2019-07

人工股関節全置換術

意外と知らないTHA後に起こる隠れた合併症

今回はTHAの術式によってTHA後の尿失禁の有訴訟率が異なるといった論文を紹介させていただきました. 脱臼率や術後の短期的なアウトカムが前方アプローチで後方アプローチに比較して良好であることが明らかにされておりますが,この結果から考えると尿失禁の改善といった面でも前方アプローチによるTHAが有益であると考えられます.
人工股関節全置換術

THAとTKAでは機能回復の程度が異なる

おそらく人工関節全置換術例を担当する機会の多い方は,THAよりもTKAの術後性席が不良な方が多いといった印象を持っておられると思いますが,THAとTKAでは機能回復の程度が異なるのでしょうか? 今回はTHAとTKAでは機能回復の程度が異なるのか否かを検討した論文をご紹介させていただきます.
未分類

理学療法士の視点で膝蓋骨脱臼の病態を考える

今回は理学療法士の視点で膝蓋骨脱臼の病態を考えてみました. 動的アライメントや筋活動など膝蓋骨脱臼予防を果たす上では考慮すべきことは多いですが,理学療法士だからこそ介入できる部分も多いと思います. 適切な評価を行った上で,再発予防に向けた介入を行いたいものです.
変形性股関節症

変形性股関節症に対する骨温存手術を見直す

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい変形性股関節症に対する骨温存手術についてご紹介させていただきました. それぞれ術式によって股関節外転筋群への侵襲や荷重歩行の開始時期が異なります. また骨温存術後には手術をしても,再度変形性股関節症が進行する可能性が十分にあります. 股関節内転モーメントに着目し,歩容の改善を図ることが理学療法士として最も重要な視点になると思います.
認定・専門・登録理学療法士

気になる登録理学療法士制度とは?

日本理学療法士協会第48回定時総会で,生涯学習制度をリニューアルし,新制度の運用が2021年4月より開始されることが発表されました. 生涯学習制度の変更に伴い,認定理学療法士受験者が増えておりますが,これまで新制度に関しては詳細が明らかにされておりませんでしたが,2019年7月26日に登録理学療法士制度の詳細が明らかにされました. 今回はこの登録理学療法士制度についてご紹介させていただきます.
働き方

2020年度の診療報酬改定で回復期リハビリ病棟はどう変わる?

今回は2020年度の診療報酬改定で回復期リハビリテーション病棟がどうかわるのかを,理学療法士の視点で考えてみました. 今回は重症者割合・実績指数・管理栄養士配置・退院後フォローに関して協議が行われております. いずれも理学療法士・作業療法士も関わりが大きい部分だと思いますので,今後の情報から目が離せませんね.
就職活動

理学療法士・作業療法士の転職と年齢

理学療法士・作業療法士が転職を考えるうえで,自分の年齢って気になりますよね? 今の職場を辞めたいけど,自分の年齢で今から転職できるのだろうかといった不安をお持ちの方も多いと思います. 国家公務員や地方公務員を除けば実は転職に際して年齢制限が設けられている転職先は少なく,理学療法士・作業療法士などの医療専門職においては,年齢よりも経験年数が考慮される場合が多いです.
働き方

2020年度の診療報酬改定で地域包括ケア病棟はどう変わる?

今回は2020年度の診療報酬改定で地域包括ケア病棟がどうかわるのかを,理学療法士の視点で考えてみました. 今回のポイントは自宅からの直接入院の受け入れと,リハビリ実施状況についてです. いずれも理学療法士・作業療法士も関わりが大きい部分だと思いますので,今後の情報から目が離せませんね.
運動療法・物理療法

最近流行のコンプレッションウェアの効果を知ってますか?

今回は理学療法士の視点でコンプレッションウェアの有用性について考えてみました. 理学療法の分野でもコンプレッションウェアを利用した介入が今後さらに広がりを見せそうですね.
認定・専門・登録理学療法士

認定理学療法士症例報告レポート記載例 代謝

今回は認定理学療法士(代謝)症例報告レポートの例をご紹介させていただきました. 私なりに仮想症例で記載してみたものの不十分なところもあると思います. あくまで1つの参考にしていただけると嬉しいです.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術におけるターニケット(駆血帯)の使用は術後疼痛を増強し機能回復を遅延させる

今回は,人工膝関節全置換術におけるターニケット(駆血帯)の使用は術後疼痛を増強し機能回復を遅延させるといった論文ご紹介させていただきました. 駆血帯(ターニケット)の使用方法によっても術後機能や合併症の程度が変わりますので,人工膝関節全置換術後の理学療法疽行う上では駆血帯(ターニケット)の使用方法についても確認しておく必要がありそうですね.
働き方

今話題の日本理学療法士協会会館建設について考える

今回はこの日本理学療法士協会会館の建設について考えてみました. 現在の理学療法士の給与を考えると,こんな馬鹿高い会館の建設が本当に妥当かどうかといった意見もあると思います. 私自身は年間1,000円でこんなものが建設できるのであれば,それはそれで新設していただきたいと思っておりますが,大切なのは中身です.
人工膝関節全置換術

高位脛骨骨切術後の人工膝関節全置換術の成績は?

今回は高位脛骨骨切術後の人工膝関節全置換術の成績を検討した報告を紹介させていただきました. 本邦でも少しずつ高位脛骨骨切術後の人工膝関節全置換術例が増えてきておりますが,臨床成績にprimaryの人工膝関節全置換術と大きな相違は無いといった結果です. こういった結果を踏まえて,活動性の高い変形性膝関節症例に対する高位脛骨骨切術は今後も増えていきそうですね.
働き方

第25回参議院選挙開票結果

 第25回参議院議員選挙開票結果  2019年7月21日20時から第25回参議院議員選挙の開票が行われました. 気になる投票率ですが,理学療法士の小川かつみ氏が当選した2016年の参議院選挙が54.7%であったのに対して,今回は48...
就職活動

理学療法士・作業療法士の整形外科クリニックへの転職のメリット・デメリット

整形外科クリニックは理学療法士・作業療法士の勤務先として非常に多い職場の1つです. 最近は以前に比較すると理学療法士・作業療法士を多く雇用する整形外科クリニックも増えてきております. 今回は整形外科クリニックにおける理学療法・作業療法業務の内容と,一日の流れ,理学療法士・作業療法士が整形外科クリニックへ転職するメリット・デメリットについて考えてみたいと思います.
働き方

ついに明日,第25回参議院議員選挙の投開票

こうしてみると田中先生が頑張っておられる一方で,協会や連盟にかなり足を引っ張られてるような気もします. 泣いても笑っても明日開票です. 私は期日前投票を済ませました(田中先生に投票しました)が,明日の選挙が理学療法士の今後を決める大きな1日になることは間違いありません. 皆様も最後までさまざまな迷いがあると思いますが,ご自分なりの結論を出されてください!
働き方

理学療法士・作業療法士が週1回(半日)働けばプラス3万円稼げる

今回は理学療法士・作業療法士が空いた時間で理学療法士・作業療法士としてお小遣い稼ぎするためのアルバイトについて考えてみました. どうせアルバイトをするのであればお小遣い稼ぎと合わせて,理学療法士・作業療法士としての成長につながるアルバイトを選択したいですね.
働き方

国政報告の内容に関するメールに対する山口かずゆき氏からの返答

この件に関しては,皆様にさまざまな意見をいただき,私自身も考えらさせられることが多かったです. これに対して山口かずゆき氏もTwitterで返答をしております. 公式な場で返答をいただきたかったですが,選挙期間中ですのでTwitterという手段を選択されたのではないかと思います.
理学療法評価

理学療法におけるクリニカルリーズニング

今回は理学療法士の視点でクリニカルリーズニングについて考えてみました. クリニカルリーズニングという概念は非常に理解しにくい概念ではありますが,非常に重要な概念でもあります. 日々のクリニカルリーズニングの繰り返しが理学療法士の成長につながりますので,日々考えながら仕事をすることが重要でしょう.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術(TKA)後に着目すべき隣接関節障害

今回は人工膝関節全置換術後に着目すべき隣接関節障害について考えてみました. 人工膝関節全置換術(TKA)後には膝関節といった局所のみへ着目するのではなく,腰椎・足部といった他関節への影響を考えた上でアプローチを行っていくことが重要となります.
働き方

山口かずゆき氏国政報告の内容に関するメール

公益社団法人日本理学療法士協会に所属されている方であれば,このようなメールが本日付で届いたかと思います. マイページへの登録状況によってこのメールがとどいた方と届いていない方がいらっしゃるかもしれません. 政治ネタが続きますが,組織票の表割れを防ぎたい協会・連盟の焦りとしか思えないメールに感じました. こんなメールを送信することがはたしてプラスになるのかどうかは怪しいですが,この件に関してはきちんと公式発表したということになります. 先日の東京新聞の件こそこのような形で発表をいただきたかったですが…
人工股関節全置換術

人工股関節全置換術(THA)症例における術前理学療法や術前教育って効果があるのか?

今回は30,000例を超える人工股関節全置換術例に対して行われた術前教育および術前理学療法の効果を検証した論文を紹介させていただきました. 術前理学療法と一言で言ってもさまざまな介入方法が考えられると思います. もう少し術前理学療法の介入内容を明確にした上で比較を行えば,必ず術前理学療法は意義のあるものだと思っております.
働き方

参議院選挙出馬理学療法士の公職選挙法抵触疑惑に関して公式発表無し

正直なところLINEグループで公表された内容についても,納得できるようなものではありません. どうしても懐疑的な思考に至らざるをえません. 今回の選挙では,親族・知人・友人に支援を呼びかけてきた会員も多いと思います. 公職選挙法に抵触する可能性がある議員の支援をお願いするというのは,応援する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士自身の信用問題にも関わりますので,正式なことがわからなければ,支援をお願いすることもできないと思います. 連盟の公式HPなりSNSなりで公式に回答していただきたかったというのが正直なところです. 選挙も始まってしまったのでこれ以上の動きは無いと思いますが,この件が選挙結果に大きな影響を与えそうなのは確実です.
働き方

理学療法士・作業療法士も有給休暇の取得が義務化,計画的に5日以上の有休取得を

2019年4月に働き方関連法が施行され,年間5日以上の有給休暇取得が義務化されました. この法律では,2019年4月から10日以上の有給が付与される労働者は,その日から1年以内に5日は取得するように義務づけられたのです. 案外知らない理学療法士・作業療法士が多いのですが,今回はこの有給休暇取得の義務化について考えてみたいと思います.
未分類

7月15日(月)・16日(火)のAmazonプライムデーを見逃すな!!

今回は理学療法からは少し離れますが,理学療法士・作業療法士の皆様にもAmazonプライムデーを利用してお得にお買い物していただきたいので,Amazonプライムデーに関してご紹介させていただきました. Amazonプライムデーまでもう数時間ありますので,夏のボーナスでこれを購入しようと考えていたものがあるのであれば,まずはAmazonプライムデーでセールが行われるかどうかを確認しましょう.
変形性股関節症

理学療法士・作業療法士が関節拘縮と疼痛との関係を理解するにはトランスレーション理論の理解が必須

今回は関節拘縮と疼痛との関係性について,トランスレーション理論,Oblique translation理論を使って考えてみました. 関節拘縮と疼痛との関係を理解する上ではこの知識は必須です. また関節拘縮由来の疼痛を軽減させるためには,関節拘縮を引き起こす原因組織を明確にした上で,関節拘縮の改善を図ることが重要であるといえるでしょう.
就職活動

理学療法士・作業療法士を辞職しての他業種へ転職 平均年収の罠

年収を増やすために転職を考える場合には,他業種への転職だけでなく,まずは理学療法士・作業療法士としての転職を考えることをお勧めします. 実際に理学療法士・作業療法士としての転職が成功すれば年収が50~100万円も増えるといったケースは実は少なくありません.
運動療法・物理療法

遅発性筋痛(筋肉痛)を早く回復させるには?

今回は遅発性筋痛(筋肉痛)を早く治す方法について,理学療法士の視点で考えてみました. 運動後に遅発性筋痛(筋肉痛)が出現するのは仕方のないことですが,遅発性筋痛(筋肉痛)を軽減するための対策を行う必要があります.
働き方

理学療法士・作業療法士がファン患者を増やすには?

今回は理学療法士・作業療法士がファン患者を増やすにはといった視点で考えてみました. どれも当たり前のことですが継続的に行うのは難しいことばかりです. クライアントからファンになってもらえれば,仕事をやりやすくなることは間違いありません. 皆さんも今回ご紹介したポイントを実践して,あなたのファンをどんどん作っていきましょう.
人工股関節全置換術

THAは股関節痛のみならず尿失禁をも改善する?

股関節機能が改善すれば尿失禁が改善するということを示唆させる結果です. 股関節内転筋群は骨盤底筋群との連結を有しておりますので,このあたりが尿失禁改善の機序でしょうか? またポイントは術式が前方アプローチであるということです. 日本でも最近THAと尿失禁に関連する報告はかなり増えてきておりますので,理学療法士も介入のための1つの視点として知っておきたい内容だと思います.
タイトルとURLをコピーしました