TKA後の膝関節屈曲位でのポジショニングは血流うっ滞につながるのか?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

TKA後の膝関節屈曲位でのポジショニングは血流うっ滞につながるのか?

人工膝関節全置換術後の理学療法では深部静脈血栓症の予防が重要となります.

深部静脈血栓症の予防を図るためには下肢挙上や早期離床が重要となりますが,ポジショニングってどうなのでしょうか?

例えば人工膝関節全置換術後に膝関節屈曲位でポジショニングを行うと血流がうっ滞して深部静脈血栓症の発生につながりやすいのでしょうか?

今回はTKA後の膝関節屈曲位でのポジショニングは血流うっ滞につながるのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます.

青いベッドと枕付きマットレス

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Orthopedics. 2022 Oct 6;1-5. doi: 10.3928/01477447-20221003-06. Online ahead of print.

Influence of Limb Position on Venous Blood Flow After Total Knee Arthroplasty: A Prospective Randomized Study

Thomas G Ryan, Nicholas Miladore, Jason T Ryan, Julia N Miladore, Sean P Ryan

PMID: 36206511 DOI: 10.3928/01477447-20221003-06

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Previous studies have suggested a clinical advantage when placing the limb in flexion after total knee arthroplasty (TKA). We sought to measure venous flow compared with control values after TKA. Our hypothesis was that the knee flexed positioning would not adversely affect venous flow.

これまでの研究で,人工膝関節全置換術(TKA)後に下肢を屈曲させることが臨床的に有利であることが示唆されております.

この研究ではTKA後のコントロールと比較した静脈流量を測定することを目的としております.

この研究の仮説は,膝関節屈曲位は静脈流に悪影響を与えないというものでありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Two cohorts were prospectively evaluated. First, volunteers were randomized to positions with the knee flexed to approximately 90° or placed in a fully extended (control) position. Venous flow velocity was measured in the femoral vein every 15 minutes for 2 hours. Subsequently, 32 patients were randomized to 1 of these 2 positions after TKA, and venous flow velocity was measured in both the operative and the contralateral limb.

2つのコホートで前向きに評価を行っております.

まず対象者(ボランティア)を膝関節90°に屈曲させた肢位と完全伸展させた肢位(コントロール)に無作為に割り付けております.

15分ごとに大腿静脈の静脈流速を2時間測定しております.

その後,32名のTKA例をこれら2つの体位のいずれかに無作為に割り付け,術側と反対側の両肢の静脈流速を測定しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

In the healthy volunteer cohort, mean venous flow velocity was significantly higher at all time points in the flexion group compared with the extended control group (P<.05). After TKA, mean flow velocity for an extended knee (control) was 28.5 cm/s. Mean flow velocity for the flexed knee, foot-dependent group was 47.2 cm/s (P=.036) and for the flexed knee, foot-elevated group was 30.4 cm/s (P=.618).

健康なボランティア集団では,屈曲群では伸展対照群に比べ,すべての時点で平均静脈流速が有意に高い結果でありました(P<.05).

TKA後,膝伸展位(コントロール)における平均流速は28.5cm/sでありました.

膝関節屈曲位足部非挙上群の平均流速は47.2cm/s(P=.036),膝関節屈曲位足部挙上群は30.4cm/s(P=.618)でありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の考察

Placing the limb in a flexed position after TKA is not detrimental to venous flow velocity and resulted in higher velocities relative to the extended position. Placing the limb at 90° flexion does not cause venous stasis and should not increase the risk of deep venous thrombosis.

TKA後の四肢の屈曲位は静脈流速に悪影響を及ぼさず,伸展位に比べて高い流速を示しました.

90°屈曲位にしても静脈のうっ血は起こらず,深部静脈血栓症のリスクは高まらないと思われます.

 

今回はTKA後の膝関節屈曲位でのポジショニングは血流うっ滞につながるのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えると膝関節屈曲位でのポジショニングが深部静脈血栓症のリスクを高める可能性は低そうですね.

タイトルとURLをコピーしました