変形性股関節症例のX線画像と疼痛には関連があるのか?

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性股関節症例のX線画像と疼痛には関連があるのか?

変形性膝関節症についてはX線画像における重症度と疼痛に関連が無いといった話は有名です.

しかしながら変形性股関節症の場合にはどうなのでしょうか?

こういったデータってあまり見たことがありません.

今回は変形性股関節症例のX線画像と疼痛には関連があるのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Skeleton

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Br J Gen Pract. 2022 Jul 26;BJGP.2021.0547. doi: 10.3399/BJGP.2021.0547. Online ahead of print.

Association between hip pain and radiographic hip osteoarthritis in primary care: the CHECK cohort

Guido Am Rondas 1, Erin M Macri 2, Edwin Hg Oei 3, Sita Ma Bierma-Zeinstra 4, Hanneke Bm Rijkels-Otters 5, Jos Runhaar 5

Affiliations expand

PMID: 36127152 DOI: 10.3399/BJGP.2021.0547

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: The diagnosis of hip osteoarthritis (OA) is often based on clinical symptoms, such as pain and stiffness, and radiographic features. However, the association between hip pain and hip radiographic OA (ROA) remains uncertain.

変形性股関節症(OA)の診断は,痛みやこわばりなどの臨床症状やX線写真の特徴に基づいて行われることが多いです.

しかしながら股関節痛と股関節のX線上のOA(ROA)との関連は依然として不明であります.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Aim: To examine the association between hip pain and hip ROA.

この研究では股関節痛とX線上の変形性股関節症との関連性を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design and setting: Cross-sectional analysis of a Dutch cohort, the Cohort Hip and Cohort Knee (CHECK) study.

この研究はオランダのコホート研究であるCohort Hip and Cohort Knee(CHECK)研究のデータを使用した横断的研究となっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Method: The participants (aged 45-65 years) had all experienced hip and/or knee pain for which they had not had a prior consultation or were within 6 months of their first consultation with a GP. Using weight-bearing anteroposterior pelvis radiographs, definite and early-stage hip ROA were defined as Kellgren and Lawrence grade ≥2 and ≥1, respectively. Presence of ROA and pain was assessed in the hips of all participants. The association between hip pain and ROA was assessed using generalised estimating equations.

対象(45~65歳)は全例,股関節痛および/または膝関節痛を経験し,関節痛について過去に診察を受けたことがないか,関節痛の初診から6ヵ月以内でありました.

立位股関節正面像を用いて,X線における変形性股関節症の重症度をKellgren and Lawrence grade 2以上,早期変形性股関節症を1以上と定義しております.

全対象者の股関節における変形性関節症の有無と疼痛を評価しております.

股関節痛と画像上の変形性股関節症との関連は,一般化推定方程式を用いて評価を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The prevalence of definite ROA was 11.0% (n = 218/1982 hips), with prevalence in painful and pain-free hips of 13.3% (n = 105/789) and 9.5% (n = 113/1193), respectively. Prevalence of early-stage hip ROA was 35.3% (n = 700/1982), with prevalence in painful and pain-free hips of 41.2% (n = 325/789) and 31.4% (n = 375/1193), respectively. Compared with pain-free hips, the odds ratio painful hips was 1.51 (95% confidence interval [CI] = 1.16 to 1.98) for definite ROA and 1.47 (95% CI = 1.24 to 1.75) for early-stage ROA.

X線における変形性股関節症の有病率は11.0%(n = 218/1982 hips)であり,疼痛のある股関節と疼痛のない股関節での有病率はそれぞれ13.3%(n = 105/789) と9.5%(n = 113/1193) でありました.

早期変形性股関節症の有病率は35.3%(n=700/1982)であり,有痛・無痛ともそれぞれ41.2%(n=325/789),31.4%(n=375/1193)でありました.

疼痛のない股関節と比較して,疼痛のある股関節のオッズ比は,変形性股関節症で1.51(95%信頼区間[CI]=1.16~1.98)、早期のROAで1.47(95%CI=1.24~1.75)でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Hip pain was associated with definite and early-stage hip ROA, yet the overall ROA prevalence was modest and the prevalence among pain-free hips was substantial. Therefore, radiographs provided little assistance with help to identify patients with hip OA among patients who recently presented with hip or knee complaints.

股関節痛はX線上の変形性股関節症および早期変形性股関節症と関連しておりましたが,変形性股関節症の有病率はわずかであり,疼痛のない変形性股関節症の有病率もかなりのものでありました.

したがって,股関節や膝関節の愁訴を呈した患者の中から変形性股関節症を有する症例を特定するのに,X線写真はほとんど役立たないといった結果でありました.

 

今回は変形性股関節症例のX線画像と疼痛には関連があるのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました.

ややX線上の変形性股関節症と股関節痛の関連が認められるものの,X線から判断できる情報は限られているといった結果ですね.

これはX線画像が重要ではないという話ではなくて,X線の結果だけでは症例の疼痛を判断できないということですね.

疼痛以外にもX線から読み取れるものは多いですからね.

 

タイトルとURLをコピーしました