凍結肩に対する超音波療法の効果はいかに?

肩関節
スポンサーリンク
スポンサーリンク

凍結肩に対する超音波療法の効果はいかに?

凍結肩症例では可動域獲得に難渋することが少なくありません.

関節可動域制限の原因として関節包の癒着が原因となることが多いわけですが,この場合にはコラーゲン密度の高い組織変化を目的として温熱療法が用いられることが多いです.

温熱療法の中でも効果的だとされているのが超音波療法ですがその効果ってどうなのでしょうか?

今回は凍結肩症例に対する超音波療法の効果を明らかにしたシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Back

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Review Int J Environ Res Public Health. 2022 Feb 7;19(3):1859. doi: 10.3390/ijerph19031859.

The Effectiveness of Ultrasound Deep Heat Therapy for Adhesive Capsulitis: A Systematic Review and Meta-Analysis

Jung-Ha Sung 1, Jung-Min Lee 1 2 3, Jung-Hyun Kim 1 4

Affiliations expand

PMID: 35162881 PMCID: PMC8835494 DOI: 10.3390/ijerph19031859

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Adhesive capsulitis occurs with synovial inflammation and capsular fibrosis in the glenohumeral joint, leading to restriction of joint motion and pain. Heat therapy modalities, which aim at modifying dense collagenous tissues are commonly practiced interventions for patients with adhesive capsulitis; however, the effectiveness of ultrasound deep heat therapy (UST) on adhesive capsulitis is still unclear.

肩甲上腕関節の滑膜炎と被膜の線維化を伴う癒着性被膜炎は関節運動制限と疼痛を引き起こすことが知られております.

癒着性関節包炎の症例にはコラーゲン密度の高い組織の変化を目的とした温熱療法がよく行われますが,超音波深部温熱療法(UST)の癒着性関節包炎に対する有効性はまだ不明であります.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: This systematic review and meta-analysis study was conducted to evaluate the effects of UST on the improvement of pain and glenohumeral joint function in adhesive capsulitis compared to (1) no treatment or placebo, and (2) any other therapeutic modalities.

このシステマティックレビューとメタアナリシス研究では,(1)無治療またはプラセボ,(2)他の治療法と比較して癒着性関節包炎による疼痛と肩甲上腕骨関節機能の改善に対する超音波唇部温熱療法の効果を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: A literature search was carried out in January 2021 in Cochrane Central Register of Controlled Trials, PubMed, EMBASE, PEDro, Web of Science, and Google Scholar. The main outcomes of interest were self-reported pain scores, disability scores, and the range of motion. This study was conducted based on the guidelines of the PRISMA (Preferred Reporting Items for Systematic Review and Meta-Analyses) protocols, using random-effects models.

2021年1月にCochrane Central Register of Controlled Trials, PubMed, EMBASE, PEDro, Web of Science, Google Scholarで文献検索を実施しております.

主要アウトカムは自己申告による疼痛スコア,障害スコア,可動域となっております.

この研究はPRISMA(Preferred Reporting Items for Systematic Review and Meta-Analyses)プロトコルのガイドラインに基づいてランダム効果モデルを用いて実施されております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Seven studies were included in the systematic review with five studies forming the basis for meta-analyses. The effects of UST in patients with adhesive capsulitis were compared with placebo, shockwave therapy, corticosteroid injection, platelet-rich plasma injection, or cryotherapy. The results indicated that UST significantly improved pain scores when performed together with exercise and/or other physical modalities compared to placebo; however, whether UST provides benefits for the improvement of disability and/or the range of motion was uncertain in the present results.

7件の研究がシステマティックレビューに含まれ,5件の研究がメタアナリシスの対象となりました.

癒着性関節包炎症例に対する超音波唇部温熱療法の効果は,プラセボ,衝撃波療法,コルチコステロイド注入,多血小板血漿注入,または凍結療法と比較されております.

その結果,超音波唇部温熱療法はプラセボと比較して,運動療法やその他の物理的療法と併用した場合,疼痛スコアを有意に改善することが明らかとなりました.

しかし今回の結果では超音波唇部温熱療法が障害や可動域の改善に有益であるかどうかは不明でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: The present findings suggest that UST as a co-intervention combined with other physical modalities is an effective means of improving the overall pain in patients with adhesive capsulitis.

この研究結果から超音波唇部温熱療法は他の物理的療法と併用することで,癒着性関節炎症例の全般的な疼痛を改善する有効な手段であることが示唆されました.

 

今回は凍結肩症例に対する超音波療法の効果を明らかにしたシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました.

凍結肩症例に対する疼痛改善,可動域改善に難渋することは少なくないと思います.

1つの打開策として超音波唇部温熱療法を追加するといった方法を知っておくとよいですね.

タイトルとURLをコピーしました