骨格筋量のみならず骨格筋の質が高齢者の転倒リスクと関連

介護予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク

骨格筋量のみならず骨格筋の質が高齢者の転倒リスクと関連

これまで数多くの研究で骨格筋量と高齢者の転倒との関連性が明らかにされております.

骨格筋に関する評価としては最近は脂肪変性などの筋の質を評価することが重要視されてきております

しかしながらこの筋の質と転倒リスクには関連があるのでしょうか?

今回は骨格筋量のみならず骨格筋の質が高齢者の転倒リスクと関連を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Accident

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Bone. 2022 Jun 22;116474. doi: 10.1016/j.bone.2022.116474. Online ahead of print.

Combined effect of lower muscle quality and quantity on incident falls and fall-related fractures in community-dwelling older adults: A 3-year follow-up study

Minoru Yamada 1, Yosuke Kimura 2, Daisuke Ishiyama 2, Yuhei Otobe 2, Mizue Suzuki 2, Shingo Koyama 2, Hidenori Arai 3

Affiliations expand

PMID: 35752409 DOI: 10.1016/j.bone.2022.116474

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: Falls and fractures are serious geriatric adverse events worldwide, and skeletal muscle is considered to be a key factor in these incidents. The objective of this study was to investigate the combined effect of lower muscle quality and quantity on the incidence of falls and fall-related fractures in a 3-year follow-up period among community-dwelling older adults.

転倒・骨折は世界的に深刻な老年期の有害事象であり,骨格筋はこれらの事故の重要な要因と考えられております.

この研究では地域在住高齢者における3年間の追跡期間において,筋肉の質と量の低下が転倒および転倒関連骨折の発生率に及ぼす複合的な影響について調査することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: We recruited community-dwelling adults aged 65 years and older who were living independently in 2018. A total of 773 older participants were analyzed in this study. The outcomes were incident falls and fall-related fractures during the 3-year follow-up period. At baseline, we assessed muscle quality and quantity using ultrasonography, and we categorized the participants into four groups based on their combination of poor/better muscle quality and poor/better muscle quantity. Cox proportional hazards models were used to estimate the hazard ratios (HRs) and 95 % confidence intervals (CIs) of the relationships among items in the four groups and the time to incident falls and fall-related fractures.

2018年に自立して生活している65歳以上の地域在住高齢者をリクルートしております.

合計773例の高齢者を対象としております.

アウトカムは3年間のフォローアップ期間中の転倒事故および転倒関連骨折としております.

ベースライン時に超音波検査で筋肉の質と量を評価し,筋肉の質が悪い/良い,筋肉の量が悪い/良いの組み合わせにより,4群に分類しております.

Cox比例ハザードモデルを用いて,4群の項目と転倒および転倒関連骨折の発生までの時間との関係のハザード比(HR)および95%信頼区間(CI)を推定しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: During the 3-year follow-up period, 178 participants (23.0 %) had a fall incident and 51 participants (6.6 %) had fall-related fractures. Older adults with lower muscle quality and quantity had significantly elevated risks of incident falls according to multivariate analyses using older adults with better muscle quality and quantity as the reference (adjusted HR: 1.54 [95 % CI 1.06-2.23]). However, there were no significant differences in fall-related fractures among the four groups.

3年間の追跡期間中に178例(23.0%)に転倒が発生し,51例(6.6%)に転倒に関連した骨折を認めております.

筋肉の質と量が低い高齢者は,筋肉の質と量が良い高齢者を基準とした多変量解析によると,転倒事故のリスクが有意に上昇しておりました(調整後HR: 1.54 [95 % CI 1.06-2.23] ).

しかしながら転倒に関連する骨折については4群間で有意差はありませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: We found that lower muscle quality and quantity led to higher incidents of falls; thus, identifying community-dwelling older adults with lower muscle quality and quantity is necessary to provide them fall preventive measures and maybe to reduce fall-related outcomes.

筋肉の質と量が低い地域在住高齢者を特定することは,転倒予防策を提供するために必要であり,おそらく転倒関連の転帰を減少させることができると考えられます.

 

今回は骨格筋量のみならず骨格筋の質が高齢者の転倒リスクと関連を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

非常に興味深い結果ですね.

この結果から考えると高齢者の転倒を考えるうえでは筋の量のみならず質を評価することが重要であると考えられます.

また転倒に関連する骨折については筋の量や質と関連しないといった結果も興味深いですね.

早く筋の質を簡易的に測定する方法が考案されること,筋の質を改善する運動療法が明らかにされることが望まれますね.

タイトルとURLをコピーしました