変形性膝関節症

変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する関節牽引って何度で行うのが効果的なの?

今回は変形性膝関節症例に対する関節牽引って何度で行うのが効果的なのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると除痛目的に関節牽引を行う際には屈曲90°,屈曲20°が効果的であるといった結果ですね. ADSやLachman testの関節角度と合わせて考えると覚えやすいですね. やはりloosse packed positionで関節牽引を行う必要があることを示唆する結果ですね.
変形性膝関節症

大腿四頭筋の等尺性収縮が膝蓋下脂肪体の動態に与える影響

今回は大腿四頭筋の等尺性収縮が膝蓋下脂肪体の動態に与える影響について調査した報告をご紹介させていただきました. 非常に興味深い研究ですね. こういった結果から考えると大腿四頭筋トレーニングで膝関節痛が改善するというのは膝蓋下脂肪体の動態に変化が生じることが一因かもしれませんね. 闇雲な筋力トレーニングはあまり意味を感じませんが大腿四頭筋を収縮させて膝蓋下脂肪体の動態を変化させることには大きな意味がありそうですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例の約20%が鵞足炎を合併している?

今回は変形性膝関節症例の約20%が鵞足炎を合併している可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 実に変形性膝関節症例の5人に1人が鵞足炎を合併しているというのは驚きですね. 脛骨大腿関節の疼痛と決めつけず疼痛の原因をきちんと評価することが重要だと言える結果だと思います.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する膝関節伸展筋力トレーニングは伸展位と屈曲位のどちらで行った方が効果的?

今回は変形性膝関節症例に対する膝関節伸展筋力トレーニングは伸展位と屈曲位のどちらで行った方が効果的なのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると変形性膝関節症例に対して膝関節伸展筋力トレーニングを実施する場合には膝関節伸展位でトレーニングを行うのが有益であると考えられます. やはり筋短縮位でのトレーニングが有益ということですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例の階段降段動作獲得には足関節底屈筋力が重要?

今回は変形性膝関節症例の階段降段動作獲得には膝関節屈曲可動域や膝関節伸展筋の遠心性収縮機能以外の足関節底屈筋力が重要である可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると背屈位でいかに底屈筋群を活動させられるかが降段動作獲得のポイントになりそうですね. 変形性膝関節症例が降段動作を獲得するためには,膝関節の可動域制限や膝関節伸展筋群の遠心性収縮機能を足関節底屈筋群でいかに代償できるかがポイントになるということですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例にランニング・ウォーキング・レクレーションスポーツは推奨されるのか?

今回は変形性膝関節症例にとってランニングやウォーキング,スポーツ活動って推奨されるのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます. 今回の結果から考えるとランニングやウォーキング,スポーツ活動によって身体活動を増やすことが必ずしも変形性膝関節症を進行させるということは無さそうです. われわれ理学療法士・作業療法士も日常生活指導の際に参考にしたい結果ではないでしょうか.
変形性膝関節症

靴の違いで膝関節への力学的負荷は変化するのか?

今回は靴の違いで膝関節への力学的負荷は変化するのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます. 適切な靴を選択することが変形性膝関節症の予防につながる可能性が示唆される結果ですね. 理学療法士・作業療法士の皆様もクライアントの履物に関して目を向けて指導が行えるとよいですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する徒手的リリースが膝蓋下脂肪体の体積・可動性に与える影響

今回は変形性膝関節症例に対する徒手的リリースが膝蓋下脂肪体の体積・可動性に与える影響を調査した研究論文をご紹介させていただきました. ストレッチよりも徒手的リリースの方が膝蓋下脂肪体の前方移動距離が大きくなったという結果ですね. やはり膝蓋下脂肪体に対しては徒手的にアプローチが必要な可能性が示唆される結果ですね.
変形性膝関節症

仕事での活動量が多いと変形性膝関節症が進行しやすい?

今回は仕事での活動量が多いと変形性膝関節症が進行しやすい可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 予想通りですが仕事での身体活動,特に重量物を運搬するような職業の場合には変形性膝関節症の発症リスクが高くなるという結果ですね. この結果はクライアントの職場復帰にあたって理学療法士・作業療法士も知っておく必要がある情報ですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する血流制限下での歩行トレーニングの効果

今回は変形性膝関節症例に対する血流制限下での歩行トレーニングの効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 血瘤制限下での筋力トレーニングは一般的になってきておりますが,歩行トレーニングとの組み合わせというのも有効である可能性が示唆されるといった結果ですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する足関節装具および外側楔状足底板の生体力学的および臨床的効果はいかに?

今回は変形性膝関節症例に対する足関節装具および外側楔状足底板の生体力学的および臨床的効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 生体力学的な側面からみても臨床的な側面から見ても変形性膝関節症例に対する足関節装具および外側楔状足底板の使用は有効であるといった結果ですね.
変形性膝関節症

膝関節屈曲拘縮が頸部アライメントにも影響を及ぼす?

今回は膝関節屈曲拘縮が頸部アライメントにも影響を及ぼす可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. この結果から考えると膝関節屈曲拘縮によって頸部へのアライメント変化が起こる可能性が示唆されます. 膝関節屈曲拘縮を評価する場合には胸椎や腰椎はもちろんですが頸部のアライメントにも目を向ける必要がありそうですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症に対する関節内補充療法(ヒアルロン酸注射等)は効果なし?むしろ有害?

今回は変形性膝関節症に対する関節内補充療法(ヒアルロン酸注射等)は効果が無いか,むしろ有害である可能性を示唆するシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えてもヒアルロン酸注射を誰にでも行えばよいということではないことが分かります. また効果はあったとしても非常に小さいもので有害事象の発生を考えればむしろ有害な可能性もあります. 理学療法士・作業療法士もまたヒアルロン酸注射に関して認識を改める必要があるかもしれません.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する脚振り運動の効果を明らかにする論文

今回は変形性膝関節症例に対する新たな介入方法である脚振り運動の効果を明らかにする研究計画をご紹介させていただきました. まだ結果が公表されていない研究ですがどのような結果になるのか気になりますね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例のscrew-home movementは破綻するのか?

今回は変形性膝関節症例のscrew-home movementは破綻するのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 予想通りの結果ですが,ポイントは重症度による差は小さいといった点ですね. 変形性膝関節症早期の段階からscrew-home movementが破綻している可能性がありますし,screw-home movementの破綻が原因となった変形性膝関節症の進行を招くといった可能性もありますね.
変形性膝関節症

どのくらい屈曲拘縮が進行するとknee spine syndromeによって脊椎後彎姿勢となるのか?

今回はどのくらい屈曲拘縮が進行するとknee spine syndromeによって脊椎後彎姿勢となるのかを考えるうえで有益な論文をご紹介させていただきました. 屈曲拘縮の角度によっても体幹の運動が変化するというのは興味深いですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する関節牽引って効果があるの?

今回は変形性膝関節症例に対する関節牽引の効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. この結果から考えると関節牽引は疼痛に対する介入方法としては有効ですが,可動域改善効果は乏しいと考えることができるでしょう. また関節牽引を行う場合には牽引を行う関節角度にも注意が必要ですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例のMRI所見(軟骨下骨髄病変)と疼痛が関連?

今回は軟骨下骨髄病変がある症例は疼痛が出現しやすいといったお話でした. こういった結果から見ても変形性膝関節症の荷重時の疼痛を理解するうえではMRI上で軟骨下骨髄病変を確認することが重要になりそうですね.
変形性膝関節症

CKCでのトレーニングは本当に変形性膝関節症を進行させるのか?

今回はCKCでのトレーニングは本当に変形性膝関節症を進行させるのかどうかを考えるうえで有益な論文をご紹介させていただきました. これは興味深い結果ですね. CKCトレーニングでも内側脛骨大腿関節の圧縮応力は歩行より低いといった結果です. こう考えると変形性膝関節症例の関節症進行予防を目的としてあえてCKCトレーニングを指導しないという方法は誤っている可能性がありますね. 最終的には個別にトレーニング時のアライメントや疼痛を確認してトレーニングとしての是非を確認する必要があるでしょうね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する血流制限下での筋力トレーニングの効果はいかに?

今回は変形性膝関節症例に対する血流制限下での筋力トレーニングの効果を検討した研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると有効性はあまり高くなさそうですね.
人工膝関節全置換術

膝蓋骨の可動域運動(モビライゼーション)は上下に動かすだけではダメ

今回は効果的な膝蓋骨のモビライゼーションの方法についてご紹介させていただきました. 上下のelevation・depressionの動きのみならず,tilt・coronary rotation・frontal rotation・tiltといった動きを引き出すことが膝関節可動域の獲得につながります. 皆様も膝蓋骨の可動域運動を行う際に参考にしていただけると嬉しいです.
変形性膝関節症

膝蓋下脂肪体に関する最新知見 膝蓋下脂肪体は3つのタイプに分類できる?

今回は膝蓋下脂肪体は3つのタイプに分類できるといった膝蓋下脂肪体に関する最新知見をご紹介させていただきました. 関節変形が重度になると膝蓋下脂肪体の内側部と外側部が欠損し,体積も小さくなるわけですね. この研究結果から関節変形が進むと膝蓋下脂肪体は委縮する可能性が示唆されますね.
変形性膝関節症

膝蓋下脂肪体の柔軟性改善のための徒手療法・物理療法の効果を検討した無作為化比較試験

今回は膝蓋下脂肪体の柔軟性改善のための徒手療法・物理療法の効果を検討した無作為化比較試験をご紹介させていただきました. 残念ながらネガティブな結果ではありますが,膝蓋下脂肪体の柔軟性を改善させるのは容易ではないことを示唆する内容ではないかと思います. 今後はもう少し長期的な介入研究報告が待たれますね.
変形性膝関節症

ステロイドと理学療法は変形性膝関節症例にとってどちらが費用対効果が高い?

今回はステロイドと理学療法は変形性膝関節症例にとってどちらが費用対効果が高いのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 理学療法士にとっては心強い結果ですね. ただこの結果は2つの治療法の優劣を明確に示すものではありませんので,変形性膝関節症例の診療においては双方の治療法を選択肢として治療法を検討するが重要でしょうね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例における圧痛による疼痛評価ってどこまで信頼できるの?

今回は変形性膝関節症例における圧痛による疼痛評価ってどこまで信頼できるのかを考えるうえで参考になる研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると圧痛による疼痛評価には限界があるということですね. もちろん疼痛の原因となる組織を明らかにするために必要な測定だとは思いますけどね…
変形性股関節症

Coxitis kneeって?読み方は?

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたいCoxitis kneeについて解説させていただきました. Coxitis kneeについてはまだまだ不明な点が多いのも実際です. 理学療法士・作業療法士は運動連鎖によって隣接関節へどのような影響が生じるかを考慮した上で介入を行う必要があるでしょうね.
変形性膝関節症

関節弛緩性が変形性膝関節症の進行と関連?

今回は関節弛緩性が変形性膝関節症の進行と関連しているか否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. この研究結果から考えると変形性膝関節症の予防と管理には内外反方向への関節弛緩性に対する介入が有効である可能性がありますね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例はウォーキングを実施すべきか?

今回は変形性膝関節症例はウォーキングを実施すべきかを考えるうえで参考になる研究論文をご紹介させていただきました. 従来,変形性膝関節症者に対して積極的なウォーキングを進めることは関節症を進行させると考えられてきましたが,そうでもない可能性が示唆される結果だともいます. むしろ関節保護の効果すらある可能性があります. むしろ関節運動や荷重を避けることで関節内の関節液が枯渇することの方が関節症を進行させる可能性も考えられます.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例における低負荷膝伸展時の各大腿四頭筋の個別力と軟骨厚および膝痛との関係

今回は変形性膝関節症例における低負荷膝伸展時の各大腿四頭筋の個別力と軟骨厚および膝痛との関係を調査した研究論文をご紹介させていただきました. あまりにも短絡的かもしれませんが直筋よりも広筋群のトレーニングの有効性を示唆する内容ではないでしょうか?
変形性膝関節症

ストレッチは単独でも変形性膝関節症例の疼痛緩和に有効か?システマティックレビューによる検討

今回はストレッチは単独でも変形性膝関節症例の疼痛緩和に有効かどうかを明らかにしたシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました. ストレッチ単独でも効果が確認されておりますが,研究としての限界も大きいので今後の追試が期待されますね.
タイトルとURLをコピーしました