理学療法評価」カテゴリーアーカイブ

歩行速度よりも歩容が重要?

 歩行速度よりも歩容が重要?  理学療法士であればクライアントの歩行に介入する機会は非常に多いと思います. 歩行能力を考えたときには,歩行速度のような定量的な評価と歩容のような定性的な評価の2つの側面から歩行を捉えること… 続きを読む »

せん妄と認知症って何が違うの?

 術前・術後せん妄について理学療法士・作業療法士の視点で考える  急性期の医療機関で勤務している理学療法士・作業療法士であれば,せん妄状態になっているクライアントを担当する機会も少なくないと思います. せん妄といった概念… 続きを読む »