コア安定化エクササイズとコアの強化エクササイズではどちらが有効?

腰部
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コア安定化エクササイズとコアの強化エクササイズではどちらが有効?

理学療法士・作業療法士がクライアントに対してコアエクササイズを指導することは少なくないと思います.

コアエクササイズの種類も様々ですが,コアを安定化させるエクササイズやコアを強化するエクササイズがあります.

これってどちらが有効なのでしょうか?

今回はコア安定化エクササイズとコアの強化エクササイズではどちらが有効なのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Pilates

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Randomized Controlled Trial BMC MusculoskeletDisord. 2021 Nov 30;22(1):998. doi: 10.1186/s12891-021-04858-6.

Effects of core stabilization exercise and strengthening exercise on proprioception, balance, muscle thickness and pain related outcomes in patients with subacute nonspecific low back pain: a randomized controlled trial

SuSu Hlaing 1 2, RungthipPuntumetakul 3 4, EiEiKhine 5, Rose Boucaut 6

Affiliations expand

PMID: 34847915 PMCID: PMC8630919 DOI: 10.1186/s12891-021-04858-6

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Background: Therapeutic exercises are used in clinical practice for patients with low back pain (LBP). Core stabilization exercises can retrain the important function of local trunk muscles and increase the accuracy of the sensory integration process for stability of the spine in individuals with LBP. The aim of this study was to compare the effects of two different exercise regimes, Core stabilization exercises (CSE) and Strengthening exercise (STE), on proprioception, balance, muscle thickness and pain-related outcomes in patients with subacute non-specific low back pain (NSLBP).

腰痛(LBP)症例に対するさまざまな運動療法が臨床の場で用いられております.

コアスタビライゼーションエクササイズは,体幹の局所筋の重要な機能を再教育し,腰痛症例の脊椎の安定のための感覚統合プロセスの精度を向上させることができます.

この研究では亜急性期の非特異的腰痛症(NSLBP)症例を対象として,体幹安定化運動(CSE)と体幹強化運動(STE)という2つの異なるエクササイズが,固有感覚,バランス,筋厚,疼痛関連アウトカムに及ぼす効果を比較することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Thirty-six subacute NSLBP patients, [mean age, 34.78 ± 9.07 years; BMI, 24.03 ± 3.20 Kg/m2; and duration of current pain, 8.22 ± 1.61 weeks], were included in this study. They were randomly allocated into either CSE (n = 18) or STE groups (n = 18). Exercise training was given for 30 min, three times per week, for up to 4 weeks. Proprioception, standing balance, muscle thickness of transversus abdominis (TrA) and lumbar multifidus (LM), and pain-related outcomes, comprising pain, functional disability and fear of movement, were assessed at baseline and after 4 weeks of intervention.

対象は平均年齢34.78±9.07歳,BMI 24.03±3.20 Kg/m2,疼痛発生からの期間8.22±1.61週の亜急性期非特異的腰痛症例36例となっております.

36例を体幹安定化運動群(n=18)または体幹強化運動群(n=18)のいずれかに無作為に割り付けております.

エクササイズは1回30分,週3回,最長4週間まで行われております.

固有感覚,立位バランス,腹横筋(TrA)と腰部多裂筋(LM)の筋厚,疼痛,機能障害,運動恐怖からなる疼痛関連アウトカムを介入前と介入4週間後に評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The CSE group demonstrated significantly more improvement than the STE group after 4 weeks of intervention. Improvements were in: proprioception [mean difference (95% CI): – 0.295 (- 0.37 to – 0.2), effect size: 1.38, (p < 0.001)], balance: single leg standing with eyes open and eyes closed on both stable and unstable surfaces (p < 0.05), and percentage change of muscle thickness of TrA and LM (p < 0.01). Although both exercise groups gained relief from pain, the CSE group demonstrated greater reduction of functional disability [effect size: 0.61, (p < 0.05)] and fear of movement [effect size: 0.80, (p < 0.01)]. There were no significant adverse effects in either type of exercise program.

体幹安定化運動群は体幹強化運動群に比較して,4週間の介入後に有意な改善を示しました.

改善は以下の通りでありました.

 

固有感覚[平均差(95%CI):- 0.295(-0.37~-0.2),Effect size:1.38,(p<0.001)]

バランス:安定・不安定路面での片足立ちでの開眼・閉眼[p<0.05],

腹横筋と腰部多裂筋の筋厚変化率(p<0.01).

 

両運動群とも痛みの軽減が得られましたが体幹安定化運動群は機能障害[効果量:0.61、(p<0.05)]と運動恐怖[効果量:0.80、(p<0.01)]のより大きな軽減が得られました.

いずれのタイプの運動プログラムでも有意な副作用は認められませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Despite both core stabilization and strengthening exercises reducing pain, core stabilization exercise is superior to strengthening exercise. It is effective in improving proprioception, balance, and percentage change of muscle thickness of TrA and LM, and reducing functional disability and fear of movement in patients with subacute NSLBP.

体幹安定化運動と強化運動の両方が痛みを軽減する一方で,体幹安定化運動は強化運動よりも優れていることが明らかとなりました.

また体幹安定化運動は亜急性期非特異的腰痛症症例において,プロプリオセプション,バランス,腹横筋と腰部多裂筋の筋厚の変化率を改善し,機能障害と運動恐怖の軽減に有効であることが示されました.

 

 

今回はコア安定化エクササイズとコアの強化エクササイズではどちらが有効なのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えると強化よりも安定化が重要だといった結果ですね.

予想撮りといえば予想通りの結果ですね.

タイトルとURLをコピーしました