変形性膝関節症例の足底圧の特徴は?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例の足底圧の特徴は?

変形性膝関節症例の場合には内反モーメントを軽減するために足部を回内して歩行する方が多いです.

また足部のマルアライメントが内反モーメントを増大させているケースも散見されます

理学療法士・作業療法士も変形性膝関節症例の足部の特徴を知っておく必要があります.

今回は変形性膝関節症例の足底圧の特徴について明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Shoes

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Eur Rev Med Pharmacol Sci. 2022 Sep;26(17):6236-6241. doi: 10.26355/eurrev_202209_29646.

Abnormal foot pressure in older adults with knee osteoarthritis: a systematic review

P Panyarachun 1, C Angthong, P Jindasakchai, P Rajbhandari, N Rungrattanawilai

Affiliations expand

PMID: 36111924 DOI: 10.26355/eurrev_202209_29646

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: Knee osteoarthritis (KOA) is a progressive disease affecting the biomechanics of the knee and other parts of the lower extremities, such as the ankle and foot. Little is known about the pathophysiology of plantar pressure in patients with KOA, which could lead to foot disability. This review aimed to provide more in-depth information regarding the pathophysiology of plantar pressure patterns and their related parameters in older adults with KOA.

変形性膝関節症(KOA)は膝関節をはじめ足関節や足部などの下肢のバイオメカニクスに影響を及ぼす進行性の疾患であります.

足部障害につながる可能性のある変形性膝関節症例の足底圧の病態生理についてはほとんど知られておりません.

この研究では変形性膝関節症例を有する高齢者における足底圧パターンの病態生理とその関連パラメータに関して,より詳細な情報を提供することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Materials and methods: Using the Preferred Reporting Items for Systematic Reviews and Meta-Analyses guidelines, the PubMed database was searched with the keywords “foot pressure and knee osteoarthritis” and “center of pressure and knee osteoarthritis”. The eligible articles were evaluated based on five characteristics: KOA stages, sample size, country, study tool, and findings. The primary outcomes were plantar pressure and center of pressure (COP) in each area. Other outcomes were also evaluated, such as knee flexion angle, knee abductor moment, and clinical scores.

Preferred Reporting Items for Systematic Reviews and Meta-Analysesガイドラインを用い,PubMedデータベースを「foot pressure and knee osteoarthritis」および「center of pressure and knee osteoarthritis」のキーワードで検索しております.

対象となった論文は5つの特徴に基づいて評価されております.

変形性膝関節症例ステージ,サンプルサイズ,国,研究ツール,所見についても調査が行われております.

主要アウトカムは各部位の足底圧と圧力の中心(COP)となっております.

また膝関節屈曲可動域,膝関節内転モーメント,臨床スコアなどの他のアウトカムも評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Nine full-text articles were eligible for review, including 495 participants (256 patients with KOA and 239 healthy individuals). The mean age of patients with KOA was 60.2-77 years. Patients with KOA had a higher tendency for pronounced plantar pressure on the medial forefoot, mid-foot, or the foot’s central area. The COP patterns were shorter and more lateralized in patients with KOA, reflecting the functional ability, pain, and well-being of patients with KOA.

495例(変形性膝関節症例256例,健常者239例)の対象を含む9つのフルテキスト論文がレビューの対象となっております.

変形性膝関節症例の平均年齢は60.2~77歳でありました.

変形性膝関節症例では前足部内側・中足部・足部中央のいずれかに顕著な足底圧がかかる傾向が強い結果でありました.

またCOPパターンは変形性膝関節症例においてより短く,より側方的であり,変形性膝関節症例の機能的能力,痛み,幸福感を反映しておりました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Abnormalities in plantar pressure and COP were observed in older adults with KOA. This information could be a basis for designing biomedical devices, orthoses, and other realignment osteotomies of the lower extremities that could relieve symptoms at the knee or foot, or reduce KOA progression.

高齢な変形性膝関節症例では足底圧とCOPの異常が観察されました.

この情報は膝や足の症状を緩和し変形性膝関節症例の進行を抑制するようなバイオメディカルデバイス,装具,その他の下肢の再調整骨切り術を設計するための基礎となり得るものでありました.

 

今回は変形性膝関節症例の足底圧の特徴について明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

非常に興味深い結果ですね.

変形性膝関節症といっても足底圧の分布は一律ではなく,前足部内側・中足部・足部中央とさまざまな部位に足底圧が集中しているといった点がポイントですね.

対象者に合わせた介入が求められますね.

タイトルとURLをコピーしました