TKA術後早期の下肢の浮腫,疼痛,機能改善には徒手的リンパドレナージやキネシオテーピングは有用?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

TKA術後早期の下肢の浮腫,疼痛,機能改善には徒手的リンパドレナージやキネシオテーピングは有用?

人工膝関節全置換術後に問題となることが多いのが術後に生じる腫張や浮腫です.

人工膝関節全置換術後の腫張や浮腫は関節可動域制限や筋力低下の原因にもなります.

今回はTKA術後早期の下肢の浮腫,疼痛,機能改善に徒手的リンパドレナージやキネシオテーピングが有用かどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

person sitting on white sand during daytime

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Physiother Theory Pract. 2022 Mar 15;1-9. doi: 10.1080/09593985.2022.2044422. Online ahead of print.

Manual lymphatic drainage and Kinesio taping applications reduce early-stage lower extremity edema and pain following total knee arthroplasty

HandeGuney-Deniz 1, GizemIremKinikli 1, SercanAykar 2, Ceyda Sevinc 1, OmurCaglar 3, Bulent Atilla 3, InciYuksel 4

Affiliations expand

PMID: 35291929 DOI: 10.1080/09593985.2022.2044422

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Controlling early symptoms following total knee arthroplasty (TKA) is critical for long-term outcomes.

人工膝関節全置換術(TKA)後の初期症状をコントロールすることは人工膝関節全置換術の長期予後を考えるうえで重要です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: The purpose of this study was to compare the efficacy of manual lymphatic drainage (MLD) and Kinesio Taping®(KT) applications in terms of reducing lower extremity edema, pain, and improving function in the early postoperative period of TKA.

この研究ではTKA術後早期における下肢の浮腫,疼痛の軽減,機能改善の観点から,徒手的リンパドレナージとキネシオテーピングの効果を比較することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Forty-five female patients with unilateral TKA were allocated to an additional postoperative MLD treatment (n = 15) with exercises, additional Kinesio Taping® (n = 15) with exercises, or exercise-only (n = 15). Lower limb circumference, range of motion (ROM), pain level, and knee osteoarthritis outcome score (KOOS) were compared.

片側TKA施行となった女性45例を術後徒手的リンパドレナージ治療+エクササイズ群と(n=15)とキネシオテーピング+エクササイズ群(n=15),エクササイズ単独群(n=15)に割り付けております.

下肢周囲径,関節可動域(ROM),疼痛レベル,変形性膝関節症アウトカム・スコア(KOOS)を3群で比較しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Both MLD (p < .001; effect size range = 0.65-0.87) and the KT group (p = .001; effect size range = 0.74-0.78) had lower edema and pain levels (MLD group: p < .001; effect size = 0.84; KT group: p < .001; effect size = 0.78) compared to the control group on postoperative day 4. These beneficial effects continued only two weeks postoperatively, and no group differences were found by six weeks.

徒手的リンパドレナージ+エクササイズ群(p<0.001,効果量0.65~0.87),キネシオテーピング+エクササイズ群(p=0.001,効果量0.74~0.78)ともに術後4日目に対照群と比較して浮腫と疼痛レベルが低下しておりました(MLD群:p<0.001,効果量0.84,KT群:p<0.001,効果量0.78).

これらの効果は術後2週間のみ継続し6週間までに群間差は認められませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Additional MLD or KT applications to standard exercises were both effective on early-stage lower extremity edema and pain levels. Clinicians might implement one of these applications to the standard rehabilitation programs to control pain and edema following TKA.

標準的なエクササイズに徒手的リンパドレナージまたはキネシオテーピングを追加することは,いずれも早期の下肢浮腫と疼痛レベルに対して有効でありました.

TKA後の疼痛と浮腫をコントロールするために,標準的なリハビリテーション・プログラムにこれらのアプリケーションのいずれかを導入することができるでしょう.

 

今回はTKA術後早期の下肢の浮腫,疼痛,機能改善に徒手的リンパドレナージやキネシオテーピングが有用かどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

徒手的リンパドレナージ,キネシオテーピングいずれも有効性が確認されたといった結果ですね.

人工膝関節全置換術後の浮腫対策として参考になる論文だと思います.

タイトルとURLをコピーしました