下肢の変形性関節症と上肢の変形性関節症の有病率には関連があるのか?

肩関節
スポンサーリンク
スポンサーリンク

下肢の変形性関節症と上肢の変形性関節症の有病率には関連があるのか?

本邦では高齢化に伴い変形性膝関節症や変形性股関節症が増加しております.

また最近では変形性肩関節症に代表されるような上肢関節の関節症に対する手術も増えております.

ここで気になるのが下肢の変形性関節症と上肢の変形性関節症の有病率には関連があるのかといった点です.

変形性膝関節症と変形性股関節症なんかは関連性が明らかにされております.

今回は下肢の変形性関節症と上肢の変形性関節症の有病率には関連があるのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

human X-ray result chart

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Acta Med Okayama. 2022 Apr;76(2):173-177. doi: 10.18926/AMO/63411.

Survey of Shoulder Osteoarthritis in Patients who Underwent Total Hip Arthroplasty for Hip Osteoarthritis

Yoshiaki Miyake 1, Shigeru Mitani 1, Yoshifumi Namba 1, NorifumiUmehara 1, Toyohiro Kawamoto 1, ShuroFuruichi 1

Affiliations expand

PMID: 35503445 DOI: 10.18926/AMO/63411

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

To the best of our knowledge, no previous studies have reported a relationship between osteoarthritis (OA) of the lower limbs and OA of the shoulder joints.

著者らの知る限り,下肢の変形性関節症(OA)と肩関節のOAの関係を報告した先行研究はありません.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

We evaluated the correlation between shoulder OA and hip OA. We collected contrast-enhanced computed tomography (CECT) images of the shoulder joints of 159 patients with hip OA who underwent primary total hip arthroplasty (THA). The images, taken 1 week after THA to monitor venous thromboembolism (VTE), were used to examine the prevalence of shoulder OA. They were compared with those of 103 controls who underwent CECT during the same period to monitor VTE.

この研究では肩関節OAと股関節OAの相関を評価しております.

人工股関節全置換術(THA)を受けた股関節OA159例の肩関節の造影CT(CECT)画像を収集しております.

静脈血栓塞栓症(VTE)のモニタリングのためにTHA後1週間で撮影された画像を用いて,肩関節OAの有病率を検討しております.

この画像をVTEをモニターするために同時期にCECTを受けた103人の対照者の画像と比較しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Shoulder OA was observed in 15% of the controls and 24% of the THA patients. Although the rate was somewhat higher in the THA group, the difference was not significant. However, in the THA group, significantly more patients with bilateral hip OA (33%) had shoulder OA than those with unilateral hip OA (17%).

肩関節症は対照群で15%,THA例群で24%に観察されました.

THA群ではその割合がやや高い結果でありましたが,その差は有意ではありませんでした.

しかしながらTHA群では両側股関節OA例(33%)で片側股関節OA例(17%)よりも有意に多く肩関節症を有しておりました.

 

 

 

 

 

 

研究の結論

In summary, the prevalence of shoulder OA was significantly higher in patients with bilateral hip OA. In these patients, pain and instability in the hip joints require them to use arm support to stand up or walk, putting the weight-bearing shoulder at risk of developing OA.

まとめると両側性股関節OA症例では肩関節OAの有病率が有意に高いことが明らかとなりました.

これらの症例では股関節痛と不安定性によりって,起立や歩行時に上肢で支持する必要があり,荷重の加わる肩関節に変形性関節症が起こるリスクがあると考えられます.

 

今回は下肢の変形性関節症と上肢の変形性関節症の有病率には関連があるのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

非常に興味深い結果ですね.

下肢の関節症のみならず上肢の関節症にも目を向ける必要がありますね.

タイトルとURLをコピーしました