田中まさし氏が参議院議員に繰り上げ当選

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

田中まさし氏が参議院議員に繰り上げ当選

新年を迎えて約2週間が経過しましたが,理学療法士・作業療法士・言語聴覚士にとって非常に明るいニュースが入ってきました.

自民党の参議院議員(比例代表)選出の現職が辞職したことに伴って,理学療法士の田中まさし氏が繰り上げ当選を果たす見通しとなりました.

今回は田中まさし氏の参議院議員に繰り上げ当選について考えてみたいと思います.

テーブルの近くに立っている人

 

 

 

 

 

 

 

ニュースによると

2023年1月13日に徳島県知事選に無所属で立候補すると表明している自民党の三木亨氏が議員辞職願を提出し許可されました.

これで自民党の参議院議員(比例代表)選出の現職が辞職したことに伴って,理学療法士の田中まさし氏が繰り上げ当選を果たす見通しとなりました.

田中まさし氏はリハビリテーション・介護、医療の充実を訴え,理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等の支持を受け,2019年の参議院選挙に立候補しておりました.

2019年参院選の同党比例名簿に従い,1月中にも総務省の中央選挙管理委員会が正式に当選を決定する見込みです.

 

 

 

 

 

 

 

これは大きい

残念ながら昨年の選挙では小川かつみ氏が惜しくも配線となり,理学療法士の国会議員が国政から姿を消しました.

リハビリテーション専門職である理学療法士が国会にいるのといないのでは大きな違いがありますので,これはかなり大きいです.

かなり喜ばしいニュースですね.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

棚からぼた餅

今回の繰り上げ当選はまさしく棚からぼた餅です.

神様がリハビリテーション専門職を救ってくれようとしているのだと思います.

2024年の同時改定にどこまで影響があるかはわかりませんが,国会議員がゼロの現状よりは良い方向に進む可能性が増えたことには間違いないでしょう.

 

 

 

今回は田中まさし氏の参議院議員に繰り上げ当選について考えてみました.

2023年は理学療法士・作業療法士・言語聴覚士にとって明るい1年になることを期待したいですね.

タイトルとURLをコピーしました