大腿骨近位部骨折例ってどのくらいでプラトーに達するの?

大腿骨近位部骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大腿骨近位部骨折例ってどのくらいでプラトーに達するの?

最近はプラトーという言葉を聞く機会は少なくなりました.

しかしながらやはり疾病によって回復が得られる期間って決まってますよね.

今回は大腿骨近位部骨折例ってどのくらいでプラトーに達するのかを考えるうえで有益な論文をご紹介させていただきます.

white and gray floral textile

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Observational Study Physiother Res Int. 2022 Jul;27(3):e1947. doi: 10.1002/pri.1947. Epub 2022 Mar 24.

Recovery and prediction of physical function 1 year following hip fracture

Monica Beckmann 1 2, Vigdis Bruun-Olsen 1, Are Hugo Pripp 3 4, Astrid Bergland 3, Toby Smith 5, Kristi Elisabeth Heiberg 1 3

Affiliations expand

PMID: 35332627 DOI: 10.1002/pri.1947

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objectives: To investigate the recovery of physical function, health related quality of life (HRQoL), and pain for people following hip fracture for the initial 12 months, and to examine whether postoperative outcome measures of physical function, HRQoL, and pain can predict physical function at 3 and 12 months.

この研究では大腿骨近位部骨折後12ヶ月間の身体機能、健康関連QOL(HRQoL),痛みの回復を調査し,術後の身体機能,HRQoL,痛みのアウトカム指標が3ヶ月後,12ヶ月後の身体機能を予測できるかどうかを検討することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: A prospective single-center observational study, as part of the HIPFRAC trial.

研究デザインはHIPFRAC試験の一環として行われた前向き単施設観察研究となっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究セッティング

Settings: One hospital with two associated municipalities in Norway.

この研究はノルウェーの1つの病院と2つの関連する自治体で行われた研究です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の対象

Subjects: 207 participants with hip fracture included in the study (140 participants transferred to a short-term nursing home placement and 67 transferred directly home at discharge from hospital).

対象は大腿骨近位部骨折例207例(短期間のナーシングホームへの入所140例,自宅へ直接入所67例)となっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Method: Outcome measures were Short Physical Performance Battery (SPPB), Timed Up & Go (TUG), Stair climbing test (SC), Numeric Rating Scale (NRS) for pain at rest and in activity, and EQ-5D-5L index and health score. Data were analysed by repeated measures of variance and multivariate regression analyses.

アウトカムはShort Physical Performance Battery(SPPB),Timed Up & Go(TUG),Stair climbing test(SC),安静時および活動時の痛みに関するNumeric Rating Scale(NRS),EQ-5D-5L指数および健康スコアとなっております.

データは,反復測定分散法および多変量回帰分析により分析が行われております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: There were statistically significant improvements in physical function (SPPB total score and TUG), NRS-pain in activity, and HRQoL (EQ-5D-5L) from hospital discharge to 3-month follow-up for the whole cohort and the two groups (p < 0.001). However, the largest improvements occurred within the first 3 months. Further statistically significant improvements occurred between 3 and 12 months (p < 0.05). The strongest predictors of physical function at 3 and 12 months post-fracture were physical function (SPPB) at hospital discharge and pre-fracture requirement of a walking aid.

全コホートおよび2群において,退院から3ヵ月後のフォローアップまでに身体機能(SPPB総スコアおよびTUG),NRS-活動時疼痛,HRQoL(EQ-5D-5L)に統計的に有意な改善を認めました(p<0.001).

しかし最も大きな改善は最初の3ヵ月間に起こりました.

さらに3ヶ月から12ヶ月の間に統計的に有意な改善が見られました(p<0.05).

骨折後3ヶ月と12ヶ月における身体機能の最も強い予測因子は,退院時の身体機能(SPPB)と骨折前の歩行補助具の必要性でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: The recovery of physical function, HRQoL, and pain in participants after hip fracture indicates gradual improvements during the initial 12-month follow-up, with the largest improvements within the first 3 months.

大腿骨近位部骨折後の対象者の身体機能,HRQoL,痛みの回復は,最初の12ヶ月間のフォローアップで徐々に改善し,最初の3ヶ月間で最も大きな改善が見られることが示されました.

 

今回は大腿骨近位部骨折例ってどのくらいでプラトーに達するのかを考えるうえで有益な論文をご紹介させていただきました.

理学療法士・作業療法士が目標設定を行ううえではこういったデータって重要です.

最初の3か月以降は著しい改善が得られにくいことを考慮したうえで目標設定を行う必要があるでしょうね.

 

タイトルとURLをコピーしました