変形性膝関節症例は人工膝関節全置換術によって転倒しにくくなるのか?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例は人工膝関節全置換術によって転倒しにくくなるのか?

最近は90歳を超える高齢者でも人工膝関節全置換術を施行するケースが増えております.

変形性膝関節症による膝痛は転倒や要介護とも関連しておりますので,高齢であっても人工膝関節全置換術を施行することが転倒予防や介護予防につながるものとも考えられます.

しかしながら人工膝関節全置換術を施行することで転倒リスクは軽減されるのでしょうか?

今回は変形性膝関節症例は人工膝関節全置換術によって転倒しにくくなるのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Stairs

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Niger J Clin Pract. 2022 Sep;25(9):1445-1451. doi: 10.4103/njcp.njcp_1856_21.

Effects of total knee arthroplasty on balance and fall risk in elderly patients with severe gonarthrosis: An age- and sex-matched comparative study

S Sargin 1, N S Guler 2, N Sahin 3, A Aslan 4

Affiliations expand

PMID: 36149203 DOI: 10.4103/njcp.njcp_1856_21

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Falls are a severe cause of morbidity and mortality in elderly patients, and gonarthrosis causes a tendency to fall. Total knee arthroplasty (TKA) is a widely used successful surgical procedure for end-stage gonarthrosis.

転倒は高齢者における死亡率および病的状態の重大な原因であり,変形性膝関節症は転倒を引き起こすことが知られております.

人工膝関節全置換術(TKA)は末期の変形性膝関節症に対して広く用いられている成功した手術方法であります.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Aims: To investigate whether there is a difference in the frequency of falls, balance and fall risk, and clinical and radiological results in patients with end-stage gonarthrosis with and without TKA.

この研究では末期変形性膝関節症例を対象として,TKAを行った場合と行わなかった場合で,転倒頻度,バランス,転倒リスク,臨床・放射線学的結果に差があるかどうかを検討することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Patients and methods: This was a single-center, retrospective, case-control study with age- and gender-matched groups. A total of 100 patients over 60 years of age, with end-stage gonarthrosis and who met the inclusion criteria were included in the study. Fall risk was analyzed using the Berg Balance Scale (BBS), TUG tests, and the ITAKI Fall Risk Test. Knee varus angles were measured using standing long-leg radiographs, and radiological gonarthrosis grading was performed. Pain levels and quality of life were assessed using the VAS and WOMAC. Each patient’s knee extensor muscle strength and range of motion were measured.

この研究は年齢と性別をマッチさせた単施設のレトロスペクティブ症例対照研究となっております.

60歳以上の末期変形性膝関節症例で対象基準を満たした計100例を本研究に組み入れております.

転倒リスクはBerg Balance Scale(BBS),TUGテスト,ITAKI Fall Risk Testを用いて分析しております.

膝関節の変形は立位全下肢長X線写真で測定し,X線学的な変形性膝関節症のGradingを行っております.

疼痛レベルとQOLはVASとWOMACで評価しております.

各症例の膝伸展筋力と可動域を測定しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: WOMAC, ITAKI, TUG test, and VAS scores were significantly higher in the control group than in the TKA group. BBS scores were significantly lower in the control group. Although the number of falls was high in the control group, there was no statistically significant difference between the two groups.

WOMAC,ITAKI,TUGテスト,VASスコアはTKA群に比べ対照群で有意に高い結果でありました.

BBSスコアはコントロール群で有意に低い結果でありました.

転倒回数は対照群で多い結果でありましたが,両群間に統計学的有意差はありませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: The results of this study showed that total knee arthroplasty provided statistically significant improvement in the clinical, radiological, and fall risk results of the patients. Although there was a decrease in the frequency of falls compared to the control group, it was statistically insignificant. In addition, in our study, it was evaluated that the most important risk factor for falling was advanced age.

この研究の結果,人工膝関節全置換術は,臨床的・放射線学的,転倒リスクの結果において,統計的に有意な改善をもたらすことが明らかとなりました.

転倒の頻度は対照群に比べ減少しておりましたが,統計学的に有意な差はありませんでした.

またこの研究結果から転倒の最も重要な危険因子は高齢であることが評価されました.

 

 

今回は変形性膝関節症例は人工膝関節全置換術によって転倒しにくくなるのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました.

人工膝関節全置換術によって転倒リスクは軽減するのもの実際の転倒頻度については有意差はないといった結果でしたね.

いずれにしても人工膝関節全置換術後の転倒予防に向けた理学療法・作業療法が重要でしょうね.

タイトルとURLをコピーしました