変形性膝関節症

変形性膝関節症

膝関節伸展可動域を評価するならheel-height differenceが有用

今回は膝関節伸展可動域を評価する際のheel-height differenceの有用性を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると大腿周径の相違や膝関節をマットから出すかマット上の位置で行うかはあまり関係なさそうですね. 10°未満の膝関節屈曲拘縮を評価する際にはheel-height differenceは有用な評価だと考えられますね.
変形性膝関節症

日本の理学療法士は診療ガイドラインをどのくらい遵守しているのか?

今回は日本の理学療法士は診療ガイドラインをどのくらい遵守しているのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 予想通りといえば予想通りの結果ですが,理学療法士でCPGの知識があると回答した人は皆無であるというのは興味深いですね. 日本でも基礎教育の中でもう少しガイドラインに関する行われるべきですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症に対するヒアルロン酸注射は内側からが良い?外側からが良い?

今回は変形性膝関節症に対するヒアルロン酸注射は内側からが良いのか,外側からが良いのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると内側と外側と大きな差はなさそうですね. クライアントから問われても差は無さそうだということになりますね.
変形性膝関節症

サッカーをすると変形性膝関節症になりやすい?

今回はサッカーをすると変形性膝関節症になりやすいのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えるとサッカーを行っていても外傷の既往が無ければ変形性膝関節症を発症しやすいということはなさそうですね.
変形性膝関節症

膝蓋下脂肪体の硬さが変形性膝関節症例における膝前面痛と関連?

今回は膝蓋下脂肪体の硬さが変形性膝関節症例における膝前面痛と関連を調査した研究論文をご紹介させていただきました. 非常に興味深い結果ですね. この結果から考えると膝蓋下脂肪体の柔軟性を向上させることが変形性膝関節症例の膝前面痛の改善につながるかもしれませんね.
変形性膝関節症

変形性関節症と転倒・骨折との関連性

今回は変形性関節症と転倒・骨折との関連性を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると変形性関節症を有する症例の場合には転倒リスクが高くなると考えられますが,一方で骨折との関連は有意ではありませんでした. 不思議な結果ではありますが,いずれにいたしましても変形性関節症例の場合には転倒予防に向けた介入も重要になりそうですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する装具療法の長期効果はいかに?

今回は変形性膝関節症例に対する装具療法の長期効果を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると関節裂隙幅の狭小化を予防する効果といった面では有意な結果ではありませんが,装具の使用は機能や疼痛の改善には有用かもしれませんね.
変形性膝関節症

膝関節への圧迫刺激が大腿四頭筋筋力向上に有効?

今回は膝関節への圧迫刺激が大腿四頭筋筋力向上に有効である可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 随意的に大腿四頭筋に力が入りにくい症例を担当した場合には膝関節を圧迫することで大腿四頭筋の筋出力を向上させることができる可能性がありますね. 一つの引き出しとして知っておきたい結果ですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する運動介入が膝の位置覚に与える影響

今回は変形性膝関節症例に対する運動介入が膝の位置覚に与える影響を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると運動介入によって固有感覚にも良い影響がありそうですね. 今後はどういった介入が固有感覚の機能向上に寄与するのかを明らかにした研究が俟たれますね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対するウォーキングは有害?

今回は変形性膝関節症例に対するウォーキングは有害なのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 初期の変形性膝関節症であればウォーキングは推奨すべきといった結果ですね. 末期の変形性膝関節症の場合にはどうなるのかといった点も気になりますが,初期の場合にはウォーキングによって変形性膝関節症が進行する可能性は低そうですね.
変形性膝関節症

大腿四頭筋の筋力低下によって変形性膝関節症例の歩容はどのように変わる?

今回は大腿四頭筋の筋力低下によって変形性膝関節症例の歩容はどのように変わるのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果は変形性膝関節症例の歩行障害を考えるうえで有益ですね.
人工膝関節全置換術

股関節の肢位によって大腿直筋の活動はどのように変化するのか?

今回は股関節屈曲角度の相違が大腿直筋の活動に与える影響を紹介させていただきました. 高齢者を対象とした理学療法では大腿直筋ってむしろ過活動が問題となることが多いですよね. どのポジションで運動すれば大腿直筋が働きにくくなるのかを考えるうえでも参考になりそうな論文ですね. 股関節深屈曲位でのトレーニングが大腿直筋の活動を減じることにつながりそうですね.
変形性膝関節症

膝蓋骨アライメントの重要性

今回は膝蓋骨アライメントの重要性を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると膝関節機能を考えると膝蓋骨アライメントを考えることが重要ですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例にはより早期からの理学療法が重要?

今回は変形性膝関節症例に対する早期からの理学療法の効果を考えるうえで重要な論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると変形性膝関節症例に対してはより早期から理学療法を開始することが重要だということになりますね. 早期より介入して進行を予防する視点が重要になるでしょうか.
変形性膝関節症

変形性関節症とパーキンソン病の発症率に関連がある?

今回は変形性関節症とパーキンソン病の発症率の関連を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 非常に興味深い結果ですね. ただ傾向スコアマッチングは年齢と性別を用いて行われておりますし,年齢や性別以外の要因が交絡している可能性もありますね.
変形性膝関節症

膝関節の不安定性に対する装具療法の効果は?

今回は膝関節の不安定性に対する装具療法の効果を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. このシステマティックレビューの結果から考えるとクライアントの不安感軽減や機能改善のためには装具療法は有効であるものの,解剖学的な不安定性には十分な改善は見られない可能性がありますね. われわれ理学療法士・作業療法士も装具療法が解剖学的な不安定性を完全に解決するものではないといった点を十分に考慮しておく必要がありますね.
変形性膝関節症

本当に筋力トレーニングによって変形性膝関節症は改善するのか?

今回は本当に筋力トレーニングによって変形性膝関節症は改善するのかについて考えてみました. 今回の結果から考えると変形性膝関節症例の膝痛に対して筋力トレーニングは有益ということになりますね. すべてがすべて筋力トレーニングで解決できるとは思えませんけどね…
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する内転筋群のトレーニングも含む股関節周囲筋のトレーニングは有用か?

今回は変形性膝関節症例に対する内転筋群のトレーニングも含む股関節周囲筋のトレーニングの有効性を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると股関節周囲筋のトレーニングとして外転筋群のみならず内転筋群のトレーニングを加えることが有益である可能性がありますね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例の膝伸展位における膝蓋下脂肪体の動態に関する最新知見

今回は変形性膝関節症例の膝伸展位における膝蓋下脂肪体の動態に関する最新知見をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると変形性膝関節症例では膝蓋下脂肪体の前方移動量が減少しており,この前方移動量の減少に膝蓋腱の角度が関連している可能性が考えられますね. こういった結果から考えても伸展位に近いところで膝蓋下脂肪体の可動性を向上させることが重要である可能性がありますね.
変形性膝関節症

座位時間の増加が変形性膝関節症の進行と関連?

今回は座位時間と変形性膝関節症進行と関連性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 座位行動が長いということは関節負担も軽減できると考えがちですが,座位行動長いと軟骨代謝にとってはマイナスになる可能性がありますね. 理学療法士・作業療法士が変形性膝関節症例に対する身体活動指導を行ううえで有益な結果だと思います.
変形性股関節症

たくさん走っても変形性関節症を発症するわけじゃない?

今回はランニングと変形性関節症発症との関連性を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. マラソンランナーのランニング歴と変形性股関節症や変形性膝関節症の発症とは関連が無いという結果ですね. やはりランニングが直接的な変形性関節症の原因になるとは考えにくいですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例では左右非対称性の屈曲拘縮に注目

今回は変形性膝関節症例では左右非対称性の屈曲拘縮に注目する必要があるといったお話でした. 予想通りの結果でしたが,脚長差は変形性膝関節症を進行させる要因もなりますので屈曲拘縮の左右差を評価したうえで左右対称性に着目した視点が必要であるということですね.
変形性膝関節症

荷重が負荷されるCKC運動が股・膝関節軟骨に与える影響

今回は荷重が負荷されるCKC運動が股・膝関節軟骨に与える影響を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると即時的にではありますが運動後に軟骨の厚さや体積が減少していることからやはり荷重を伴う運動が関節軟骨に負の影響を与える可能性はありますね. 今後は荷重を伴う運動による長期的な変化に関する報告が俟たれるところです.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例ではVarus thrustの定量的評価が重要

今回は変形性膝関節症例のVarus thrustについて考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 非常に興味深い結果ですね. やはりVarus thrustを改善させることが重要であるといった結果です. 今後はどういった介入で定量的に評価したVarus thrustが改善するのかといった報告が俟たれますね. またLateral thrustを簡便かつ定量的に評価できる方法の登場が俟たれますね.
変形性膝関節症

膝蓋大腿関節痛に対するテーピングの効果に関するシステマティックレビュー論文紹介

今回は膝蓋大腿関節痛に対するテーピングの効果に関するシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えるとテーピングの使用は有効ということになりますね. 膝蓋大腿関節痛を有する症例に対してはテーピングを治療介入の1つの選択肢として考えても良いでしょう.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例における固有感覚障害はバランスに関連するのか?

今回は変形性膝関節症例における固有感覚障害はバランスに関連するのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると変形性膝関節症例の理学療法評価では固有感覚障害の程度を評価することが求められますね. また変形性膝関節症例の場合には固有感覚障害によってバランス機能が低下するといった視点を持つことも重要ですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する筋力トレーニングは大腿四頭筋?ハムストリングス?どちらが有用?

今回は変形性膝関節症例に対する筋力トレーニングは大腿四頭筋とハムストリングスとどちらに対して実施するのが有用なのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると変形性膝関節症例に対しては大腿四頭筋単独,ハムストリングス単独よりも大腿四頭筋とハムストリングスを組み合わせてトレーニングを実施することが有益であると考えられますね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対するOKC・CKCエクササイズの効果

今回は変形性膝関節症例に対するOKC・CKCエクササイズの効果を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 残念ながらこの論文ではCKCとOKCのエクササイズ間の優劣というのは示されておりませんが,軽度の変形を呈する変形性膝関節症例であればCKCトレーニングでも症状を増悪させることはなく有効ということになりますね.
変形性膝関節症

圧痛を確認することに何の意味があるの?

これは非常に興味深いですね. 変形性膝関節症例における患部や患部外の圧痛閾値の低下が中枢性感作と関連する可能性があります. こう考えると理学療法士・作業療法士が圧痛を評価することにも意味があるのかもしれませんね. 闇雲に圧痛点を探して悪いところを探すのはいただけませんが・・・
変形性膝関節症

内側半月板後根断裂は歩行時の動的な膝関節ストレスを増強させる

今回は内側半月板後根断裂は歩行時の動的な膝関節ストレスを増強させる可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. こういった結果から考えると変形性膝関節症例に対して理学療法を行う場合には半月板の評価を行うことが必須となりそうですね.
タイトルとURLをコピーしました