人工股関節全置換術

人工股関節全置換術

股関節外転装具ってどこまで関節運動を制限できるの?

今回は股関節外転装具がどこまで関節運動を制限できるのかを明らかにした研究をご紹介させていただきました. これは非常に重要な結果ですね. 理学療法士・作業療法士も装具の屈曲角度以上に関節運動が起こるということを理解しておく必要がありますね.
人工股関節全置換術

人工股関節全置換術後の筋肉の脂肪浸潤はアプローチによって異なるのか?

今回は人工股関節全置換術後の筋肉の脂肪浸潤はアプローチによって異なるのか同化を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 低侵襲とはいうもののかなりの割合で脂肪浸潤が発生するという結果ですね. アプローチ毎に筋損傷の特徴がありますので,理学療法士・作業療法士もどのアプローチでどういった筋群の損傷が生じやすいのかを知っておく必要があるでしょうね.
人工股関節全置換術

Iliocapsularisは加齢の影響を受けにくい?

今回はIliocapsularis性差や年代差を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 腸腰筋は加齢の影響を受ける筋として知られておりますが,Iliocapsularisについては加齢の影響を受けないというのは非常に興味深い結果ですね.
人工股関節全置換術

後方アプローチによるTHAにおける大転子部滑液包の修復が機能改善に有効?

今回は後方アプローチによるTHAにおける大転子部滑液包の修復が機能改善に有効である可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 臨床上も長期にわたって術側方向の側臥位姿勢が取れない症例は少なくありません. 理学療法士・作業療法士もTHA症例を担当する場合には大転子滑液包の修復の有無を確認する必要がありますね.
人工股関節全置換術

人工股関節全置換術後の身体活動を特定するための臨床的予測ルールの開発

今回は人工股関節全置換術後の身体活動を特定するための臨床的予測ルールに関する論文をご紹介させていただきました. 最近はやりのCPR論文ですね. やはり予測を行ううえでは複数の要因から予測を行う必要があるということですね. CPR論文だけあってカットオフ値も示されており,臨床上も使いやすそうですね.
人工股関節全置換術

クラムシェルエクササイズを行う際に注意すべきポイントは?

今回はクラムシェルエクササイズを行う際に注意すべきポイントについて考えるうえで有益な論文をご紹介させていただきました. 股関節屈曲角度を変化させることで中殿筋の筋活動が変化するというのがポイントですね. クライアントへ運動指導を行ううえで参考になる論文ですね.
人工股関節全置換術

中殿筋のトレーニングには側臥位より立位での外転トレーニングが有効?

今回は中殿筋のトレーニングには側臥位より立位での外転トレーニングが有効である可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると立位でのトレーニングは大腿筋膜張筋の活動を抑制したうえで中殿筋・大殿筋の活動を引き出したい場合に有用であると考えられますね.
人工股関節全置換術

THA後には腰痛も改善するのか?腰痛が改善する症例の特徴は?

今回はTHA後には腰痛も改善するのか,また腰痛が改善する症例の特徴を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. THA後に80%以上の症例で腰痛が改善するというのは驚きですね. また腰痛が改善する症例では仙骨傾斜角の変化量が大きいというのもポイントになりそうですね.
人工股関節全置換術

人工股関節全置換術例に対する座位での側方リーチ運動が術後の歩行能力に与える影響

今回は人工股関節全置換術例に対する座位での側方リーチ運動が術後の歩行能力に与える影響を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 側方リーチ運動を高速で繰り返すというトレーニングですが臨床でもすぐに取り入れられそうですので,歩行能力改善に向けたアプローチとしては有用でしょうね.
人工股関節全置換術

小殿筋の股関節外転筋群としての役割以外の重要な機能とは?

今回は小殿筋の股関節外転筋群としての役割以外の重要な機能を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 予想通り小殿筋の外転筋群としての役割というのはあまり大きくないようです. こんごはアウトカムを変化させて股関節のスタビライザーとしての小殿筋の機能に関して検討した論文が待たれますね.
人工股関節全置換術

人工股関節全置換術における脚延長と関節可動域との関連性

今回は人工股関節全置換術における脚延長と関節可動域との関連性を調査した研究論文をご紹介させていただきました. 予想通り脚延長量が大きいほど可動域制限が大きいといった結果でしたね. 理学療法士・作業療法士も脚延長量を把握したうえで可動域がどの程度改善するのか予測を行う必要がありますね.
人工股関節全置換術

THA後にどのくらいの症例が転倒を経験するのか?

今回はTHA後にどのくらいの症例が転倒を経験するのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 術後5年が経過しても3人に1人が転倒を経験するというのは興味深いですね. 一般的な地域在住高齢者における転倒発生率20%よりも転倒発生率が高いといった点も注目すべき点ですね.
人工股関節全置換術

脚長差補正が立ち仕事をする労働者の骨盤・股関節の運動特性に与える影響

今回は脚長差補正が立ち仕事をする労働者の骨盤・股関節の運動特性に与える影響を検討した研究論文をご紹介させていただきました. 健常例に対しても脚長差の補正を行うことで股関節・骨盤セグメントのマルアライメントが改善されるといった結果ですね. 経時的な評価をきちんと行ったうえで脚長差補正を行うことには意味がありそうですね.
人工股関節全置換術

THA後の固有感覚障害やバランス障害は術後経過で改善するのか?

今回はTHA後の固有感覚障害やバランス障害は術後経過で改善するのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 5年が経過しても固有感覚障害が残存しているというのは興味深いですね.
人工股関節全置換術

前方アプローチによるTHA例においてiliocapsularis muscleと腸骨大腿靭帯が果たす役割

今回は前方アプローチによるTHA例においてiliocapsularis muscleと腸骨大腿靭帯が果たす役割を考えるうえで参考にできる論文をご紹介させていただきました. やはり前方安定性を考えるうえではiliocapsularis muscleの役割は重要になりそうですね. iliocapsularis muscleにターゲットを当てた運動療法の必要性が示唆される結果ですね.
人工股関節全置換術

脱臼予防を目的とした脱臼予防包帯が人工股関節全置換術後の脱臼予防に有効?

今回は脱臼予防を目的とした脱臼予防包帯が人工股関節全置換術後の脱臼予防に有効かどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 易脱臼性の無い症例においてもその効果が確認できなかったということですね. 介入群でも脱臼が発生しておりますし,包帯の強度で脱臼を予防するのは難しいのかもしれませんが,易脱臼性を有する症例においてはこういったツールを検討するのも1つなのかもしれませんね.
人工股関節全置換術

人工股関節全置換術によるアライメント変化が同側の膝関節痛に与える影響

今回は人工股関節全置換術によるアライメント変化が同側の膝関節痛に与える影響を調査した研究論文をご紹介させていただきました. かなりの割合で人工股関節全置換術後に膝関節痛にも改善が得られるといった結果ですね. 一方で前屈姿勢が強い方は膝関節痛が残存しやすいというのは非常に重要なポイントになりそうですね.
人工股関節全置換術

サルコペニアの有無がTHA後のアウトカムに与える影響

今回はサルコペニアの有無がTHA後のアウトカムに与える影響を調査した研究論文をご紹介させていただきました. 比較的若い症例の多い人工股関節全置換術例においても比較的多くの症例がサルコペニアを合併しているということですね. やはり誰もがサルコペニアを合併している可能性があるといった認識を持って理学療法・作業療法を行う必要がありますね.
人工股関節全置換術

側臥位で闇雲に股関節外転運動を行っても中殿筋の筋活動は増加しない?

今回は側臥位で闇雲に股関節外転運動を行っても中殿筋の筋活動は増加しない可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます. 非常に面白い結果ですね. 運動負荷を増やしても中殿筋の筋活動は増加せず,腰方形筋の筋活動ばかりが増加しているといった結果ですね. こう考えると側臥位姿勢で外転トレーニングを行う場合には,闇雲に負荷を増やしても中殿筋の筋活動は増加しない可能性が考えられます.
人工股関節全置換術

理学療法士・作業療法士の人工股関節全置換術・人工骨頭置換術後の脱臼に関する理解が危険 前方アプローチでも後方脱臼するのは常識

今回は理学療法士・作業療法士の人工股関節全置換術・人工骨頭置換術後の脱臼に関する理解が危険だといったお話でした. 理学療法士・作業療法士は画像や手術所見,術後経過日数に加えて症例毎の性格や活動の特性をきちんと評価したうえで脱臼予防のための指導を行う必要がありますね.
人工股関節全置換術

大腿筋膜張筋に関する新知見 屈曲位と伸展位で回旋作用が変化する?

今回は大腿筋膜張筋の回旋作用に関する新しい知見をご紹介させていただきました. 大腿筋膜張筋は股関節90°屈曲位では内旋ではなく外旋に作用することが示唆されますね. 大腿筋膜張筋に限った話ではありませんが,股関節周囲筋は屈曲位と伸展位では筋活動が変化しますので,単純ではありませんね.
人工股関節全置換術

前方アプローチによるTHA後の大腿外側部の疼痛に関する調査結果

今回は前方アプローチによるTHA後の大腿外側部の疼痛に関する調査結果をご紹介させていただきました. 比較的遭遇することの多い大腿外側部痛の危険因子を明らかにした非常に貴重な研究論文だと思います. 理学療法士・作業療法士が大腿外側部痛を有する症例に出会う機会は少なくないと思いますので参考になる結果ですね.
人工股関節全置換術

人工膝関節全置換術と人工股関節全置換術の違いって?

今回は人工膝関節全置換術と人工股関節全置換術の違いについて考えてみました. 理学療法士・作業療法士であれば人工膝関節全置換術と人工股関節全置換術を同一疾患と考える方は少ないかもしれませんが,まったく異なる病態として改めて認識する必要があるでしょうね.
人工股関節全置換術

荷重下で中殿筋のトレーニングを効率的に行うには?

今回は荷重下で中殿筋のトレーニングを効率的に行ううえでヒントになる論文をご紹介させていただきました. 対側上肢に負荷を加えて水平外転するといった方法で効率的に中殿筋の筋収縮を得られそうですね.
人工股関節全置換術

人工股関節全置換術は股関節痛のみならず腰痛の改善にも有効?

今回は人工股関節全置換術は股関節痛のみならず腰痛の改善にも有効かどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. THAを行うことで股関節痛のみならず腰痛の改善にもつながるというのは興味深いですね.
人工股関節全置換術

THA後のアウトカムってインプラントの種類によって差があるの?

今回はTHA後のアウトカムにインプラントの種類によって差があるのかを明らかにした論文をご紹介させていただきました. インプラントの相違によるアウトカムの変化はMCID範囲内の誤差にすぎないのかもしれませんね. 臨床上もインプラントの相違以外の影響が大きいことは明白です.
人工股関節全置換術

人工股関節全置換術(THA)例の術中の股関節外旋可動域が靴下着脱動作・爪切り動作と関連

今回は人工股関節全置換術(THA)例の術中の股関節外旋可動域が靴下着脱動作・爪切り動作との関連を示した研究論文をご紹介させていただきました. この結果から考えると術中の外旋可動域を把握することが非常に重要です. またステムが過度に前捻している症例では外旋可動域の獲得が難しくなることが予測されますので,靴下着脱動作や爪切り動作の獲得が阻害される可能性が考えられます.
人工股関節全置換術

人工股関節全置換術(THA)症例における立ち上がり動作特性を明らかにしたシステマティックレビュー論文

今回は人工股関節全置換術(THA)症例における立ち上がり動作特性を明らかにしたシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました. 長期にわたって立ち上がり動作の非対称性が残存することが明らかになりましたね. われわれ理学療法士・作業療法士はTHA症例における立ち上がり動作の対称性に着目して,アプローチを行う必要がありそうですね.
人工股関節全置換術

THAが外来で行われる時代が来る?

今回はTHAが外来で行われる時代が来る可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 合併症が外来の症例の方が低いというのは驚きですね. 日本とは医療制度が異なるとはいえ将来的には日本でも外来手術となる日が来るのでしょうか?
人工股関節全置換術

人工股関節置換術後例の股関節外転筋の質的評価の有用性

今回は人工股関節術後例を対象として股関節外転筋の質的評価の有用性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. これは非常に興味深い結果ですね. 股関節外転筋(中殿筋)の脂肪浸潤が進行しているクライアントは,術後にトレンデンブルグ歩行を呈する期間が長くなるといった結果ですので,われわれ理学療法士・作業療法士も中殿筋の質の向上に向けたアプローチが必要になると考えられます.
タイトルとURLをコピーしました