この理学療法士・作業療法士関わったら危険と思う瞬間

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この理学療法士・作業療法士関わったら危険と思う瞬間

理学療法士・作業療法士の数も増えましたので本当にいろいろな理学療法士・作業療法士がいますよね.

なかには関わらずにおいたほうが安全な理学療法士・作業療法士もいます.

今回はこの理学療法士・作業療法士関わったら危険と思う瞬間について考えてみたいと思います.

黒と黄色の毒のサイン

 

 

 

 

 

挨拶を返さない

挨拶をしたのに全く挨拶を返してくれない理学療法士・作業療法士がいたらこれは危険です.

挨拶をしない理学療法士・作業療法士は自分の立場を上だと思っている場合が多いです.

上下に関係なく挨拶をされたら返すのが基本です.

この社会人としての基本ができない理学療法士・作業療法士はけっこう危ないかもしれません.

関わらない方が良いでしょう.

 

 

 

 

 

 

 

超気分屋

今は機嫌がいいけど悪い時には話しかけちゃダメって先輩理学療法士・作業療法士いませんか?

いつも機嫌をうかがいながら話しかけないといけないのって疲れますよね.

こんな理学療法士・作業療法士とは関わらない方が身のためです.

 

 

 

 

 

 

人によって態度が変わる

上司や先輩理学療法士・作業療法士,医師に対しては低姿勢なのに,後輩理学療法士・作業療法士やリハビリ助手にはすごく高圧的な態度をとる理学療法士・作業療法士っていますよね.

こうおいった人によって大きく態度を変える理学療法士・作業療法士とは距離を置いた方が良いでしょう.

そばで見ていても気分が良くないです.

 

 

 

 

 

 

 

すぐにパニックになる

理学療法士・作業療法士も毎日単位に追われて多忙な日々を送られている方が多いと思います.

少し業務負荷が高くなるとパニックに陥ってしまう理学療法士・作業療法士には要注意です.

パニックになってミスが続くと自分に飛び火してくることもあります.

 

 

 

 

 

 

クレームが多い

理学療法士・作業療法士が担当するクライアントって理学療法士・作業療法士のことをよく観察しています.

担当じゃないクライアントであってもしっかりと観察されていたりします.

クライアントからのクレームが多い理学療法士・作業療法士は実はちょっとヤバい理学療法士・作業療法士の可能性が高いです.

逆にいつもクライアントから評価されている理学療法士・作業療法士とは積極的に関わった方が良いでしょうね.

 

 

 

今回はこの理学療法士・作業療法士関わったら危険と思う瞬間について考えてみました.

皆様もこの理学療法士・作業療法士に関わったら危険だと感じたら,少し距離を置いた方が賢明です.

タイトルとURLをコピーしました