2019-01

未分類

首都大学東京有名教授がハラスメントで懲戒処分

首都大学東京は30日,複数の女子学生に抱擁を求めるなどのセクハラやアカデミックハラスメント行為をしたとして,健康福祉学部の男性教授(52)を停職3カ月の懲戒処分にしたと明らかにした.
働き方

理学療法士の香りが対象者に与える印象

今回は理学療法士の香りが対象者に与える印象について考えてみました. 私自身もそれなりの年齢になり,子供や妻に臭いと言われることも多くなってきました. この記事が皆様が改めて理学療法士の香りについて考える機会になれば良いなと思います.
足関節周囲外傷

糖尿病は運動器疾患?

通常のフットケアでは,皮膚や爪の観察に比較して,関節可動域制限や筋力に関して,十分な注意が払われているとは言い難く,糖尿病の病期にかかわらず,初期から足部の関節可動域の維持ならびに筋力の維持向上も,フットケアの重要な目的と考えられます.
変形性膝関節症

天気痛 なんで雨が降ると関節が痛くなるのか?

今回は天気痛についてご紹介いたしました.疼痛というのは原因が分からないと不安が増し,疼痛を強く感じやすいといった傾向があります.クライアントに気圧が変化することで疼痛が強くなる原因を分かりやすく説明してあげることも,われわれ理学療法士の重要な役割だと思います.
文章力

語彙力 理学療法士・作業療法士 気持ちを伝える

理学療法士・作業療法士に限ったことではありませんが,仕事の中で上司・同僚やクライアントに自分の気持ちを伝えなければならないことって少なくありません. 同じ内容を伝える場合であっても,表現によって相手の受ける印象もまったく異なるわけです.敬語を使用するのは当然ですが,合わせて適切な表現を選択することが重要となります.
働き方

結局のところ理学療法士は起業していいの?

「理学療法」・「理学療法士」といった名称を用いることなく個人事業主として開業すれば開業は可能です.マッサージもどきな施術を行う場合には,「マッサージ」という言葉を用いることなく他の言葉で代用すればそれっぽいことができちゃいます.法律ってやっぱり抜け道があるもんですね.
就職活動

 今後,回復期リハビリテーション病棟はかなり縮小される? 

回復期リハビリテーション病棟が完全になくなるというのは言い過ぎかもしれませんが,回復期リハビリテーション病棟の需要が減少することには間違いありません. そうなると当然ながら回復期リハビリテーション病棟へ勤務する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は職を失うことにもなりかねません.
足関節周囲外傷

糖尿病足病変発症のメカニズム

今回は理学療法士の視点で糖尿病足病変について考えてみました.われわれ理学療法士が糖尿病足病変を進行させないように介入するためには,関節可動域制限,足部変形,歩き方に着目する必要があります.
介護予防

寝たきりになるとどのくらい筋力が低下するのか?

寝たきりになるとどのくらい筋力が低下するのでしょうか?かつてはベッドレスト研究といって寝たきりになるとどのくらい筋力が低下するかといった研究は少なくなかったわけですが,ここ最近は日本では倫理的にこういった研究を行うことが難しくなっております.今回は理学療法士の視点で寝たきりによる廃用性筋力低下について考えてみたいと思います.
文章力

理学療法士・作業療法士のための語彙力 言いづらいことを言い換える

言いづらいことをいかに相手にいやな思いをさせずに伝えるかというのは仕事をする中では非常に重要だと思います.同じ内容を伝える場合であっても,表現によって相手の受ける印象もまったく異なるわけです.敬語を使用するのは当然ですが,合わせて適切な表現を選択することが重要となります.
介護予防

認知機能によって転倒の原因が違う

つまり認知機能が良好な集団にはバランス機能向上を図るような介入が,軽度認知機能低下を有する集団には転倒恐怖感を取り除くとともに下肢筋力を向上させるような介入が,認知機能低下を有する集団には転倒恐怖感を取り除き下肢筋力を向上させるような介入とともに,二重課題能力を改善させるような介入が必要であると考えられます.
未分類

インパクトファクターって何?

最近は国際誌へ論文が掲載される理学療法士・作業療法士も増えてきております.最近はオープンジャーナルなんて雑誌も増えてきておりますので,国際誌もピンキリですが,国際誌といえば気になるのがインパクトファクターです.今回は理学療法士の視点でインパクトファクターについて考えてみたいと思います.
文章力

理学療法士・作業療法士のための日常会話 お願いする時に使える語彙集

理学療法士・作業療法士が病棟のスタッフやクライアントに依頼することってけっこうあると思います.同じ依頼をするにあたっても,表現を誤ると依頼を受けてもらえないこともあります.敬語を使用するのは当然ですが,合わせて適切な表現を選択することが重要となります.そこで今回は他者へお願いをする時に使える表現に関して,いくつかこう修正すると社会人らしくなりますよといったものをご紹介したいと思います.
人工膝関節全置換術

後ろ向きに階段を降りるとなぜ楽になるのか?運動学的に説明できますか?

特に降段動作は昇段動作に比較してもより大きな膝関節屈曲可動域が必要となること,また膝関節伸展筋群の遠心性収縮を要することから,変形性膝関節症をはじめとする膝関節疾患を有する症例にとって最も困難な動作の1つです.膝関節のみならず対象者の股関節・足関節の機能を評価した上で,前向きで指導を行う必要があるのか,後ろ向きで指導を行う必要があるのかを考える必要があるといった結果ではないでしょうか.
大腿骨近位部骨折

歩行様式の違いによる股関節屈筋群の筋活動パターン変化 – 歩幅増大のための腸腰筋の役割 –

この研究から歩幅を大きくするのに遊脚相後半の腸腰筋の活動が役立っていることが明らかとなっております.またピッチを高めるために,立脚相後半の大腿直筋の活動が役立っていることが明らかとなっております.私自身はこの研究報告を読み進めながら,歩幅の増大に伴って立脚終期の腸腰筋の筋活動が増加するのかと思っておりましたが,腸腰筋の活動量が増えたのは遊脚相後半の活動でありました.この研究から考えると歩幅を増大させるためには,立脚終期に着目するよりも遊脚相後半の腸腰筋の筋活動に着目する必要があると考えられます.
就職活動

理学療法士・作業療法士が転職に失敗する5つの理由

理学療法士・作業療法士が転職を考える際にまず考えるのは,転職に失敗したくないといった思いです.転職は人生にも関わってくるので,出来れば転職では失敗したくないと思うのが普通だと思います.転職が失敗してしまう場合にはいくつか理由があります.
足関節周囲外傷

足関節底屈可動域の重要性

足関節底屈可動域がなぜ必要かと問われると,まず思い浮かぶのが正座の動作に必要であるとか,サッカーのインステップキック動作に必要とかそういったところがまず頭に思い浮かぶと思いますが,実はこの他にも底屈可動域には重要な役割があります.今回は理学療法士の視点で足関節底屈可動域の重要性について考えていみたいと思います.
介護予防

靴下カバーやルームソックス・ルームシューズを履くと本当に転倒しやすくなるのか?

靴下カバーやルームソックス・ルームシューズ着用着用を好む対象者への生活指導としては,年齢に関わらず履物条件の違いによって方向転換時に歩行速度が遅くなる,あるいは歩幅が短くなるような対象者に対しては,靴下カバー着用について制限する必要があるかもしれません.靴下カバーの代わりに少し硬性の高いルームシューズを履くなどの対応も必要であると考えられます.
文章力

理学療法士・作業療法士のための日常会話2 語彙力を高めて立派な社会人に

理学療法士・作業療法士は平均年齢が若いので,クライアントはもちろんのこと他職種も自分より年上ということは少なくないと思います.敬語を使用するのは当然ですが,合わせて適切な表現を選択することであなたの印象がぐっと変わります.そこで今回は日常会話で使うことの多い表現に関して,いくつかこう修正すると社会人らしくなりますよといったものをご紹介したいと思います.
足関節周囲外傷

足関節外傷後の足関節前方部痛について -長母趾屈筋と距骨の運動に着目して-

足関節背屈時に距腿関節前方部に疼痛を訴える症例は少なくありませんので,こういった視点は非常に重要だと思います.理学療法士は背屈運動時には長母趾屈筋の伸張性と距骨の後方移動に着目して評価を行う必要があると考えられます.
文章力

理学療法士・作業療法士のための日常会話 ちょっとした語彙力であなたの印象が変わる

社会人であるにも関わらず,あまりにも学生言葉,もしくは子どもっぽい言葉遣いをしていると,それだけでこの人は社会人としてどうかと指摘を受けたり,所属施設そのものの資質も問われることとなります.言葉って大事なんですね.そこで今回は日常会話で使うことの多い表現に関して,いくつかこう修正すると社会人らしくなりますよといったものをご紹介したいと思います.
介護予防

曲線歩行能力の加齢による変化について

8の字歩行テストや3mジグザグ歩行テストはまだまだ普及している曲線歩行のテストとは言えませんが,こういったデータが増えていけば曲線歩行のテストとして本邦でも定着してくる可能性がありますね.
介護予防

2 ステップテストを用いた定量的な歩行能力評価 -信頼性・妥当性の検討および屋外歩行自立に関する基準値の作成-

2ステップテストは歩行速度の測定ほど広いスペースを必要としないため,高齢者の歩行能力を簡便に評価する手段として有用であると言えます.しかしながらこれまで基準値やカットオフ値というのが明らかにされておりませんでした.今回の研究で2 ステップテストの高い信頼性と妥当性が確認され,屋外歩行自立に関する基準値が明らかにされました.
未分類

研究をしたいけど研究のネタが無い?

研究をしたいけど研究のネタが無いんです.こういった話ってよく聞きます.研究を行うためには,事前に研究計画を立案する必要がありますので,ネタというか研究テーマを考える必要があります.今回は理学療法研究のネタ,つまり研究テーマをどのように想起すればよいのかを考えてみたいと思います.
人工股関節全置換術

前額面での股関節不安定性の評価

今回は前額面における股関節不安定性の評価について考えてみました. 前額面における股関節不安定性を考える上では,水平面の評価も欠かすことができません.また股関節の筋機能の評価と合わせて,胸腰椎や足部といった他部位からの影響も考慮した上で,Trendelenburg徴候・Duchenne徴候の評価を行う必要があると思います.
介護予防

意外と知らないロコモ度テスト

ロコモティブシンドロームに該当するかどうかは,ロコモ度テストと呼ばれるテストによって判断が行われます.今回は理学療法士の視点でこのロコモ度テストについてご紹介させていただきます.
介護予防

地域在住高齢者におけるサルコペニアと閉じこもり発生の関連 年代によって閉じこもりの原因が異なる

今回は第5回日本地域理学療法学会学術大会の一般演題の中から地域在住高齢者におけるサルコペニアと閉じこもり発生の関連について検討した研究をご紹介させていただきました.年齢層別に閉じこもりに関連する因子が異なるというのはわれわれ理学療法士・作業療法士にとっても非常に有益な情報であると思います.こういった情報を参考に閉じこもり予防に地域で活躍する理学療法士・作業療法士が増えるとよいですね.
変形性股関節症

股関節応力を考えた理学療法を行ってますか?

運動器疾患に限ったことではありませんが,われわれが理学療法をはじめとする運動療法を提供する際には,関節応力というのが生じます.この関節応力は時には,クライアントに対して過負荷となることもありますので,クライアントの状況や,この関節応力を考慮した上で,運動療法を行うことが重要となります.今回は股関節応力に着目した運動療法について考えてみたいと思います.
変形性膝関節症

内側型変形性膝関節症に対する下腿内旋エクササイズを含む運動療法の疼痛軽減効果

これまで変形性膝関節症例の疼痛に対する特異的な介入の報告は多くありませんでしたので,スクリューホームムーブメントに着目した今回の下腿何銭エクササイズによる準無作為化比較試験の報告は理学療法を行う上でも非常に貴重だと思います.
就職活動

ブランクのある理学療法士・作業療法士が復職するための方法と求人の探し方

女性の場合は復職の際には,復職を考えているけど,「ブランクがあるし大丈夫かな?」,「いざ職場復帰をするとなると,ほんとに家庭と仕事が両立出来るのか?」という不安を持たれている方も少なくないと思います.今回はブランクのある理学療法士・作業療法士が復職するための方法と求人の探し方について考えてみたいと思います.
タイトルとURLをコピーしました