Iliocapsularisは加齢の影響を受けにくい?

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Iliocapsularisは加齢の影響を受けにくい?

近年,股関節周囲筋の中で注目されているのがiliocapsularisです.

Iliocapsularisは下前腸骨棘と前股関節包から起始し,小転子遠位に付着し,寛骨臼形成不全があると肥大して股関節の安定性に寄与するとされています.

しかしながらまだまだよくわかっていない点が多いのもIliocapsularisです.

今回はIliocapsularis性差や年代差を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Beef

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

BMC Geriatr. 2022 May 18;22(1):435. doi: 10.1186/s12877-022-03127-y.

Age- and sex-related differences of muscle cross-sectional area in iliocapsularis: a cross-sectional study

Masahide Yagi 1, Masashi Taniguchi 2, Hiroshige Tateuchi 2, Tetsuya Hirono 2 3 4, Yoshihiro Fukumoto 2 5, Momoko Yamagata 2 5, RyusukeNakai 6, Yosuke Yamada 7 8, Misaka Kimura 8 9, Noriaki Ichihashi 2

Affiliations expand

PMID: 35585587 DOI: 10.1186/s12877-022-03127-y

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: This study aimed to determine in how many individuals the iliocapsularis muscle (IC) could be identified on magnetic resonance imaging (MRI) and whether age and sex are associated with the cross-sectional area (CSA) of the IC.

この研究は、磁気共鳴画像(MRI)上でiliocapsularisを確認できる人がどれくらいいるか,また年齢と性別がiliocapsularisの断面積(CSA)と関連しているかどうかを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Thirty-seven healthy younger adults and 40 healthy older adults were assigned to four groups: 1) 20 younger men; 2) 17 younger women; 3) 20 older men; and 4) 20 older women. The CSAs of the IC, IP, the rectus femoris (RF) and the quadriceps (QUAD) were quantified on an axial MRI.

健常若年成人37例と健常高齢者40例を1)若年男性20例,2)若年女性17例,3)高齢男性20例,4)高齢女性20例の4群に割り付けております.

iliocapsularis,腸腰筋,大腿直筋(RF),大腿四頭筋(QUAD)の断面積を軸位MRIで定量化しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The number of individuals with the identified IC was n = 17 (85.0%) of 20 younger men, n = 15 (88.2%) of 17 younger women, n = 18 (90.0%) of 20 older men, and 19 (95.0%) of 20 older women. Our results showed the main effect of sex, but not age, in the CSA of the IC. The men-groups had larger CSA of the IC than the women-groups; however, no difference in CSA of the IC was found between the younger and older groups. Meanwhile, the main effects of age and sex were found for the IP, RF, and QUAD; thus, younger or men groups have larger CSAs of the three muscles than the older or women groups. The IC muscle can be discriminated in 85% – 95% of healthy individuals.

iliocapsularis が確認された症例は,若年男性20例中17例(85.0%),若年女性17例中15例(88.2%),高齢男性20例中18例(90.0%),高齢女性20例中19例(95.0%)でありました.

その結果,iliocapsularisの横断面積には年齢ではなく性別の主効果が示されました.

男性群は女性群に比べiliocapsularisの筋断面積が大きい結果でありましたが,若年群と高齢群の間ではiliocapsularisの禁断目関に差は見られませんでした.

一方で腸腰筋,大腿直筋,大腿四頭筋については,年齢と性別の主効果が認められました.

したがって若年または男性群は,高齢または女性群よりも3つの筋の断面積が大きいことが明らかとなりました.

iliocapsularisは健常者の85%~95%で識別可能でありました.

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Although sex and age are associated with the CSA of lower-limb muscles other than the IC, only sex is associated with the CSA of the IC.

iliocapsularis以外の下肢筋の断面積は性・年齢と関連しますが,iliocapsularisの断面積と関連するのは性のみでありました.

 

今回はIliocapsularis性差や年代差を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

腸腰筋は加齢の影響を受ける筋として知られておりますが,Iliocapsularisについては加齢の影響を受けないというのは非常に興味深い結果ですね.

タイトルとURLをコピーしました