人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術後4時間以内に行う膝関節伸展運動の有用性

今回は人工膝関節全置換術後4時間以内に行う膝関節伸展運動の有用性を検討した論文をご紹介させていただきました. 術後4時間以内って想像もつきませんが,こんな早いタイミングで開始するとなるとさまざまなリスクマネジメントが必要になるでしょうね. 結果は術後4時間以内の膝関節伸展運動の有用性を示唆する結果でしたね. 人工膝関節全置換術後の理学療法も手術日から介入するのが当たり前の時代が来るのでしょうか?
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術で膝関節屈曲拘縮が改善すると矢状面上の脊椎アライメントにも改善が得られるのか?

今回は人工膝関節全置換術で膝関節屈曲拘縮が改善すると矢状面上の脊椎アライメントにも改善が得られるのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 非常に興味深いデータですね. このデータから考えると,人工膝関節全置換術後に膝関節屈曲拘縮が改善しても,立位における膝関節屈曲角度や脊椎アライメントが即時的に改善するわけではないということですね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術例は術後早期にSLRが可能となれば早期退院が可能

今回は人工膝関節全置換術(TKA)例を対象としてSLRを用いたスクリーニングで早期退院が可能か否かを判断できるかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. SLRは簡単に評価できますのでスクリーニングとしては有用でしょうね. ただSLRはあくまでスクリーニングのための評価であって,一生懸命SLRを繰り返せば退院時期が早まるということではないでしょうね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術(TKA)例に対する徒手的なリンパドレナージは疼痛軽減に有効か?

残念ながらネガティブな結果には至っておりますが,疼痛の平均値や信頼区間を見ると徒手的リンパドレナージを行った群の方が疼痛は軽減している傾向にも見えます. サンプルサイズの設計を行ったうえでもう少しサンプルを増やして再検討いただきたい結果ですね. また腫張が強い対象のみに限定するなど対象を何かしらの形で限定するともう少しポジティブな結果が導ける可能性もありますね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術例に対する外来理学療法はホームエクササイズと大差ない

人工膝関節全置換術例に対する外来理学療法はホームエクササイズと大差ない 昨今の人工膝関節全置換術(TKA)例の入院期間は短縮傾向にあり,全国的には術後2~3週で自宅退院といったケースが多くなってきていると思います. 中には術後1週の...
人工股関節全置換術

人工膝関節全置換術(TKA)・人工股関節全置換術(THA)後に積極的な筋力トレーニングって本当に必要?

人工膝関節全置換術(TKA)・人工股関節全置換術(THA)後に積極的な筋力トレーニングって本当に必要か否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 最終的には対象者の機能レベルによるというのが本当の答えだと思いますが,どのクライアントにも積極的な筋力トレーニングを行う必要はなさそうですね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術(TKA)後の閉創は屈曲位・伸展位のどちらがよい?

今回は人工膝関節全置換術(TKA)後の閉創は屈曲位・伸展位のどちらがよいかを示したメタアナリシス論文をご紹介させていただきました. 理学療法士・作業療法士が閉創の肢位について考えることは少ないかもしれませんが,今回の結果から考えるとどの肢位で閉創したのかも把握しておく必要がありそうですね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術例を対象として筋力トレーニングを行う場合には聴覚的・視覚的フィードバックが有効 無作為化比較試験による検討

人工膝関節全置換術例を対象として筋力トレーニングを行う場合には聴覚的・視覚的フィードバックが有効 無作為化比較試験による検討 理学療法士や作業療法士が人工膝関節全置換術例を対象として筋力トレーニングを行う機会は多いと思います. 特に...
人工膝関節全置換術

両側同時人工膝関節全置換術(TKA)は安全性に疑問が残る?

今回は両側同時人工膝関節全置換術(TKA)の安全性に関する報告をご紹介させていただきました. 非常に大規模なデータですね. 改めて両側同時人工膝関節全置換術(TKA)の安全性に関して考えさせられる結果ですね. われわれ理学療法士・作業療法士は両側同時人工膝関節全置換術(TKA)例を対象とする場合には,さまざまなリスクが存在することを考慮する必要がありますね.
人工股関節全置換術

TKA・THAで疼痛・身体機能が改善しない症例の特徴が明らかに

今回はTKA・THAで疼痛・身体機能が改善しない症例の特徴を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. うつ傾向や複数部位にわたる疼痛なんかがキーワードですね. さらに女性の場合には閉経時年齢や子宮摘出時年齢が機能改善不良と関連しているというのは興味深いですね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術(TKA)例に対する圧迫療法の効果はいかに?最新システマティックレビュー論文で結論が明らかに

今回は人工膝関節全置換術(TKA)例に対する圧迫療法の効果に関して結論付けた最新のシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました. 残念ながら人工膝関節全置換術症例に対する圧迫療法の効果についてははっきりしないというのが現状ですね.
人工膝関節全置換術

HAL(単関節型)の使用が人工膝関節全置換術後の機能回復に有効?

今回はHAL(単関節型)の使用が人工膝関節全置換術後の機能回復に有効か否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 結局は費用対効果ですので人工膝関節全置換術例にどこまでHALが必要か分かりませんが,今後HAL(単関節型)もさまざまな使い方が増えそうですね.
人工膝関節全置換術

片側人工膝関節全置換術(TKA)後の脚長差に注意

今回は片側人工膝関節全置換術(TKA)後の脚長差に関する論文をご紹介させていただきました. 片側人工膝関節全置換術(TKA)後に脚長差が起こりやすいのは当たり前ですが,意外に脚長差を自覚していない症例が多いのも興味深いですね. 人工股関節全置換術(THA)例とは異なり股関節や骨盤で代償できる部分も大きいのでしょうね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術後早期の筋力低下に術前からの低強度スロートレーニングが有効 灌流障害の改善がポイント

今回は灌流障害にターゲットを当てた介入が人工膝関節全置換術(TKA)術後早期における筋力低下改善に与える影響を調査した論文をご紹介させていただきました. 今回の結果を考えると灌流障害を考慮した介入が有効であると考えられます. 今回の介入は術前の介入でありましたが,術後においてもいかに灌流障害を改善させるかが理学療法・作業療法の重要なポイントになりそうですね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術における膝蓋骨コンポーネントの置換って意味があるの?

今回は人工膝関節全置換術における膝蓋骨コンポーネントの置換が術後アウトカムに与える影響を調査したメタアナリシスをご紹介させていただきました. 膝蓋骨コンポーネントの置換によって術後の機能的側面や満足度には差が無いようですが,長期的な合併症割合や再手術割合に関していえば膝蓋骨コンポーネント置換群の治療成績が良好であると考えられます.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術前に筋力トレーニングを行えば行うほど術後のアウトカムは良好なの?

今回は人工膝関節全置換術前に筋力トレーニングを行えば行うほど術後のアウトカムは良好なのかどうかを検討した論文をご紹介させていただきました. このシステマティックレビューは人工膝関節置換術前のリハビリテーションについて用量反応関係を分析した初めての研究ですが,残念ながら用量反応関係は認められておりません. やっぱり術前トレーニングも量をやればやるだけいいというものではなさそうですね.
人工膝関節全置換術

足関節底屈筋力低下がStiff knee gaitの原因になる?

足関節底屈筋力低下がStiff knee gaitの原因になる? 変形性膝関節症例や人工膝関節全置換術後に頻繁に見られる歩行パターンとして膝関節を軽度屈曲位で固定して歩行するStiff knee gaitパターンが挙げられます. こ...
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術後の膝関節可動域の早期回復に関連したCPRが明らかに

人工膝関節全置換術後の膝関節可動域の早期回復に関連したCPRが明らかに 近年,リハビリテーションの分野でもCPR(Clinical Prediction Rule)に関連した報告が増えております. CPRを用いることで理学療法士・作...
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術(TKA)後の疼痛に手部のアイシングが有効?

人工膝関節全置換術(TKA)後の疼痛に手部のアイシングが有効? 人工膝関節全置換術(TKA)後早期の理学療法では疼痛が機能改善や能力向上の妨げとなります. 炎症反応の1つである疼痛に対しては患部のアイシングが行われることが多いですが...
人工膝関節全置換術

仕事や趣味によっては人工膝関節全置換術後の膝立ちは制限できない

クライアントの仕事・趣味・BMIが人工膝関節全置換術後の膝立ちに与える影響 人工膝関節全置換術もインプラントの改良や手術手技の進歩に伴って,飛躍的に術後のアウトカムが向上してきております. 人工膝関節全置換術後には膝関節痛は消失する...
人工股関節全置換術

スポーツ選手は将来的な下肢人工関節リスクが高くなるのか?

スポーツ選手は将来的な下肢人工関節リスクが高くなるのか? コンタクトスポーツに限らずアスリートというのは関節への負荷という面で考えるとかなり大きなストレスを強いられながらスポーツ動作を行っていることになります. ここで疑問に感じるの...
人工股関節全置換術

変形性関節症に対するTHA・TKAは身体活動量を増加させるか?

変形性関節症に対するTHA・TKAは身体活動量を増加させるか? 変形性関節症例においては疼痛のために活動量が減少し,活動量の減少に伴い体重が増加し,関節負荷が増大し,さらに荷重痛が増悪するといった負の循環に陥りやすいことが指摘されておりま...
人工膝関節全置換術

腸腰筋の筋力低下がStiff knee gaitの原因になる?

腸腰筋の筋力低下がStiff knee gaitの原因になる? 変形性膝関節症例や人工膝関節全置換術後に頻繁に見られる歩行パターンとして膝関節を軽度屈曲位で固定して歩行するStiff knee gaitパターンが挙げられます. この...
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術後早期に膝関節屈曲可動域を獲得することが本当に重要なのか?

人工膝関節全置換術後早期に膝関節屈曲可動域を獲得することが本当に重要なのか? 人工膝関節全置換術例に対する早期からの積極的な関節可動域運動に関してはさまざまな意見があります. 積極的な可動域運動を行うべきだといった立場もあれば,あま...
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術が日帰り手術になる?

人工膝関節全置換術が日帰り手術になる? 20年前までは人工膝関節全置換術といえば全荷重が許可されるまでに数カ月を要しておりましたので,退院までに3カ月かかるなんてことも多かったわけですが,最近は術後早期荷重が当たり前となり,全国的にも2~...
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術における内側支持機構のリリースは人工膝関節の安定性に影響を与えるか?

人工膝関節全置換術における内側支持機構のリリースは人工膝関節の安定性に影響を与えるか? 人工膝関節全置換術では内反が高度な場合には,内反強制を図るために膝関節内側を走行する組織のリリースがなされることがあります. リリースにより可動...
人工膝関節全置換術

外側広筋・皮下組織間の滑走性からみた筋膜の定量的解析-工藤研究室からの最新論文-

外側広筋・皮下組織間の滑走性からみた筋膜の定量的解析-工藤研究室からの最新論文- 大腿骨転子部骨折例,人工膝関節全置換術(TKA)例をはじめ外側広筋・皮下組織間の滑走性低下をきたす症例は少なくないと思います. 理学療法士・作業療法士...
人工膝関節全置換術

TKA後はクリニック・在宅のどちらでリハビリをした方が良いのか?

TKA後はクリニック・在宅のどちらでリハビリをした方が良いのか? 人工膝関節全置換術例の在院期間は年々短縮しており,退院後の理学療法の位置づけは大きくなっております. 人工膝関節全置換術例が退院後に理学療法(リハビリテーション)を継...
人工膝関節全置換術

アクティブヒールスライドとCPMは人工膝関節全置換術(TKA)後の屈曲可動域改善にどちらが有用か?

アクティブヒールスライドとCPMは人工膝関節全置換術(TKA)後の屈曲可動域改善にどちらが有用か? 人工膝関節全置換術(TKA)後の理学療法・作業療法において膝関節屈曲可動域の改善は非常に重要となります. 人工膝関節全置換術(TKA...
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術(TKA)後の術側膝関節屈曲可動域獲得には対側膝関節屈曲可動域の獲得が重要

人工膝関節全置換術(TKA)後の術側膝関節屈曲可動域獲得には対側膝関節屈曲可動域の獲得が重要 人工膝関節全置換術(TKA)後の理学療法・作業療法においては術側膝関節屈曲可動域の獲得が重要となります. 前日に獲得した可動域が翌日には戻...
タイトルとURLをコピーしました