人工股関節全置換術

人工股関節全置換術

THA後には大腰筋指数に着目せよ

今回はTHA後の大腰筋指数の重要性を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 非常に興味深い結果ですね. 大腰筋指数は栄養状態や脊椎変形とも関連しており,総合的な身体機能を把握するうえでも有益ですね.
人工股関節全置換術

人工股関節全置換術(THA)後早期の歩行の特徴

今回は人工股関節全置換術(THA)後早期の歩行の特徴を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 歩幅が短く,支持基底面が広く,立脚時間が長いというのはまさにTHA症例の特徴ですね. 後方アプローチ群の立脚時間が短いというのもポイントですね. やはり術後早期は後方アプローチよりも外側アプローチや前方アプローチが優勢ということですね.
人工股関節全置換術

THA後のFJSに関する最新論文

今回はTHA後のFJSに関する最新論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えるとFJSはおおむね使用には問題ありませんが,単調性と局所独立性に一部問題がありそうです. Forgotten Joint Scoreを使用される方は一度フルテキストに目を通して見てもよさそうです. かなり難解な内容ですが.
人工股関節全置換術

ステムの形状がTHA後の外反膝と関連?

今回はステムの形状がTHA後の外反膝との関連性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 非常に興味深い結果ですね. こういった結果をふまえると理学療法士・作業療法士も人工股関節インプラントのステム形状について考慮する必要がありますね.
人工股関節全置換術

日常生活(ADL)に必要な股関節の可動域(ROM)は?

今回の結果から考えると必要な股関節屈曲可動域は 歩行:9.9°~49.3° 階段昇段:19.6°~67.8° 階段降段:26.2°~52.4° しゃがみ動作:120.0° 立ち上がり:103.0° トイレ移乗:112.6° 靴紐結び:126.1°
人工股関節全置換術

THA後の自動車の乗り降りに関連する要因は?

今回はTHA後の自動車の乗り降りに関連する要因について検討した報告をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると自動車乗降を考えるうえでは対側股関節外転筋力に着目する必要があるということですね.
人工股関節全置換術

高位脱臼例に対するTHA後の理学療法を考えるうえで参考になる論文

今回は高位脱臼例に対するTHA後の理学療法を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 高位脱臼例に対するTHA後に末梢神経がどのくらい伸張されているのかについては理学療法士・作業療法士も把握しておく必要がありますね. 後療法についてもどの程度,脚延長がなされているのかを考慮する必要がありますね.
人工股関節全置換術

THA後の運動療法でも課題志向型トレーニングが有効?

今回はTHA例に対する課題志向型トレーニングの有効性を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 運動器疾患においても運動学習の側面から考えるとやはり課題志向型トレーニングが有効だということですね. ただただ意味の無い課題を繰り返すことが課題志向型トレーニングではありませんので,症例に応じた課題を設定して繰り返してトレーニングを行うことが重要なのでしょうね.
人工股関節全置換術

術後どのくらい経過すれば自動車を運転することを勧められる?

これは臨床でも参考にできる結果ですね. やはり足関節の手術後やアキレス腱断裂など足部の術後や外傷の症例の運転開始までの期間が長いといった点がポイントでしょうね. もちろん関節の部位だけで運転開始時期は決められませんが一つの目安にできる論文ではないでしょうか.
人工股関節全置換術

後方アプローチと前方アプローチによるTHAでは術後の股関節に対する意識は異なるのか?

非常に興味深い研究結果ですね. 人工関節に対する意識といった面では術後1年の段階では前方アプローチが優勢ということになりますが,術後2年が経過すればアプローチ何の差はなくなるということですね.
人工股関節全置換術

脱臼不安感の強いTHA症例の特徴は?

今回は脱臼不安感の強いTHA症例の特徴を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます. これは臨床的にも意義のある研究ですね. この結果から考えると術前に屈曲可動域制限が高度な症例に対しては症例が脱臼不安感を抱かないような指導が必要になりそうですね.
人工股関節全置換術

理学療法士・作業療法士も知っておきたい長内転筋の動態

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい長内転筋の動態について考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると長内転筋を伸張させるためには屈曲位よりも伸展位での外転で,また内旋を加えることが重要であると考えられます.
人工股関節全置換術

THA後の腰痛を改善するには?動的腰椎運動に着目した研究紹介

今回はTHA後の腰痛を改善するためにヒントとなる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えるとTHA後の腰痛を改善するためには動的な腰椎前彎運動を改善することが重要であると考えられます.
人工股関節全置換術

脊椎圧迫骨折の既往のあるTHA例は術後機能改善が不良?

今回は脊椎圧迫骨折の既往のあるTHA例は術後機能改善が不良である可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えるとTHA例においては脊椎圧迫骨折の存在を確認し,脊椎機能を評価することが重要であると考えられます. 股関節機能を代償するための脊椎機能の評価といった視点が重要になるでしょう.
人工股関節全置換術

人工股関節全置換術(THA)後の鼠径部痛の原因として多い腸腰筋腱障害

今回は人工股関節全置換術(THA)後の鼠径部痛の原因として多い腸腰筋腱障害に関する論文をご紹介させていただきました. 当然ですが軟部組織のみならず骨形態やインプラントの特徴が腸腰筋腱障害の一因になるということですね.
人工股関節全置換術

THA例に外来理学療法は不要?セルフエクササイズの指導で十分?

今回はTHA例に外来理学療法は不要なのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. この結果から考えるとすべてのTHA例に外来理学療法が必要ということはなくセルフエクササイズの指導で十分な症例が大部分だということになりますね. 理学療法のアイデンティティを示せなければ今後ますます理学療法士の職域が狭くなってしまいそうですね.
人工股関節全置換術

変形性股関節症例に対する運動療法の効果を明らかにした最新論文

変形性股関節症に対する運動療法は疼痛や機能改善に対して有効だということですね. これはわれわれ理学療法士・作業療法士にとって心強い結果ですね. ただ効果推定値が小さいのも事実ですので,これをどう受け止めるかが重要でしょうね.
人工股関節全置換術

腰椎の柔軟性がTHA後の主観的脚長差と関連?

今回は腰椎の柔軟性がTHA後の主観的脚長差と関連する可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 今回の研究結果から考えるとTHA後の主観的脚長差を考えるうえでは骨盤が術側へ傾斜するタイプと非術側へ傾斜するタイプによって原因が異なる可能性がありますね. また主観的脚長差がある場合には腰椎の柔軟性に着目することが重要であると考えられます.
人工股関節全置換術

DVT予防のためにはどのくらいのペースで足関節運動を行うのが効果的なのか?

今回はDVT予防のためにはどのくらいのペースで足関節運動を行うのが効果的なのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると1分間に60回のペースが深部静脈血栓症を予防するためには有効ということですね. これは臨床的にも役立ちそうな結果ですね.
人工股関節全置換術

大腰筋の質がTHA後のアウトカムと関連

今回は大腰筋の質がTHA後のアウトカムと関連を調査した研究論文をご紹介させていただきました. THA後には大腰筋の質に着目した運動療法がポイントになりそうですね.
人工股関節全置換術

日本では今後はTKAよりもTHAが増加?

今回は日本では今後はTKAよりもTHAが増加する可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 数値を見るとTHAの増加の予測が著しいですね. 特に比較的若い年代のTHAの増加が今後日本でも多くなりそうですね.
人工股関節全置換術

THA例に対しても術前からの栄養療法が有効?

今回はTHA例に対しても術前からの栄養療法が有効である可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 残念ながら術側股関節外転筋力やパフォーマンステスト,QOLには改善が得られておりませんが,一部の筋力には有意な改善が得られており,栄養療法が有効な可能性が垣間見える結果ですね.
人工股関節全置換術

人工股関節全置換術後の膝関節アライメント変化に性差はあるのか?

今回は人工股関節全置換術後の膝関節アライメント変化に性差はあるのかを考えるうえで参考にする論文をご紹介させていただきました. 人工股関節全置換術後の下肢アライメント変化は男性よりも女性で顕著であるということですね. 女性の場合には男性以上に下肢アライメント変化に留意しておく必要がありますね.
人工股関節全置換術

片側THA後には同側・対側の股関節・膝関節の力学的負荷は増加するのか?

今回は片側THA後には同側・対側の股関節・膝関節の力学的負荷は増加するのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 非常に興味深い結果ですね. やはり術後1年が経っても荷重偏位が正常化していないというのは興味深いですね.
人工股関節全置換術

THAの脱臼率は経年的に減少しているのか?

今回はTHAの脱臼率は経年的に減少しているのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 脱臼率は減少しているもののやはりゼロではないといったところが大きなポイントだと思います. また実際の脱臼リスクは報告されているものよりも高い可能性があるということを考慮する必要がありますね.
人工股関節全置換術

骨盤脊椎アライメントは人工股関節全置換術(THA)後の脱臼に関連するのか?システマティックレビューによる検討

今回は骨盤・脊椎アライメントが人工股関節全置換術後の脱臼に関連するのかどうかを明らかにしたシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると闇雲に脱臼を恐れて動作を制限するのではなく,骨盤・脊椎のアライメントをふまえたうえで日常生活動作指導を行う必要がありますね.
人工股関節全置換術

人工股関節全置換術はともかく人工骨頭置換術後にも脱臼指導は必要?

今回は人工股関節全置換術はともかく人工骨頭置換術後にも脱臼指導は必要なのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 前方開角や外方開角が正常であっても転位型大腿骨頸部骨折に対する人工骨頭置換術例では前壁・後壁欠損によって易脱臼性が生じる可能性があるということですね. これは臨床的にも重要な結果だと思います.
人工股関節全置換術

人工股関節全置換術例に対するクロストレーナーの有効性

今回は人工股関節全置換術例に対するクロストレーナーの有用性を検証した研究をご紹介させていただきました. 臨床的にもこのクロストレーナーは股関節を大きく可動させながら股関節周囲筋のトレーニングを行うことができるといった点で非常に有益だと思います. 身体活動量を向上させられるといった点も魅力的ですね.
人工股関節全置換術

人工股関節全置換術が膝関節負荷に及ぼす影響は?

今回は人工股関節全置換術が膝関節負荷に及ぼす影響を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると人工股関節全置換術後には同側の膝関節のみならず,対側の膝関節にも影響が及ぶということを知っておく必要がありますね.
人工股関節全置換術

THA例に対する理学療法は不要?

今回はTHA例に対する理学療法は不要かどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 非常に残念な結果ですが理学療法は不要といわれても仕方のない結果ですね. やはりアウトカムを考慮したうえで理学療法の意義を示していく必要があります.
タイトルとURLをコピーしました