変形性膝関節症例に対する膝関節伸展筋力トレーニングは伸展位と屈曲位のどちらで行った方が効果的?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例に対する膝関節伸展筋力トレーニングは伸展位と屈曲位のどちらで行った方が効果的?

理学療法士・作業療法士が変形性膝関節症例に対して膝関節伸展筋力トレーニングを指導する機会は多いと思います.

膝関節伸展筋力トレーニングを行うにあたって問題となるのがどの肢位でトレーニングを行うのかといった点です.

今回は変形性膝関節症例に対する膝関節伸展筋力トレーニングは伸展位と屈曲位のどちらで行った方が効果的なのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Knee

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Rehabil Res Pract. 2022 Aug 23;2022:2690871. doi: 10.1155/2022/2690871. eCollection 2022.

Isometric Quadriceps Exercises for Patients with Knee Osteoarthritis: A Randomized Controlled Trial Comparing Knee Joint Position Flexion versus Extension

Alaattin Sengul 1, Melek Gunes Yavuzer 2, Ozal Keles 3, Ayse Nur Tunali 2, Deniz Tuncer 4

Affiliations expand

PMID: 36051506 PMCID: PMC9427309 DOI: 10.1155/2022/2690871

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To compare the effect of quadriceps isometric exercises performed in two different positions in addition to the combined physical therapy program on pain, stiffness, and physical function in patients with knee osteoarthritis (OA).

この研究では変形性膝関節症(OA)例の疼痛,関節のこわばり,身体機能に対する,理学療法併用プログラムに加え,2つの異なる肢位で行う大腿四頭筋等尺性エクササイズの効果を比較検討することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: A total of 30 patients with OA (age range 45 to 70 years) who were admitted to Istanbul Private Ekotom Medical Center, Department of Physical Medicine and Rehabilitation Outpatient Clinic, were included. The patients were randomly divided into two groups according to the type of performing the quadriceps isometric exercises as group 1 (performing in knee extension, n = 14) and group 2 (performing in knee flexion, n = 15). All patients also received a combined physical therapy program. Exercise protocols were applied six days a week for four weeks. The pain was evaluated using a 10 cm visual analog scale for pain (VAS) in rest and activity; pain, joint stiffness, and physical function were assessed using the Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index (WOMAC).

Istanbul Private Ekotom Medical Center, Department of Physical Medicine and Rehabilitation Outpatient Clinicに入院した変形性膝関節症例(年齢層45~70歳)30例を対象としております.

対象は大腿四頭筋等尺性運動を行う方法によって,グループ1(膝伸展で行う,n=14)とグループ2(膝屈曲で行う,n=15)の2群に無作為に分類されております.

またすべての症例が複合的な理学療法プログラムを受けております.

運動プロトコルは週6日,4週間実施しております.

疼痛については安静時と活動時に10cmの痛み用視覚的アナログスケール(VAS)を用いて評価し,疼痛,関節のこわばり,身体機能についてはWestern Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index(WOMAC)を用いて評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: A significant difference was found in the VAS and WOMAC scores of both groups in group comparisons (p < 0.05). When the groups were compared in terms of change values, a significant difference was found in the WOMAC stiffness score in favor of group I (p < 0.05).

群間比較では両群のVASスコアとWOMACスコアに有意差が認められました(p<0.05).

変化値で比較した場合WOMAC stiffness scoreではグループ1(伸展位で行う)に有利な有意差が認められました(p < 0.05).

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の考察

Discussion. It is possible to obtain positive results with quadriceps isometric exercises to reduce pain and joint stiffness and increase physical function in patients with knee OA. However, exercises performed in knee extension were found to be more effective in reducing joint stiffness.

変形性膝関節症例において,疼痛と関節のこわばりを軽減し,身体機能を向上させるために,大腿四頭筋等尺性運動で良好な結果を得ることは可能であります.

しかしながら膝関節伸展位で行う運動が,関節のこわばりを軽減する効果が高いことが明らかとなりました.

 

今回は変形性膝関節症例に対する膝関節伸展筋力トレーニングは伸展位と屈曲位のどちらで行った方が効果的なのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えると変形性膝関節症例に対して膝関節伸展筋力トレーニングを実施する場合には膝関節伸展位でトレーニングを行うのが有益であると考えられます.

やはり筋短縮位でのトレーニングが有益ということですね.

タイトルとURLをコピーしました