変形性膝関節症

変形性膝関節症

内側広筋の筋輝度が膝OAの機能障害・症状悪化を予測する?

非常に興味深い結果ですね. 変形性膝関節症例では内側広筋の筋輝度評価が機能障害・症状悪化を予測する要因になりそうですね. 臨床でもこういった評価が簡便に行えるとよいですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対するバイブレーター機能付きの荷重軽減用装具の有効性

今回は変形性膝関節症例に対するバイブレーター機能付きの荷重軽減用装具の有効性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 内転モーメントが減少する機序が不明ではありますが,振動刺激によって筋活動が賦活されることが内転モーメントを減少させることにつながるのでしょうか?
変形性膝関節症

変形性膝関節症例は装具を装着すると内側脛骨大腿関節裂隙が開大する?

今回は変形性膝関節症例は装具を装着すると内側脛骨大腿関節裂隙が開大するのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 非常に興味深い結果ですね. こういった結果を考慮した上で変形性膝関節症例に対する装具療法の考え方を見直す必要がありますね.
変形性膝関節症

荷重位でのトレーニングは変形性膝関節症を増悪させるのか?

今回は荷重位でのトレーニングが変形性膝関節症を増悪させるのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. これは非常に興味深い結果ですね. この結果から考えると荷重位でのトレーニングが単純に変形性膝関節症を増悪させるとは考えにくいですね. トレーニングを選択する際の参考になる論文だと思います.
変形性膝関節症

下腿の外旋に関連するのは腸脛靭帯だけじゃない

今回は下腿の外旋に関連するのは腸脛靭帯だけじゃないといったお話でした. 下腿の外旋を改善するためには腸脛靱帯のみならず外側ハムストリングスのタイトネスに着目した介入が必要ということですね.
変形性膝関節症

運動療法で疼痛改善が難しい変形性股関節症・変形性膝関節症例の特徴は?

今回は運動療法で疼痛改善が難しい変形性股関節症・変形性膝関節症例の特徴を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 非常に興味深い結果ですね. 疼痛感作や神経障害性疼痛様症状については運動療法以外の工夫が必要かもしれませんね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例の足底板使用には注意が必要?反対側の膝内反モーメントが増大?

今回は変形性膝関節症例の足底板使用が反対側の膝内反モーメントを増大させる可能性を報告した研究論文をご紹介させていただきました. こう考えると足底板を使用する際には同側のみならず反対側への影響を考える必要がありますね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例の膝関節内転モーメントを減少させるにはどのくらいtoe inすればよい?

今回は変形性膝関節症例の膝関節内転モーメントを減少させるにはどのくらいtoe inすればよいのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から歩行修正のためにtoe inやtoe outをさせる場合には,対象者に応じてtoe inやtoe outの角度を設定する必要がありますね. 動作観察を通じてどの角度が適切かを判断する必要があるということになりますね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する感覚運動トレーニングの有効性は?

今回は変形性膝関節症例に対する感覚運動トレーニングの有効性を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 興味深い結果ですね. 変形性膝関節症例に対しては筋力や可動域のみならず感覚機能に焦点を当てた運動療法が必要かもしれませんね.
変形性膝関節症

半膜様筋腱のストレッチとROM-exが変形性膝関節症例の内側半月板逸脱を軽減させる?

今回は半膜様筋腱のストレッチとROM-exが変形性膝関節症例の内側半月板逸脱を軽減させる可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. これは臨床的にも有益な情報ですね. 半膜様筋腱のストレッチとROM-exが内側半月板逸脱を軽減させ変形性膝関節症の進行予防に有効かもしれませんね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例におけるCS-30のMDCが明らかに

今回は変形性膝関節症例を対象としてCS-30のMDCを算出した研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えるとCS-30のMDCは2.5回と考えられますね. トレーニングによる介入が意味のある変化かどうかを考えるうえでもこういったMDCを把握しておくことは重要ですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対するLateral wedge insoleの使用が内側半月板逸脱に与える影響は?

今回は変形性膝関節症例に対するLateral wedge insoleの使用が内側半月板逸脱に与える影響を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. こういった半月板レベルでインソールの効果が確認されるというのは心強いですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例の足底圧の特徴は?

今回は変形性膝関節症例の足底圧の特徴について明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 非常に興味深い結果ですね. 変形性膝関節症といっても足底圧の分布は一律ではなく,前足部内側・中足部・足部中央とさまざまな部位に足底圧が集中しているといった点がポイントですね. 対象者に合わせた介入が求められますね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例の疼痛と膝関節バイオメカニクスには関連があるのか?

今回は変形性膝関節症例の疼痛と膝関節バイオメカニクスには関連があるのかを明らかにしたシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました. やはりバイオメカニカルな要因と疼痛との関連は明らかですね. 今回の結果から考えるとやはり膝関節内転モーメントやvarus thrustに着目することが重要になりそうですね.
変形性膝関節症

片側性の膝関節屈曲拘縮が及ぼす腰部力学的負荷に与える影響は?

今回は片側性の膝関節屈曲拘縮が及ぼす腰部力学的負荷に与える影響を考えるうえで参考となる論文をご紹介させていただきました. 健常例が対象とした報告ですし,変形性膝関節症の場合には両側性に膝関節屈曲拘縮を合併した症例が多いわけですが,片側性に膝関節屈曲拘縮が見られる場合には腰部のアライメントにも留意しておく必要がありそうですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症の関節圧縮力とX線重症度との関連

今回は変形性膝関節症の膝関節接触力とX線重症度との関連を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 変形性膝関節症の膝関節接触力とX線の重症度は関連するが疼痛とX線の重症度には関連が無いといった結果でしたね. 変形性膝関節症の進行を考えるうえでは関節接触力に着目する必要がありますね. 一方で変形=疼痛・機能障害といった公式は成り立たない可能性がこの研究からも示唆されますね.
変形性膝関節症

大殿筋・中殿筋・大腿四頭筋どの筋の筋力低下が変形性膝関節症を進行させる?

今回は大殿筋・中殿筋・大腿四頭筋どの筋の筋力低下が変形性膝関節症を進行させるのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. これは非常に面白い結果ですね. この結果から考えると中殿筋の筋力低下が内側膝関節圧縮力を増加させ,大腿直筋の過緊張は内側・外側の膝関節圧縮力を増加させることになりますね. 臨床に活かせる結果だと思います.
変形性膝関節症

3軸加速度計で変形性膝関節症例のバラススラストを評価できる?

今回は3軸加速度計を使用して変形性膝関節症例のバラススラストを評価できる可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 非常に興味深い結果ですね. 今回得られた指標でバラススラストが評価できれば,理学療法士の介入がバラススラストの改善に有効かどうかといった介入研究にもつながりますね. こういった今後の介入研究に生かされることが望まれますね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症を進行させないためには身体活動量は減らした方が良い?増やした方が良い?

今回は変形性膝関節症を進行させないためには身体活動量は減らした方が良いのか,それとも増やした方が良いのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると変形性膝関節症例を進行させないためには身体活動量は多すぎても少なすぎてもいけないということになりますね. 身体活動量を適切に評価したうえで指導を行う必要があるでしょうね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する関節牽引って何度で行うのが効果的なの?

今回は変形性膝関節症例に対する関節牽引って何度で行うのが効果的なのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると除痛目的に関節牽引を行う際には屈曲90°,屈曲20°が効果的であるといった結果ですね. ADSやLachman testの関節角度と合わせて考えると覚えやすいですね. やはりloosse packed positionで関節牽引を行う必要があることを示唆する結果ですね.
変形性膝関節症

大腿四頭筋の等尺性収縮が膝蓋下脂肪体の動態に与える影響

今回は大腿四頭筋の等尺性収縮が膝蓋下脂肪体の動態に与える影響について調査した報告をご紹介させていただきました. 非常に興味深い研究ですね. こういった結果から考えると大腿四頭筋トレーニングで膝関節痛が改善するというのは膝蓋下脂肪体の動態に変化が生じることが一因かもしれませんね. 闇雲な筋力トレーニングはあまり意味を感じませんが大腿四頭筋を収縮させて膝蓋下脂肪体の動態を変化させることには大きな意味がありそうですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例の約20%が鵞足炎を合併している?

今回は変形性膝関節症例の約20%が鵞足炎を合併している可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 実に変形性膝関節症例の5人に1人が鵞足炎を合併しているというのは驚きですね. 脛骨大腿関節の疼痛と決めつけず疼痛の原因をきちんと評価することが重要だと言える結果だと思います.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する膝関節伸展筋力トレーニングは伸展位と屈曲位のどちらで行った方が効果的?

今回は変形性膝関節症例に対する膝関節伸展筋力トレーニングは伸展位と屈曲位のどちらで行った方が効果的なのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると変形性膝関節症例に対して膝関節伸展筋力トレーニングを実施する場合には膝関節伸展位でトレーニングを行うのが有益であると考えられます. やはり筋短縮位でのトレーニングが有益ということですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例の階段降段動作獲得には足関節底屈筋力が重要?

今回は変形性膝関節症例の階段降段動作獲得には膝関節屈曲可動域や膝関節伸展筋の遠心性収縮機能以外の足関節底屈筋力が重要である可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると背屈位でいかに底屈筋群を活動させられるかが降段動作獲得のポイントになりそうですね. 変形性膝関節症例が降段動作を獲得するためには,膝関節の可動域制限や膝関節伸展筋群の遠心性収縮機能を足関節底屈筋群でいかに代償できるかがポイントになるということですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例にランニング・ウォーキング・レクレーションスポーツは推奨されるのか?

今回は変形性膝関節症例にとってランニングやウォーキング,スポーツ活動って推奨されるのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます. 今回の結果から考えるとランニングやウォーキング,スポーツ活動によって身体活動を増やすことが必ずしも変形性膝関節症を進行させるということは無さそうです. われわれ理学療法士・作業療法士も日常生活指導の際に参考にしたい結果ではないでしょうか.
変形性膝関節症

靴の違いで膝関節への力学的負荷は変化するのか?

今回は靴の違いで膝関節への力学的負荷は変化するのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます. 適切な靴を選択することが変形性膝関節症の予防につながる可能性が示唆される結果ですね. 理学療法士・作業療法士の皆様もクライアントの履物に関して目を向けて指導が行えるとよいですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する徒手的リリースが膝蓋下脂肪体の体積・可動性に与える影響

今回は変形性膝関節症例に対する徒手的リリースが膝蓋下脂肪体の体積・可動性に与える影響を調査した研究論文をご紹介させていただきました. ストレッチよりも徒手的リリースの方が膝蓋下脂肪体の前方移動距離が大きくなったという結果ですね. やはり膝蓋下脂肪体に対しては徒手的にアプローチが必要な可能性が示唆される結果ですね.
変形性膝関節症

仕事での活動量が多いと変形性膝関節症が進行しやすい?

今回は仕事での活動量が多いと変形性膝関節症が進行しやすい可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 予想通りですが仕事での身体活動,特に重量物を運搬するような職業の場合には変形性膝関節症の発症リスクが高くなるという結果ですね. この結果はクライアントの職場復帰にあたって理学療法士・作業療法士も知っておく必要がある情報ですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する血流制限下での歩行トレーニングの効果

今回は変形性膝関節症例に対する血流制限下での歩行トレーニングの効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 血瘤制限下での筋力トレーニングは一般的になってきておりますが,歩行トレーニングとの組み合わせというのも有効である可能性が示唆されるといった結果ですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する足関節装具および外側楔状足底板の生体力学的および臨床的効果はいかに?

今回は変形性膝関節症例に対する足関節装具および外側楔状足底板の生体力学的および臨床的効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 生体力学的な側面からみても臨床的な側面から見ても変形性膝関節症例に対する足関節装具および外側楔状足底板の使用は有効であるといった結果ですね.
タイトルとURLをコピーしました