疼痛は地域在住高齢者のサルコペニアの原因になり得る

介護予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク

疼痛は地域在住高齢者のサルコペニアの原因になり得る

本邦では地域在住高齢者のサルコペニアが社会問題にもなっております.

サルコペニアはさまざまな原因で起こります.

高齢者の場合には関節痛を有する方も少なくありませんが,疼痛がサルコペニアに与える影響ってどうなのでしょうか?

今回は地域在住高齢者における疼痛とサルコペニアの関連性を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Man

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Am Geriatr Soc. 2022 Nov 4. doi: 10.1111/jgs.18118. Online ahead of print.

Pain as a risk factor for incident sarcopenia in community-dwelling older adults: A 1-year prospective cohort study

Taiping Lin 1, Xiaotao Huang 2, Duan Guo 3, Yanli Zhao 1, Quhong Song 1, Rui Liang 1, Tingting Jiang 1, Xiangping Tu 1, Chuanyao Deng 1, Jirong Yue 1

Affiliations expand

PMID: 36330882 DOI: 10.1111/jgs.18118

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Pain-related muscle disuse and inflammatory reactions may increase the risk of sarcopenia among older adults with pain. Although several studies have examined the association between pain and sarcopenia, the findings are mixed. In the present study, we examined the association of pain as well as pain intensity and location with incident sarcopenia among community-dwelling older adults and explored whether this association differed between men and women.

疼痛に関連した筋の廃用や炎症性変化は,疼痛を有する高齢者のサルコペニアのリスクを高める可能性があります.

いくつかの研究で痛みとサルコペニアの関連について検討されておりますが,その結果には一貫性がありません.

この研究では地域在住の高齢者において,疼痛のみならず疼痛の強さや部位とサルコペニアの発症との関連性を調査し,この関連性が男女間で異なるかどうかを検討することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Pain characteristics, including the presence of pain, intensity (mild, moderate, and severe), and location (multisite, low back, joint, and chest), were self-reported at baseline. Sarcopenia was identified according to the consensus of the Asin Working Group for Sarcopenia 2019 at baseline and 1 year later. Multivariable Poisson regression was used to determine the association of pain status, intensity, and location with incident sarcopenia, respectively.

疼痛の有無,強度(軽度,中等度,重度),部位(多部位,腰,関節,胸)などの痛みの特徴を,ベースライン時に自己申告してもらいました.

サルコペニアは,ベースライン時および 1 年後に Asin Working Group for Sarcopenia 2019 のコンセンサスに従って同定しております.

多変量ポアソン回帰を用いて疼痛の状態,強度,部位とサルコペニアの発症との関連をそれぞれ検討しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Eight hundred seventy-three participants (67.1 ± 4.9 years, 524 female) who were free of sarcopenia at baseline were included, of which 64 (7.3%) developed sarcopenia in the follow-up. The presence of pain was significantly associated with an increased risk of incident sarcopenia in older adults (adjusted RR = 1.83, 95% CI = 1.16-2.89), with a significant risk accumulation in incident sarcopenia upon higher pain intensity. Older adults with multisite pain, low back pain, or joint pain were more likely to develop sarcopenia. Although older men reported a lower prevalence and intensity of pain, their risk of sarcopenia during follow-up was generally more pronounced than older women.

ベースライン時にサルコペニアがなかった873例(67.1±4.9歳,女性524名)を対象として,そのうち64例(7.3%)がフォローアップでサルコペニアを発症しておりました.

疼痛の存在は高齢者におけるサルコペニア発症リスクの増加と有意に関連しており(調整済みRR = 1.83, 95% CI = 1.16-2.89 ),疼痛強度が高くなるとサルコペニア発症リスクが有意に蓄積されました.

また多部位の疼痛,腰痛,関節痛を有する高齢者は,サルコペニアを発症する可能性がより高いことも明らかとなりました.

高齢男性は疼痛の有病率および強度が低いことが明らかとなりましたが,追跡調査中のサルコペニアリスクは一般に高齢女性よりも顕著でありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Older adults with pain had a significantly higher risk of incident sarcopenia, with a significant risk accumulation in sarcopenia development upon higher pain intensity and specific pain location. Additional attention is needed to identify older adults with pain and to implement timely pain interventions to prevent sarcopenia. High-quality randomized controlled trials are warranted to verify the clinical significance of the present study.

疼痛のある高齢者はサルコペニア発症リスクが有意に高く,疼痛の強さや疼痛の部位によってサルコペニア発症のリスクは有意に増加しました.

疼痛を有する高齢者を特定し,サルコペニアを予防するために適時疼痛への介入を実施するために,さらなる注意が必要であります.

この研究の臨床的意義を検証するために、質の高い無作為化対照試験が必要であります.

 

今回は地域在住高齢者における疼痛とサルコペニアの関連性を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました.

疼痛とサルコペニアの関連性というのは予想通りですが,多部位の疼痛,腰痛,関節痛との関連が特に強いといった点も興味深いですね.

疼痛対策がサルコペニアの予防につながる可能性がありますね.

タイトルとURLをコピーしました