人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術

TKA後の膝関節屈曲位でのポジショニングは血流うっ滞につながるのか?

今回はTKA後の膝関節屈曲位でのポジショニングは血流うっ滞につながるのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると膝関節屈曲位でのポジショニングが深部静脈血栓症のリスクを高める可能性は低そうですね.
人工膝関節全置換術

TKA後の関節可動域運動は他動運動と自動運動どちらが有効?

今回はTKA後の関節可動域運動は他動運動と自動運動どちらが有効かを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 他動運動は自動運動よりも有効というわけではないようですね. 他動運動の方法にもよるのかなと思いますが,この結果から考えると無理に痛みをこらえて他動運動を実施するのはどうかと思いますね.
人工膝関節全置換術

10%のTKA例は満足していない

今回は10%のTKA例は満足していないといったお話で. 以前に比較すると不満足症例が減少しているというのは興味深いですね. またやはり疼痛の遷延が不満足の原因になっているといった点もポイントですね. いかに疼痛遷延症例を減らすかがポイントになるでしょうね.
人工膝関節全置換術

変形性膝関節症例は人工膝関節全置換術によって転倒しにくくなるのか?

人工膝関節全置換術によって転倒リスクは軽減するのもの実際の転倒頻度については有意差はないといった結果でしたね. いずれにしても人工膝関節全置換術後の転倒予防に向けた理学療法・作業療法が重要でしょうね.
人工膝関節全置換術

内側広筋の脂肪浸潤とTKA後のアウトカムが関連?

内側広筋の脂肪浸潤とTKA後のアウトカムが関連? 人工膝関節全置換術後には大腿四頭筋の筋力トレーニングを行う機会は多いと思います. 大腿四頭筋の中でもトレーニングが重要視されているのが内側広筋です. 今回は内側広筋の脂肪浸潤と...
人工膝関節全置換術

TKAにおける駆血帯の使用は大腿四頭筋のタイトネスに関連するのか?

今回はTKAにおける駆血帯の使用は大腿四頭筋のタイトネスに関連するのかどうかを検討した研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると駆血帯の影響はあまり大きくなさそうですね.
人工膝関節全置換術

TKA後の鵞足部痛にも要注意

今回は人工膝関節全置換術後の鵞足部痛について調査した報告をご紹介させていただきました. 20人に1人ですから割合としてはそんなに多くありませんが保存的治療が有効であるだけにTKA後の鵞足部痛こそ理学療法士の腕の見せ所ですね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術の新アプローチtrivector approachに対する理学療法のポイントは?

今回は人工膝関節全置換術のtrivector approachに対する理学療法のポイントを考えるうえで有用な論文をご紹介させていただきました. こういった新しいアプローチに対する理学療法を考えるうえでこういったデータは貴重ですね. trivector approachの特徴として内側広筋への侵襲は小さいと考えられますので,その点を踏まえて理学療法を展開していく必要がありますね.
人工膝関節全置換術

片側TKA例と両側TKA例だとどちらが転倒しやすい?

今回は片側TKA例と両側TKA例だとどちらが転倒しやすいのかを明らかにした研究論文をごご紹介させていただきました. 今回の結果から考えますと両側TKA例と片側TKA例の転倒リスクには有意な差はないということになると思います. 片側例にしても両側例にしても転倒リスクが残っていることは考慮しておく必要がありますね.
人工膝関節全置換術

TKA術後早期の下肢の浮腫,疼痛,機能改善には徒手的リンパドレナージやキネシオテーピングは有用?

今回はTKA術後早期の下肢の浮腫,疼痛,機能改善に徒手的リンパドレナージやキネシオテーピングが有用かどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 徒手的リンパドレナージ,キネシオテーピングいずれも有効性が確認されたといった結果ですね. 人工膝関節全置換術後の浮腫対策として参考になる論文だと思います.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術後の伏在神経領域の感覚障害はADLに関連を与えるのか?

今回は人工膝関節全置換術後の伏在神経領域の感覚障害はADLに関連を与えるのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 感覚障害があっても大きな影響はなさそうですね. こういった情報をきちんとクライアントに提供してあげることが重要になりそうですね.
人工膝関節全置換術

膝関節固定術は股関節・足関節のどちらへの影響が大きい?

今回は膝関節固定術は股関節・足関節のどちらへの影響が大きいのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 股関節よりも足関節への影響力が大きいといった結果ですね. 膝関節の可動域が大きく制限された場合には足関節をうまく使えるかどうかがポイントになりそうですね.
人工膝関節全置換術

膝蓋骨の可動域運動(モビライゼーション)は上下に動かすだけではダメ

今回は効果的な膝蓋骨のモビライゼーションの方法についてご紹介させていただきました. 上下のelevation・depressionの動きのみならず,tilt・coronary rotation・frontal rotation・tiltといった動きを引き出すことが膝関節可動域の獲得につながります. 皆様も膝蓋骨の可動域運動を行う際に参考にしていただけると嬉しいです.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術が足部アライメントに与える影響

今回は人工膝関節全置換術が足部アライメントに与える影響について調査した研究論文をご紹介させていただきました. 理学療法士・作業療法士も矯正角度が大きい症例においては脛骨軟骨傾斜(TPI)と距骨傾斜(TI)が起こるということを考慮して後療法を行う必要がありますね.
人工膝関節全置換術

術後ある程度時間が経過してもTKA後には膝って大きくなるの?

今回は術後ある程度時間が経過してもTKA後には膝って大きくなるのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 理学療法士・作業療法士の良く経験するTKA症例の膝が大きくなったといった現象ですが,おおよそ3分の1に生じており,これが術後アウトカムと関連するといった結果でした. これは非常に興味深い結果ですね. 結果からすると理学療法や作業療法による介入に直接的に応用できる結果ではありませんが,知識としては知っておく必要があるでしょうね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術と人工膝関節単顆置換術の術後早期の疼痛の相違は?

今回は人工膝関節全置換術と人工膝関節単顆置換術の術後早期の疼痛の相違を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 予想ではTKA例に比較してUKA例の方が疼痛強度が低いことを想定しておりましたが,鎮痛薬の使用料は異なるものの,疼痛強度は同等といった結果でしたね. こういった結果をふまえてTKA・UKA例に対して運動療法を実施する必要がありますね.
人工膝関節全置換術

CR型のTKAでもPCLが機能しているとは限らない?

今回はCR型のTKAでもPCLが機能しているとは限らない可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. この結果から見てもCR型のインプラントを使用していてもPCLが機能していない症例が存在するということを理学療法士・作業療法士は考慮した方がよさそうですね.
人工膝関節全置換術

CPMの使用はROMには関連しないがTKA後の血腫を減少させる?

今回はCPMの使用はROMには関連しないがTKA後の血腫を減少させることを示唆する研究論文をご紹介させていただきました. やはりこの論文でも関節可動域には有意差はありませんでしたね. 術後の血腫を減少させるといった点に長期的に見ればどこまで意味があるのかといったところがCPMを使用する意義を考えるうえで大きなポイントになりそうですね.
人工膝関節全置換術

膝蓋骨低位がTKA後のアウトカムと関連?

今回は膝蓋骨低位がTKA後のアウトカムと関連するかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると横断的に膝蓋骨高位に関して調査することも重要ですが,縦断的に膝蓋骨高位の変化量を調査する視点も重要だと考えられます.
人工膝関節全置換術

片側TKA後に対側膝OAの進行に影響を与える要因は何?

今回は片側TKA後に対側膝OAの進行に影響を与える要因を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 残念ながら力学的パラメータには有意差はみられておりませんが,理学療法士・作業療法士であれば力学的に対側の変形性膝関節症の進行のリスクについて考える必要があるでしょうね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術後(TKA)症例に対するバーチャルリアリティを用いたリハビリテーションの効果に関するシステマティックレビュー論文

今回は人工膝関節全置換術後(TKA)症例に対するバーチャルリアリティを用いたリハビリテーションの効果に関するシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました. 日本ではまだまだVRを導入したリハビリテーションが展開されている施設は少ないですが,新しい治療手段として今後もその有用性に関するエビデンスが公表されることが期待されますね.
人工膝関節全置換術

TKA後のリハビリテーションに単関節タイプHAL(HAL-SJ)が有用?

今回はTKA後のリハビリテーションに単関節タイプHAL(HAL-SJ)が有用か否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 今後も増えることが予測される単関節タイプHAL(HAL-SJ)に関する報告に今後も目を向けておく必要があるでしょうね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術後の足関節および足部の疼痛はなぜ起こる?

人工膝関節全置換術後の足関節および足部の疼痛はなぜ起こるはなぜ起こるかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 人工膝関節全置換術後に足関節や足部に疼痛が出現する症例の特徴が明らかになりましたね. こういった症例の場合は足関節や足部の疼痛が出現する可能性を予測した上での対応が必要ですね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術(TKA)後の有効なポジショニングが明らかに

今回は理学療法士・作業療法士が人工膝関節全置換術(TKA)後の有効なポジショニングを考えるうえで参考になるメタアナリシス論文をご紹介させていただきました. アブストラクトだけからは屈曲位というのがどの程度の屈曲位が不明であり,メタアナリシス論文であることから屈曲角度も報告によってさまざまだと思いますが,伸展位よりも屈曲位でのポジショニングが有効であることが示唆されますね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術後に膝立ちが可能になる症例の特徴は?

今回は人工膝関節全置換術後に膝立ちが可能になる症例の特徴を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. インプラントや切開の部位・方向によっても膝立ち動作が可能になる可能性が変化するというのは興味深いですね. ADL指導にも生かせそうな内容です.
人工膝関節全置換術

TKA後の大腿四頭筋腱の硬さが歩行速度に関連する?

今回はTKA後の大腿四頭筋腱の硬さが歩行速度に関連するかどうかを明らかとした研究論文をご紹介させていただきました. パス解析を用いて要因間の因果関係を明らかにした興味深い研究ですね. こういった研究がどんどん増えると理学療法士・作業療法士の臨床推論にも役立てられますね.
人工膝関節全置換術

膝関節痛が軽減する変形性膝関節症例の特徴は?

今回は膝関節痛が軽減する変形性膝関節症例の特徴を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 当然と言えば当然の結果ですね. ある程度の活動性を保ちつつ,肥満を解消,膝関節伸展筋力を強化することが変形性膝関節症例の疼痛を軽減させる戦略としては重要といった結果ですね.
人工股関節全置換術

人工膝関節全置換術と人工股関節全置換術の違いって?

今回は人工膝関節全置換術と人工股関節全置換術の違いについて考えてみました. 理学療法士・作業療法士であれば人工膝関節全置換術と人工股関節全置換術を同一疾患と考える方は少ないかもしれませんが,まったく異なる病態として改めて認識する必要があるでしょうね.
人工膝関節全置換術

膝蓋骨の傾斜はTKA後の治療成績に影響を与えるのか?

今回は膝蓋骨の傾斜はTKA後の治療成績に影響を与えるのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 膝蓋骨傾斜の変化量と術後1年のPROMSとの関連における有意確率が0.092ですので何かしら関連はありそうですが,サンプルサイズも比較的大きいので効果量を見てみないと分かりませんが,あまり強い関連ではないことが示唆されますね. ただ立ち上がり時の膝の機能に関する満足度と関連しているといった点は理学療法士・作業療法士にとっても非常に重要なポイントではないでしょうか?
人工膝関節全置換術

片側TKA後に脚長ってどのくらい変化するの?

今回は片側TKA後に脚長がどのくらい変化するのかを調査した研究論文をご紹介させていただきました. 平均的には10mmの変化ということになります. また股関節・膝関節・足関節軸の角度変化や屈曲・内反変形の変化の程度によって脚長の変化量が予測できるという点がポイントですね. X線画像からどの程度の脚長変化が起こり得るかを推測することが重要となるでしょう.
タイトルとURLをコピーしました