脊椎圧迫骨折に対する装具は軟性装具よりも硬性装具の方が優れているのか?

脊椎圧迫骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脊椎圧迫骨折に対する装具は軟性装具よりも硬性装具の方が優れているのか?

本邦では脊椎圧迫骨折例に対してはコルセット等の体幹装具を作成して離床を進めることが多いです.

コルセットにもさまざまな種類が存在しますが,大きく分類すると硬性装具と軟性装具に分類することができます.

当然ながら硬性装具の方が高い固定性が得られるわけですが,軟性装具よりも硬性装具の方が治療効果が優れているのでしょうか?

今回は脊椎圧迫骨折に対する装具は軟性装具よりも硬性装具の方が優れているのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

white and brown striped textile

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Clin Med. 2019 Feb 6;8(2):198. doi: 10.3390/jcm8020198.

Comparison of Rigid and Soft-Brace Treatments for Acute Osteoporotic Vertebral Compression Fracture: A Prospective, Randomized, Multicenter Study

Tsuyoshi Kato 1 2, Hiroyuki Inose 3, ShoichiIchimura 4, Yasuaki Tokuhashi 5, Hiroaki Nakamura 6, Masatoshi Hoshino 7, Daisuke Togawa 8, Toru Hirano 9, HirotakaHaro 10, TetsuroOhba 11, Takashi Tsuji 12, Kimiaki Sato 13, Yutaka Sasao 14, Masahiko Takahata 15, Koji Otani 16, SuketakaMomoshima 17, UkihideTateishi 18, Makoto Tomita 19, Ryuichi Takemasa 20, Masato Yuasa 21, Takashi Hirai 22, Toshitaka Yoshii 23, Atsushi Okawa 24

Affiliations expand

PMID: 30736328 PMCID: PMC6406237 DOI: 10.3390/jcm8020198

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

While bracing is the standard conservative treatment for acute osteoporotic compression fracture, the efficacy of different brace treatments has not been extensively studied. We aimed to clarify and compare the preventive effect of the different brace treatments on the deformity of the vertebral body and other clinical results in this patient cohort.

急性骨粗鬆症性圧迫骨折に対する標準的な保存的治療法として装具療法があります.

しかしながら装具の治療法の違いによる影響についてはあまり検討されておりません.

この研究では急性骨粗鬆症性圧迫骨折例を対象として,椎体の変形やその他の臨床結果に対する異なる装具治療法の予防効果を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

This multicenter nationwide prospective randomized study included female patients aged 65⁻85 years with acute one-level osteoporotic compression fractures. We assigned patients within four weeks of injury to either a rigid-brace treatment or a soft-brace treatment. The main outcome measure was the anterior vertebral body compression percentage at 48 weeks. Secondary outcome measures included scores on the European Quality of Life-5 Dimensions (EQ-5D), visual analog scale (VAS) for lower back pain, and the Japanese Orthopaedic Association Back Pain Evaluation Questionnaire (JOABPEQ). A total of 141 patients were assigned to the rigid-brace group, whereas 143 patients were assigned to the soft-brace group.

この多施設共同全国前向き無作為化試験では65~85歳の急性骨粗鬆症性圧迫骨折の女性を対象としております.

受傷後 4 週間以内の症例を,硬性装具と軟性装具のいずれかに割り付けております.

主要アウトカムは,48 週間の時点での前方椎体圧迫率としております.

副次的評価項目はEuropean Quality of Life-5 Dimensions(EQ-5D),腰痛のvisual analog scale(VAS),日本整形外科学会腰痛評価質問票(JOABPEQ)のスコアとしております.

141例を硬性装具群に,143例を軟性装具群に割付けております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

There were no statistically significant differences in the primary outcome and secondary outcome measures between groups.

主要評価項目と副次的評価項目には,群間で統計的に有意な差は認められませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

In conclusion, among patients with fresh vertebral compression fractures, the 12-week rigid-brace treatment did not result in a statistically greater prevention of spinal deformity, better quality of life, or lesser back pain than soft-brace.

結論として新鮮椎体圧迫骨折症例において,12週間の硬性装具治療は軟性装具に比べて,統計的に大きな脊椎変形の防止,QOLの向上,腰痛の軽減をもたらすことはありませんでした.

 

今回は脊椎圧迫骨折に対する装具は軟性装具よりも硬性装具の方が優れているのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

硬性装具でも軟性装具でもアウトカムに差はないといった結果ですね.

装具装着を嫌がる症例も少なくありませんので,クライアントのコンプライアンスを考慮した上でどちらの装具を選択するかを考慮する必要がありますね.

タイトルとURLをコピーしました