多職種による離床時間の延長は能力改善に有効?

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

多職種による離床時間の延長は能力改善に有効?

理学療法士・作業療法士の仕事って個別のリハビリテーションサービスの提供だけじゃありませんよね?

担当するクライアントの病棟でのリハビリテーションをいかにマネジメントするかという側面も非常に重要です.

24時間のうちの40分にかかわったくらいでクライアントはよくなりませんからね.

いかに個別のリハビリテーション以外の時間の身体活動量を増やすかといった点が課題となります.

そのため理学療法士・作業療法士は病棟での離床時間を延長すべくさまざまなアプローチをされると思いますが,本当に離床時間の延長というのは能力改善につながるのでしょうか?

今回は多職種による離床時間の延長は能力改善に有効かどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

blue bed and mattress with pillows

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Observational Study Aging Clin Exp Res. 2020 May;32(5):913-920. doi: 10.1007/s40520-019-01269-5. Epub 2019 Jul 20.

Is increased “stay away from bed” time associated with improved clinical rehabilitation outcomes in Japanese rehabilitation hospitals? A prospective observational study and clinical practice

Ichiro Murayama 1, Tsuyoshi Asai 2, Shogo Misu 3 4, Masaya Yamauchi 5, Azumi Miura 6, Takeshi Ikemura 7, Takahiro Takehisa 8, Yozo Takehisa 7

Affiliations expand

PMID: 31327123 PMCID: PMC7190592 DOI: 10.1007/s40520-019-01269-5

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: A comprehensive team approach for increasing stay away from bed time (SaB-time) called CASaB was conducted at multiple rehabilitation hospitals.

CASaBと呼ばれる離床時間(SaB-time)増加のための包括的なチームアプローチを複数のリハビリテーション病院で実施しました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Aims: The aim of the present study was to investigate the association between SaB-time and clinical rehabilitation outcomes (CROs) before introducing CASaB (observational phase), and comparing CROs before and after CASaB (CASaB phase).

この研究では離床時間増加のための包括的なチームアプローチ導入前(観察期),離床時間増加のための包括的なチームアプローチのリハビリテーションアウトカムと離床時間の関連性を比較検討することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: This prospective observational study included patients who were admitted to nine rehabilitation hospitals, with complete data. The final analysis included 197/229 patients in the observation phase, and 229/256 patients in the CASaB phase. We first tested whether SaB-time was positively associated with CROs in an observational study, then compared CROs before and after CASaB.

この前向き観察研究は9つのリハビリテーション病院に入院し完全なデータを持つ症例を対象としております.

最終的な解析対象は観察期197/229例,離床時間増加のための包括的なチームアプローチ期229/256例でありました.

まず観察研究で離床時間がリハビリテーションアウトカムと正の相関があるかどうかを検証し,次に離床時間増加のための包括的なチームアプローチの前後でリハビリテーションアウトカムを比較しました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: In the observation phase, longer SaB-time was significantly associated with greater rehabilitation efficiency (REy) after adjusting for confounders (standardized β = 0.20, p = 0.007). In a comparison of CROs before and after CASaB, the length of hospital stay during the CASaB phase was significantly shorter than during the observational phase (61.5, 57.6-65.4 days vs 75.6, 71.4-79.9 days, p < 0.001), and the REy after CASaB was significantly greater than that before the CASaB (0.38, 0.33-0.42/day vs 0.28, 0.25-0.33/day, p = 0.006).

観察期では交絡因子調整後,離床時間の長さはリハビリテーション効率(REy)の高さと有意に関連しました(標準化β=0.20、p=0.007).

離床時間増加のための包括的なチームアプローチ前後のリハビリテーションアウトカムの比較では,離床時間増加のための包括的なチームアプローチ期の入院期間は観察期よりも有意に短く(61.5, 57.6-65.4 日 vs 75.6, 71.4-79.9 日,p < 0.001 ),離床時間増加のための包括的なチームアプローチ後のリハビリテーション効率は離床時間増加のための包括的なチームアプローチ前よりも有意に大きい結果でありました(0.38, 0.33-0.42/day vs 0.28, 0.25-0.33/day,p = 0.006 ).

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の考察

Discussion: The current results suggest that increasing SaB-time may help the recovery of functional abilities, particularly for patients in rehabilitation hospitals.

今回の結果から,離床時間の増加は,特にリハビリテーション病院に入院している患者の機能的能力の回復に役立つ可能性があることが示唆されました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: The CASaB provides a method for improving the recovery efficiency of patients in rehabilitation hospitals.

離床時間増加のための包括的なチームアプローチはリハビリテーション病院に入院している患者の回復効率を向上させるための方法を提供することが明らかとなりました.

 

今回は多職種による離床時間の延長は能力改善に有効かどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

結果は予想通り,離床時間の延長がアウトカムの改善に有効だという結果でありましたね.

この結果から考えてみても担当しているクライアントの病棟での離床時間をいかにマネジメントするかが重要になりそうですね.

タイトルとURLをコピーしました