人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術

内反膝に対するTKAよりも外反膝に対するTKAの方がDVT発生率が高い?

今回は深部静脈血栓症の発生割合は内側アプローチと外側アプローチとどちらが高いのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると外反膝に対する外側アプローチは手術時間が長く,術後も深部静脈血栓症や肺塞栓のリスクが高いということになりますね.
人工膝関節全置換術

結局のところTKAとかUKAの耐用年数って何年なの?

今回は結局のところTKAとかUKAの耐用年数って何年なのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると25年でTKAだと8割以上,UKAでも7割以上が再置換する必要が無いということになりますね. こういったデータをクライアントに情報提供できるとよいですね.
人工膝関節全置換術

TKA前の脚長差が合併症および再置換と関連

今回はTKA前の脚長差が合併症および再置換と関連する可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 脚長差があるとさまざまな合併症が生じやすいといった結果ですね. 脚長差というと股関節疾患の印象がありますが,TKA前後でも脚長差に着目する必要がありますね.
人工膝関節全置換術

膝蓋下脂肪体の温存が人工膝関節全置換術例における膝蓋骨高位に及ぼす影響は?

膝蓋下脂肪体の温存が人工膝関節全置換術例における膝蓋骨高位に及ぼす影響を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. これは興味深い結果ですね. 膝蓋下脂肪体を切除すると膝蓋骨低位を起こしやすいということですね. この結果は術後の関節可動域運動を行ううえで重要な知見になりそうです.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術後の足部痛

今回は人工膝関節全置換術後の足部痛を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると人工膝関節全置換術後に足部痛が出現した場合には距骨傾斜と歩行分析を丁寧に評価することが有益でしょうね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術例の立ち上がり動作の非対称性に関するSR論文紹介

今回は人工膝関節全置換術例の立ち上がり動作の非対称性を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. こういった結果を見ても機能改善に加えて動作の非対称性に着目した介入が必要となるということですね.
人工膝関節全置換術

TKA後のノイズって気になりますよね?

今回は人工膝関節全置換術後のノイズについて考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えるとTKA後のノイズが直接的に患者立脚型アウトカムに影響を及ぼすというわけではなさそうですね.
人工膝関節全置換術

股関節の肢位によって大腿直筋の活動はどのように変化するのか?

今回は股関節屈曲角度の相違が大腿直筋の活動に与える影響を紹介させていただきました. 高齢者を対象とした理学療法では大腿直筋ってむしろ過活動が問題となることが多いですよね. どのポジションで運動すれば大腿直筋が働きにくくなるのかを考えるうえでも参考になりそうな論文ですね. 股関節深屈曲位でのトレーニングが大腿直筋の活動を減じることにつながりそうですね.
人工膝関節全置換術

TKA再置換術後の膝関節伸展筋力のMDCに関する論文

今回はrevision-TKA後の膝関節伸展筋力のMDCに関する論文をご紹介させていただきました. これまでにprimary TKA後の膝関節伸展筋力のMDCを報告した論文はありましたが,revision-TKA後の報告は珍しいですね. 今回の結果から考えるとrevision TKA後には33.09Nmをこえる変化が真の筋力変化が言えるでしょうね.
人工股関節全置換術

術後どのくらい経過すれば自動車を運転することを勧められる?

これは臨床でも参考にできる結果ですね. やはり足関節の手術後やアキレス腱断裂など足部の術後や外傷の症例の運転開始までの期間が長いといった点がポイントでしょうね. もちろん関節の部位だけで運転開始時期は決められませんが一つの目安にできる論文ではないでしょうか.
人工膝関節全置換術

TKA後に屈曲拘縮が残存しやすい症例の特徴は?

今回はTKA後に屈曲拘縮が残存しやすい症例の特徴を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると片側例の場合や術前に重度の屈曲拘縮がある症例の場合には屈曲拘縮が残存しやすいと考えられます. また注目すべきは腰椎変性後彎です. 腰椎後彎変形があると立位や歩行時に膝関節が伸展しませんのでこれが屈曲拘縮につながる可能性が高いということですね. 屈曲拘縮に対して介入する際には腰椎への介入の視点も重要になりそうです.
人工膝関節全置換術

TKA後の膝窩部痛の原因として知っておきたい膝窩筋腱インピンジメント

今回は人工膝関節全置換術(TKA)後の膝窩部痛の原因として知っておきたい膝窩筋腱インピンジメントについて考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 非常に興味深い結果ですね. われわれ理学療法士・作業療法士もTKA後の膝窩部痛の原因として膝窩筋腱インピンジメントについて知っておく必要がありますね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術後のドレーン留置って本当に必要?

今回は人工膝関節全置換術後のドレーン留置って本当に必要なのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 後方視的な研究ですのでさまざまな要因が交絡している可能性がありますが,理学療法士・作業療法士の立場からもドレーン留置の必要性について考えたうえで提言する必要があるでしょうね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術後の睡眠障害

今回は人工膝関節全置換術後の睡眠障害を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. いかにTKA後の睡眠障害の発生率が高いかがわかる論文ですね. こういった結果をふまえて理学療法士・作業療法士がポジショニングの指導も含めて何ができるのかを考える必要がありますね.
人工膝関節全置換術

TKAにおける駆血帯の使用が膝蓋下脂肪体に悪影響を及ぼす?

今回はTKAにおける駆血帯の使用が膝蓋下脂肪体に影響を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. この結果は興味深いですね. やはり人工膝関節全置換術後には膝蓋下脂肪体に着目する必要がありますね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術例に必要な術前筋力のカットオフ値

今回は人工膝関節全置換術例に必要な術前筋力のカットオフ値に関して参考になる論文をご紹介させていただきました. こういった値を明示してくれている論文はありがたいですね. 術前理学療法の目標となりそうですね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術後の関節可動域運動を行う際の疼痛軽減のための工夫を考えるうえで参考になる論文

今回は人工膝関節全置換術後の関節可動域運動を行う際の疼痛軽減のための工夫を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると人工膝関節全置換術後の関節可動域運動では非術側の運動を行うことで運動誘発性痛覚低下を誘発させることが疼痛軽減に効果的かもしれませんね.
人工膝関節全置換術

TKA後の寒冷療法はアイスパックで十分?

今回は人工膝関節全置換術後の寒冷療法を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると人工膝関節全置換術後の寒冷療法は特殊な機器を用いて持続的に行う必要はないかもしれません. アイスパックで十分かもしれませんね.
人工膝関節全置換術

両側同時TKAと片側TKA後の理学療法って同じで良いの?

今回は両側同時TKAと片側TKA後の理学療法って同じで良いのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. やはり両側同時TKAと片側TKA後では術後経過が異なるということですね. 特に両側同時TKAの場合には膝関節伸展筋力に着目して理学療法を行う必要がありそうですね.
人工膝関節全置換術

TKA例に対する高強度リハビリテーションの効果は?

非常に興味深い結果ですね. こういった結果から考えると人工膝関節全置換術後のリハビリテーションの効果についても見直していく必要がありますね.
人工膝関節全置換術

TKA後の身体活動量向上に関連する要因は?

今回はTKA後の身体活動量向上に関連する要因を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 長期的な身体活動量を向上させるためには急性期の歩行速度と身体活動量が重要であるといった結果ですね. 何か交絡因子が隠されている気もしますが,やはり歩行速度を向上させないと身体活動量は増えないでしょうね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術後の転倒と足趾把持力が関連?

今回は人工膝関節全置換術後の転倒と足趾把持力が関連する可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 人工膝関節全置換術後の転倒を予防するためには足趾把持力に着目する必要がありますね.
人工膝関節全置換術

TKA後の疼痛遷延に関連する要因のSR論文

今回は人工膝関節全置換術後の疼痛遷延に関連する要因を明らかにしたシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました. 今回のシステマティックレビューで挙げられた要因を有する症例においては早期から疼痛が遷延しないような対策が必要でしょうね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術例における膝蓋下脂肪体の切除による悪影響とは?

今回は人工膝関節全置換術例における膝蓋下脂肪体の切除による悪影響を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 膝蓋下脂肪体の切除を行っているTKA例では膝蓋骨低位とそれに伴う弊害に留意する必要がありそうですね.
人工膝関節全置換術

TKA術後のNMESのパラメータってどういった設定が良いの?

今回はTKA術後のNMESのパラメータってどういった設定が良いのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 術後早期は周波数≧50Hz,最大耐容刺激強度,二相性電流,大型電極,デューティサイクル比1:2~1:3(2~3秒のランプ)でNMES治療を実施することが推奨されるということですね. TKA症例の筋力強化を目的として電気刺激療法を実施する場合には必ずチェックしておくべき内容ですね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術(TKA)例に対する理学療法は不要?

今回はTKA例に対する理学療法は本当に必要なのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えるとすべてのTKA症例に理学療法が必要なわけではなさそうですね. これはTKA症例に限ったことではありませんが,どういった症例に集中的な理学療法が必要なのかを明らかにすることが今後の課題になりそうですね. TKA症例の場合には疼痛が遷延する症例も少なくありませんので,難渋する症例に対して理学療法の効果を明確にする必要があるでしょうね.
人工膝関節全置換術

TKA後の熱感はどのくらいで軽減するのか?

今回はTKA後の熱感はどのくらいで軽減するのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 術後3ヶ月でもまだ非不穏は1.4℃も高いということですね. こういった基準となる値があれば術後の熱感の評価を行ううえでも有益ですね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術例における膝伸展筋力の術後経過に関するSR論文

今回は人工膝関節全置換術例における膝伸展筋力の術後経過に関するSR論文をご紹介させていただきました. 非常に興味深い結果ですね. 術後1年が経過しても膝伸展筋力は非術側までは改善しないという結果ですね. これをふまえてトレーニングの方法を再考する必要がありますね.
人工股関節全置換術

日本では今後はTKAよりもTHAが増加?

今回は日本では今後はTKAよりもTHAが増加する可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 数値を見るとTHAの増加の予測が著しいですね. 特に比較的若い年代のTHAの増加が今後日本でも多くなりそうですね.
人工膝関節全置換術

TKA後の関節可動域改善にもフォームローラーが有効?

今回はTKA後の関節可動域改善にもフォームローラーが有効なのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 身体機能については大きな変化はありませんが,フォームローリングを行った群でストレッチ中の疼痛スコアが軽減されたというのは興味深いですね. フォームローリングはストレッチの前段階のトレーニングとして取り入れるのが良さそうですね.
タイトルとURLをコピーしました