ベッドレストがバランス機能に与える影響は?

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベッドレストがバランス機能に与える影響は?

理学療法士・作業療法士であれば長期間のベッドレストが廃用性の筋委縮を引き起こすことはご存じだと思います.

長期の寝たきり=筋委縮・筋力低下と考えがちですが,長期のベッドレストって筋力以外にもさまざまな機能に影響を及ぼします.

でもベッドレストがバランス機能に与える影響ってどうなのでしょうか?

今回はベッドレストがバランス機能に与える影響を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

five black rocks

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Musculoskelet Neuronal Interact. 2020 Mar 3;20(1):101-113.

The effect of bed rest on balance control in healthy adults: A systematic scoping review

Tyler M Saumur 1 2 3, Sarah Gregor 1 2, George Mochizuki 4 5, Avril Mansfield 1 3 4, Sunita Mathur 1 2 4

Affiliations expand

PMID: 32131374 PMCID: PMC7104588

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

The objective of this study was to determine the effect of bed rest on balance control and the mechanisms responsible for these changes.

この研究ではベッドレストによるバランス機能低下への影響とその変化のメカニズムを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Searches were conducted in six databases. Studies had to be conducted on healthy adults who were subjected to bed rest (≥5 days), with balance control measures obtained before and after bed rest in order to be included. Risk of bias was assessed using the NIH Quality Assessment Tool for Observational Cohort and Cross-Sectional Studies.

この研究では6つのデータベースを用いて文献検索が行われております.

ベッドレスト(5日以上)を行った健常成人を対象として,ベッドレスト前後にバランスコント機能の測定が行われた研究を対象としております.

バイアスリスクはNIH Quality Assessment Tool for Observational Cohort and Cross-Sectional Studies(観察コホートおよび横断研究のためのNIH品質評価ツール)を用いて評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

After screening 9,785 articles, 18 were included for qualitative synthesis. Fifteen studies found decrements in at least one balance control measure following bed rest, either compared to baseline or controls, with eight studies observing impairments in >50% of their balance control measures. Of the 14 studies that included an intervention, four (mechanical stimuli, lower-body negative pressure, and training targeting strength, balance and/or aerobic capacity) successfully offset the majority of balance control deficits and targeted the musculoskeletal and cardiovascular systems.

9,785件の論文をスクリーニングした結果,18件が質的統合の対象となりました.

15件の研究でベースラインまたは対照群と比較して,ベッドレスト後に少なくとも1つのバランス機能が低下していることが示され,8件の研究ではバランス機能の50%超に障害が観察されました.

介入を含む14件の研究のうち,4件(機械的刺激,下半身陰圧,筋力・バランス・有酸素能力を対象としたトレーニング)は,筋骨格系と心血管系を対象とし,バランスコントロール障害の大部分をうまく相殺することができました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の考察

The findings of this review support bed rest negatively affecting balance control in healthy individuals. In clinical populations, these deficits may be further accentuated due to various comorbidities that impact balance control systems.

このレビューの結果から,ベッドレストが健常例のバランスコントロールに負の影響を及ぼすことが明らかとなりました.

臨床ではバランスコントロールシステムに影響を与える様々な併存疾患により,バランス機能低下はさらに助長される可能性があります.

 

今回はベッドレストがバランス機能に与える影響を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

廃用症候群といえば関節拘縮とか筋力低下を頭に浮かべる方が多いと思いますが,この結果を考えると長期のベッドレストはバランス機能を低下させる可能性があるということですね.

長期臥床後のクライアントに対してはバランス機能の改善も考慮すべきですね.

タイトルとURLをコピーしました