デメリット

整形外科クリニックは理学療法士・作業療法士の勤務先として非常に多い職場の1つです. 最近は以前に比較すると理学療法士・作業療法士を多く雇用する整形外科クリニックも増えてきております. 今回は整形外科クリニックにおける理学療法・作業療法業務の内容と,一日の流れ,理学療法士・作業療法士が整形外科クリニックへ転職するメリット・デメリットについて考えてみたいと思います.
働き方

理学療法士・作業療法士が週1回(半日)働けばプラス3万円稼げる

今回は理学療法士・作業療法士が空いた時間で理学療法士・作業療法士としてお小遣い稼ぎするためのアルバイトについて考えてみました. どうせアルバイトをするのであればお小遣い稼ぎと合わせて,理学療法士・作業療法士としての成長につながるアルバイトを選択したいですね.
就職活動

理学療法士・作業療法士を辞職しての他業種へ転職 平均年収の罠

年収を増やすために転職を考える場合には,他業種への転職だけでなく,まずは理学療法士・作業療法士としての転職を考えることをお勧めします. 実際に理学療法士・作業療法士としての転職が成功すれば年収が50~100万円も増えるといったケースは実は少なくありません.
就職活動

定時で帰れる職場に転職したい理学療法士・作業療法士の求人の探し方

2019年4月から放映されていた火曜ドラマ,「わたし,定時で帰ります」が最終回を迎えました. 理学療法士・作業療法士も定時で帰りたいけど,なかなか帰れないといった悩みをお持ちの方は多いと思います. 今回は定時で帰れる職場に転職したい理学療法士・作業療法士の求人の探し方について考えてみたいと思います.
就職活動

理学療法士・作業療法士は副業ではなく転職で年収アップを狙うべき

理学療法士・作業療法士が簡単にリスクを伴うことなく,収入をアップさせる方法としては転職するといった方法が挙げられます. 特に転職によって収入アップを狙う場合には,年収が上がりやすい職場へ転職することが重要となります. 現状でも理学療法士・作業療法士が高収入を得やすい職場がいくつかあります.
就職活動

スポーツリハビリテーションに関わりたい理学療法士・作業療法士にお勧めの転職

自分自身がスポーツの経験があって,怪我を機に理学療法士・作業療法士にお世話になったといった経験から,理学療法士・作業療法士といった職業を選択したという方も少なくないと思います. でもどうやったらスポーツリハビリテーションに携わることができるのでしょうか? 今回はスポーツリハビリテーションに関わりたい理学療法士・作業療法士にお勧めの転職先について考えてみたいと思います.
就職活動

ワークライフバランスを考えた転職が復職成功のカギ

理学療法士・作業療法士も半数以上が女性ですので,家事や育児と両立しながら仕事を行っていく必要があります. また最近は共働きの世帯が増えておりますので,男性理学療法士・作業療法士の家庭内での役割も増えてきております. このように家事や育児と仕事を両立させながら仕事をしていくのが当たり前の時代になっているわけですが,勤務先の勤務形態によってはなかなかこの両立が難しい場合も少なくありません. 今回はワークライフバランスを考えた転職について考えてみたいと思います.
就職活動

理学療法士・作業療法士が転職するなら40歳までに!?

理学療法士・作業療法士が転職をする場合には,年齢よりもそれまでの経験が重要視されるのが一般的ですが,そうはいっても雇用する側にとってはあまり年齢を重ねてからの転職を嫌がる場合もあります. 理学療法士・作業療法士の転職は,看護師と違って年齢による制限が全くないとは言えないのも事実です. これはもちろん,暗黙の年齢制限であって,それまでの経験が評価されれば50歳以上でも転職を成功させている理学療法士・作業療法士がいます
就職活動

高年収の理学療法士・作業療法士求人を探すには

理学療法士・作業療法士養成校が少なかった20年以上前には,多くの病院や施設が人手不足であったため,高年収の求人も多くありました. しかし最近は,養成校の乱立によって有資格者が増えたため,残念ながら理学療法士・作業療法士の収入というのは減少傾向にあります.
就職活動

理学療法士・作業療法士の転職に学歴って関係ある?

理学療法士・作業療法士が転職を考えるうえで,自分の学歴って気になりますよね? 今の職場を辞めたいけど,自分の学歴で今から転職できるのだろうかといった不安をお持ちの方も多いと思います.ただ理学療法士・作業療法士の転職時には,最終学歴について問われることはほとんどありません.
働き方

1年目の理学療法士・作業療法士は転職に有利って知っていました?

そもそも学生時代の就職活動ってあまりよくわからないまま急かされるように就職先を決定することが多いので,自分が思った職場とちょっと違うといったケースも少なくないわけです. 1年目から転職ってかなり勇気が必要ですが,実は理学療法士・作業療法士の転職って制度的に有利だったりします. 今回はなぜ1年目の転職が有利なのかについて考えてみたいと思います.
就職活動

理学療法士・作業療法士必見 ボーナスもらえないって嘘でしょ?

今年入職された方は,賞与と言ってもピンとこないかたもおられるかもしれませんが,賞与というのはいわゆるボーナスのことです. 理学療法士・作業療法士の皆様も賞与がどのくらい支給されるかは気になるところだと思います. ほとんどの職場では来月以降に夏季の賞与が支給されるところが多いと思います. 今回は理学療法士・作業療法士にとっても重要な賞与(ボーナス)について考えてみたいと思います.
働き方

理学療法士・作業療法士に向いている人の特徴

現在働いている理学療法士・作業療法士も全員が「理学療法士・作業療法士に向いている人」ではありません. 日々たくさんのクライアントと関わって成長していくわけです. 自身の個性も大切にしながら,仕事を通じて必要な適性を身につけられるとよいですね.
就職活動

4月から入職したものの今の職場を辞めたいという理学療法士・作業療法士へ

 4月から入職したものの職場を辞めたいという理学療法士・作業療法士へ  GWに突入しました. 5月のGW明けといえば,理学療法士・作業療法士に限らず離職者が多くなる時期です. 理学療法士・作業療法士の国家試験に合格し,入職した...
タイトルとURLをコピーしました