脳卒中片麻痺例に対する短下肢装具(AFO)の使用は本当に歩行中の背屈角度の改善に有効なのか?

脳卒中
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脳卒中片麻痺例に対する短下肢装具(AFO)の使用は本当に歩行中の背屈角度の改善に有効なのか?

最近は脳卒中片麻痺症例に対しては早期から装具を作成し積極的に歩行練習を行うことが推奨されております.

短下肢装具作成の1つの目的として歩行時のフットクリアランスを向上させることが挙げられます.

しかしながら本当に脳卒中片麻痺症例に対する短下肢装具使用は遊脚期のクリアランスの改善や背屈角度の改善に有効なのでしょうか?

今回は脳卒中片麻痺例に対する短下肢装具(AFO)の使用が歩行中の背屈角度の改善に有効なのかどうかを考えるうえで参考になるシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきます.

AFO 短下肢装具 | 株式会社COLABO

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Review PM R. 2022 Jul;14(7):828-836. doi: 10.1002/pmrj.12687. Epub 2021 Sep 6.

The effect of ankle-foot orthosis on ankle kinematics in individuals after stroke: A systematic review and meta-analysis

Yoshitaka Wada 1, Yohei Otaka 2, Masahiko Mukaino 2, Yasushi Tsujimoto 3 4 5, Akihiro Shiroshita 5 6, Nobuyuki Kawate 1, Shunsuke Taito 5 7

Affiliations expand

PMID: 34369101 DOI: 10.1002/pmrj.12687

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To evaluate whether ankle-foot orthosis (AFO) has a beneficial effect on dorsiflexion angle increase during the swing phase among individuals with stroke and patient-important outcomes in individuals with stroke.

この研究では短下肢装具(AFO)が脳卒中症例の遊脚相における背屈角増加および転帰に対して有益な効果を持つかどうかを明らかにすることを目的とし得取ります.

 

 

 

 

 

 

 

文献調査

Literature survey: Randomized controlled trials (RCTs), randomized crossover trials, and cluster RCTs until May 2020 were researched through CENTRAL, MEDLINE, EMBASE, PEDro, CINAHL, and REHABDATA databases. Studies reporting on AFO use to improve walking, functional mobility, quality of life, and activity limitations and reports of adverse events in individuals with stroke were included.

2020年5月までの無作為化対照試験(RCT),無作為化クロスオーバー試験,クラスターRCTをCENTRAL,MEDLINE,EMBASE,PEDro,CINAHL,REHABDATAデータベースで調査しております.

脳卒中症例における歩行,機能的移動性,QOL,活動制限を改善するための短下肢装具(AFO)使用に関する研究,および有害事象の報告を対象としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

方法

Methodology: Two independent reviewers extracted the data and assessed the risk of bias. The certainty of evidence was assessed using the Grading of Recommendations, Assessment, Development and Evaluations approach.

独立した2名のレビュアーがデータを抽出し,バイアスリスクを評価しております.

エビデンスの確実性についてはGrading of Recommendations, Assessment, Development and Evaluationsの手法を用いて評価が行われております.

 

 

 

 

 

 

 

 

統合

Synthesis: Fourteen trials that enrolled 282 individuals with stroke and compared AFO with no AFO were included. Compared with no AFO, AFO could increase the dorsiflexion angle of ankle joints during walking (mean difference [MD, 3.7°]; 95% confidence interval [CI], 2.0-5.3; low certainty of evidence). Furthermore, AFO could improve walking ability (walking speed) (MD, 0.09 [m/s]; 95% CI, 0.06-0.12; low certainty of evidence). No study had reported the effects of AFO on quality of life, adverse events, fall frequency, and activities of daily life.

脳卒中症例282例を登録し,短下肢装具(AFO)と短下肢装具(AFO)なしを比較した14件の試験がメタアナリシスの対象となりました.

短下肢装具(AFO)なしと比較して,短下肢装具(AFO)は歩行時の足関節の背屈角度を増加させることが確認されました(平均差[MD, 3.7°]; 95%信頼区間 [CI], 2.0-5.3; 証拠の確実性は低い).

さらに短下肢装具(AFO)は歩行能力(歩行速度)を改善することが確認されました(MD, 0.09 [m/s]; 95% CI, 0.06-0.12; 証拠の確実性は低い).

QOL,有害事象,転倒頻度,日常生活動作に対する短下肢装具(AFO)の効果についてはこれまで報告されていない状況でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Our findings suggest that AFO improved ankle kinematics and walking ability in the short term; nonetheless, the evidence was characterized by a low degree of certainty.

今回の結果から考えると短下肢装具(AFO)は短期的に足関節運動と歩行能力を改善することが示唆されます.

しかしながらエビデンスの確実性は低いという特徴がありました.

 

今回は脳卒中片麻痺例に対する短下肢装具(AFO)の使用が歩行中の背屈角度の改善に有効なのかどうかを考えるうえで参考になるシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました.

エビデンスの確実性は低いものの短下肢装具(AFO)の使用は背屈角度や歩行速度の改善に有用と考えられる結果だと思います.

タイトルとURLをコピーしました