変形性股関節症例に対する殿筋群への介入効果を明らかにしたGait Posture論文

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性股関節症例に対する殿筋群への介入効果を明らかにしたGait Posture論文

変形性股関節症例に対して殿筋群のトレーニングを行う機会は多いと思います.

しかしながら殿筋群へのトレーニングの有効性ってどうなのでしょうか?

今回は変形性股関節症例に対する殿筋群への介入効果を明らかにしたGait Posture論文をご紹介させていただきます.

黒革の表面のクローズ アップの写真の上に座っている女性

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Gait Posture. 2022 Dec 1;100:33-40. doi: 10.1016/j.gaitpost.2022.11.016. Online ahead of print.

Comparison between a targeted exercise program and a sham intervention on gluteal muscle activity in people with hip osteoarthritis: Analysis of secondary outcomes from a randomised clinical trial

Zachary P J Rostron 1, Anita Zacharias 2, Adam I Semciw 3, Michael Kingsley 4, Tania Pizzari 5, Stephanie J Woodley 6, Rodney Green 2

Affiliations expand

PMID: 36469965 DOI: 10.1016/j.gaitpost.2022.11.016

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: People with hip osteoarthritis (OA) typically display altered gluteus minimus (GMin) and gluteus medius (GMed) activity during gait, in addition to reduced walking speed and stride length. It is unknown if current rehabilitation programs address changes in gluteal muscle activity in people with hip OA.

変形性股関節症例では歩行速度と歩幅の減少に加えて,歩行中の小殿筋(GMin)および中殿筋(GMed)の活動が変化することが一般的です.

現在のリハビリテーションプログラムが変形性股関節症例の殿筋群の筋活動の変化に対応しているかは不明であります.

 

 

 

 

 

 

 

研究疑問

Research question: Can a targeted gluteal intervention restore normal gluteal muscle segment activity during gait in people with hip OA?

変形性股関節症例においてターゲットを絞った臀部への介入によって,歩行時の臀部筋群の活動を正常に戻すことができるのかどうかといった点が研究疑問となっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: This study presents secondary outcomes from a multi-site, double-blinded clinical trial in which participants with radiologically confirmed mild-moderate hip OA were randomised into a targeted gluteal or sham intervention for 12-weeks following baseline testing. Electromyography (EMG) outcomes were only conducted at a single site and data were collected from 22 participants. Intramuscular electrodes were inserted into two segments of GMin (anterior, posterior) and three segments of GMed (anterior, middle, posterior) to record average amplitude, peak amplitude and time to peak (TTP) during the first 60 % of the gait cycle (stance phase) at baseline and post-intervention.

この研究は多施設共同二重盲検臨床試験の副次的結果について調査したものです.

この研究ではX線上で軽度・中等度の変形性股関節症が確認された対象者に対して,ベースライン試験後12週間,臀部にターゲットを当てた介入またはプラセボ介入に無作為に割り付けられております.

筋電図(EMG)の結果は1つの施設でのみ実施され,22例の対象者からデータを収集しております.

小殿筋の2つのセグメント(前・後)と中殿筋の3つのセグメント(前・中・後)に筋肉内電極を挿入し,ベースラインと介入後の歩行サイクルの最初の60%(立脚相)における平均振幅,ピーク振幅およびピークまでの時間(TTP)を記録しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Following the targeted gluteal intervention, posterior GMin displayed a decrease in average (P = 0.032, ES=1.04) and peak (P = 0.017, ES=1.17) muscle activity during late stance phase with a shift to an earlier TTP (P = 0.034, ES=1.02). There were no further significant changes between groups for other outcome measures. Similar trends for an earlier TTP were observed for the posterior segment of GMed following the targeted intervention (P = 0.095, ES=0.87). The earlier TTP in the posterior segments of both GMin and GMed post-intervention resembled patterns observed in a healthy young population.

臀部への介入後,小殿筋後部は立脚相後期の平均筋活動(P = 0.032, ES = 1.04)およびピーク(P = 0.017, ES = 1.17)の低下を示し,より早いTTP(P = 0.034, ES = 1.02)への移行を示しました.

その他の結果指標については群間でそれ以上の有意な変化は見られませんでした.

中殿筋の後方セグメントにおいても,標的を絞った介入によってピーク振幅およびピークまでの時間が早くなる同様の傾向が認められました(P = 0.095, ES = 0.87).

小殿筋と中殿筋の後方部におけるピーク振幅およびピークまでの時間の早期化は,健康な若年層で観察されるパターンに類似しておりました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の意義

Significance: A targeted gluteal intervention can positively impact activity in posterior GMin during gait in people with hip OA when compared to a sham intervention.

殿筋をターゲットとした介入はプラセボ介入と比較して,変形性股関節症例の歩行中の小殿筋後部の活動にポジティブな影響を与えることができます.

 

今回は変形性股関節症例に対する殿筋群への介入効果を明らかにしたGait Posture論文をご紹介させていただきました.

非常に興味深い研究ですね.

殿筋群へのターゲットを絞った介入が歩行時の筋活動を変化させるといった結果ですね.

やはり殿筋群への介入は必須となりそうですね.

タイトルとURLをコピーしました