理学療法士・作業療法士がミスした時にはどう考えればよい?

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士がミスした時にはどう考えればよい?

理学療法士・作業療法士だって人間ですからミスすることもありますよね.

ミスして先輩に怒られて,嫌な思いをしたという経験をお持ちの方も少なくないと思います.

でもミスした時ってミスの考え方とか捉え方が重要だと思います.

理学療法士・作業療法士がミスした時にはどう考えればよいかについて考えてみたいと思います.

Free photos of Mistake

 

 

 

 

 

 

失敗するのは挑戦したから

何かに失敗した時って勇気を出して何かに挑戦したという証でもあります.

ミスや失敗というのは悔しいかもしれませんがまずは挑戦した自分を褒めてあげましょう.

挑戦していなかったらミスすらできないわけですからね.

要は考えようです.

 

 

 

 

 

 

 

先輩の嫌味はただの感想

ミスした時に理学療法士・作業療法士に向いていないんじゃないなんて嫌味を言われることもあるかもしれません.

ただそれって何の根拠もない先輩の感想です.

そんなしょうもない感想は気にせずに次に向かって進んだ方が賢明です.

 

 

 

 

 

 

 

自分を親友のように勇気づける

自分の同期の理学療法士・作業療法士が失敗したら「大丈夫,また頑張ればいいよ」なんて励ましたりすることってあると思います.

それと同じです.

自分が失敗したら自分にも親友のように接して自分自身を励ましてあげましょう.

 

 

 

 

 

 

 

後悔じゃなくて反省する

あそこでああしていればよかったのになとか,後悔するばかりでは気持ちが落ち込んでしまうばかりです.

失敗した際に重要なのは後悔ではなくて反省です.

反省して次にどう活かすかといった視点が重要です.

ただただ悔やんでいても経験を活かすことができません.

 

 

 

 

 

 

 

周囲の理学療法士・作業療法士を頼りましょう

責任感を持つことはとても重要なことです.

ただ抱え込みすぎると一人では対処できなくなってしまいます.

必要な時には周囲の理学療法士・作業療法士に助けを求めたり協力を求めたりといった行動ができるかどうかも重要です.

 

 

 

 

 

 

 

どうすればうまくいくかを考える

どうしてうまくいかなかったかを考えることも重要ですが,視点を変えてどうしたらうまくいくかといった視点で考えることも重要です.

うまくいかなかった理由ばかりを考えているとなんだかネガティブ思考に陥ってしまいますが,どうすればうまくいくかといったポジティブな視点で考えることができると理学療法士・作業療法士としても大きく成長できるでしょう.

 

 

 

 

 

 

自分に期待しすぎない

もっとうまくできたはず

あの時にこうしていれば

失敗した時ってあれこれ考えてしまいますよね.

ただ自分への過度な期待は自分を苦しめることになってしまいます.

自分はこんなもんと自分に期待しすぎないことも重要です.

 

理学療法士・作業療法士がミスした時にはどう考えればよいかについて考えてみたいと思います.

理学療法士・作業療法士だって人間ですからミスをしてしまうこともあります.

重要なのはミスの捉え方です.

ミスを次に生かせるような考え方ができると理学療法士・作業療法士としての成長にもつながるでしょうね.

タイトルとURLをコピーしました