上肢挙上動作にはコアスタビリティが必須?

肩関節
スポンサーリンク
スポンサーリンク

上肢挙上動作にはコアスタビリティが必須?

臨床では上肢機能には問題が無いにもかかわらず体幹機能の問題によって上肢挙上動作が困難な症例って少なくないと思います.

脳卒中片麻痺症例なんてその典型だと思います.

今回は上肢挙上動作を行ううえではコアスタビリティが必須である可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Pilates

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Musculoskelet Sci Pract. 2022 Jul 15;62:102621. doi: 10.1016/j.msksp.2022.102621. Online ahead of print.
Effects of core stability on shoulder and spine kinematics during upper limb elevation: A sex-specific analysis
Masahiro Kuniki 1, Yoshitaka Iwamoto 2, Nobuhiro Kito 3
Affiliations expand
PMID: 35926474 DOI: 10.1016/j.msksp.2022.102621

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Upper limb elevation begins with core stabilization, but the effects of core stability on shoulder and spine kinematics are unknown. Sex differences also exist in shoulder kinematics and core stability.

上肢の挙上動作はコアの安定化から始まりますが,コアの安定性が肩関節や脊椎運動特性に与える影響は不明であります.

また肩のキネマティクスとコアの安定性には性差が存在します.

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To clarify the effects of core stability on shoulder and spine kinematics during upper limb elevation by taking sex into account.

この研究では性差を考慮し,上肢挙上時の体幹の安定性が肩および脊椎の運動特性に及ぼす影響を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: Cross-sectional.

研究デザインは横断研究となっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: The Sahrmann Core Stability Test, lumbar spine motor control test battery, and Y Balance Test (lower and upper quarters) were performed in 50 healthy young adults. For each test, a principal component (PC) analysis was conducted according to sex; the overall core stability score was calculated. The top and bottom third of the PC scores were defined as high and low score groups, respectively (each group: nine males and eight females). Shoulder and spine kinematics during upper limb elevation were compared separately for males and females.

健常若年成人50例を対象としてSahrmann Core Stability Test,腰椎運動制御テストバッテリー,Y Balance Test(下肢および上肢)を実施しております.

各検査について性別に主成分(PC)分析を行い,体幹安定性総合得点を算出しております.

PCスコアの上位1/3および下位1/3をそれぞれ高得点群および低得点群としております(各群:男性9名、女性8名).

また上肢挙上時の肩および脊椎の運動特性を男女別に比較しております.

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Spinal extension was greater in the low score group by a maximum of 1.9° in males (P < .001; η2 = 0.068) and 1.6° in females (P < .001; η2 = 0.141). In the low score group of females, the scapular posterior tilt was a maximum of 5.6° smaller (P < .001; η2 = 0.221) and glenohumeral elevation was a maximum of 4.5° larger (P < .001; η2 = 0.113) than the high score group of females.

低スコア群では,男性で最大1.9°(P < .001;η2 = 0.068),女性で1.6°(P < .001;η2 = 0.141)脊椎の伸展角度が大きくなっておりました.

女性の低スコア群では,高スコア群に比べ,肩甲骨後傾が最大5.6°小さく(P < .001; η2 = 0.221),肩甲骨挙上が最大4.5°大きい結果でありました(P < .001; η2 = 0.113 ).

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Core stability affected spine and female scapular and glenohumeral kinematics during upper limb elevation. Core stability may be one of the potential contributors to shoulder kinematics, particularly in females.

結論 コアスタビリティは、上肢挙上時の脊柱および女性の肩甲骨・肩甲骨の運動学に影響を及ぼすことがわかった。コアの安定性は、特に女性において、肩のキネマティクスに寄与する潜在的な要因の1つである可能性がある。

 

今回は上肢挙上動作を行ううえではコアスタビリティが必須である可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

やはり仮説通り上肢挙上動作にはコアスタビリティが必須になりますね.

肩関節の機能のみならず体幹機能に目を向けたアプローチが必要ですね.

タイトルとURLをコピーしました