変形性膝関節症例に対する足関節装具および外側楔状足底板の生体力学的および臨床的効果はいかに?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例に対する足関節装具および外側楔状足底板の生体力学的および臨床的効果はいかに?

変形性膝関節症例に対しては外側楔状足底板を用いて内反モーメントの軽減を図る戦略がとられることが多いです.

また足関節装具を用いた足関節のコントロールも内反モーメントの修正に有効な可能性があります.

しかしながらこの外側楔状足底板や足関節装具の効果というのは十分に明らかにされておりません.

今回は変形性膝関節症例に対する足関節装具および外側楔状足底板の生体力学的および臨床的効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Knee, X-Ray, Medical, Anatomy, Skeleton, Bone

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

DisabilRehabil. 2022 Jan 11;1-8. doi: 10.1080/09638288.2021.2019841. Online ahead of print.

A comparison of the biomechanical and clinical effects of a biaxial ankle-foot orthosis and lateral wedge insole in individuals with medial knee osteoarthritis

KouroshBarati 1, Ismail Ebrahimi Takamjani 2, Alireza Shamsoddini 3, Habib EjraeiDolatabad 4

Affiliations expand

PMID: 35014942 DOI: 10.1080/09638288.2021.2019841

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: This study aimed to compare a biaxial ankle-foot orthosis (AFO) with a lateral wedge insole in terms of the biomechanical and clinical outcomes in individuals with knee osteoarthritis.

この研究では,変形性膝関節症例を対象として,二軸性足部装具(AFO)と外側ウェッジインソールを生体力学的および臨床的な観点から比較することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Materials and methods: A cross-over randomized design was used where 31 individuals (25 females and six males, mean age of 52.19 ± 4.12 years) with knee osteoarthritis wore each intervention for two weeks with two weeks washout period. Three-dimensional kinematic and kinetic data and clinical outcomes were collected to evaluate the effects of each intervention on knee adduction moment (KAM), pain, stiffness, and function.

変形性膝関節症例31例(女性25例,男性6例,平均年齢52.19±4.12歳)を対象として,各介入法を2週間装着し,2週間のウォッシュアウト期間を設けたクロスオーバー・ランダム化デザインが用いられております.

三次元運動学的データ,運動学的データ,および臨床結果を収集し,膝関節内転モーメント(KAM),疼痛,こわばり,および機能に対する各介入の効果を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Both orthoses significantly improved pain by 17 and 22%, function by 11 and 14%, the first peak KAM by 15.7 and 19.2%, the second peak KAM by 10.4 and 16.7%, and KAM impulse by 14.8 and 22.2%, respectively. However, the biaxial AFO significantly reduced the KAM and improved function compared to the lateral wedge insole (p < 0.01).

結果両装具とも,疼痛は17%と22%,機能は11%と14%,第1ピークKAMは15.7%と19.2%,第2ピークKAMは10.4%と16.7%,KAM衝動は14.8%と22.2%をそれぞれ有意に改善しております.

しかし2軸AFOは外側ウェッジインソールに比べ,KAMを有意に減少させ、機能を改善しておりました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: The results of this study have shown that both orthoses have a potential role in the conservative management of medial knee osteoarthritis. The biaxial AFO proved statistically better at improving function and KAM; though these differences do not seem to be clinically significant.IMPLICATION FOR REHABILITATIONOrthotic interventions have been reported to be effective in the management of medial knee osteoarthritis.Lateral wedge insole and biaxial ankle-foot orthosis (AFO) are effective in the improvement of pain, function, and knee adduction moment (KAM) in people with medial knee osteoarthritis.The biaxial AFO, compared with lateral wedge insole, contributes to statistically more improvement of function and KAM. However, these differences do not seem to be clinically significant.

この研究の結果,今回検討された2種類の装具はいずれも内側型変形性膝関節症例の保存的治療において潜在的な役割を持つことが明らかとなりました.

二軸性AFOは機能およびKAMの改善において統計的に優れておりましたが,これらの差は臨床的に重要ではないようでありました.

外側ウェッジインソールと2軸足部装具(AFO)は,変形性膝関節症例の疼痛,機能,膝関節内転モーメント(KAM)の改善に有効であることが明らかとなりました.

2軸AFOは外側ウェッジインソールと比較して機能およびKAMの改善に統計的に多く寄与しておりますが,これらの差は臨床的に重要ではないようであります.

 

今回は変形性膝関節症例に対する足関節装具および外側楔状足底板の生体力学的および臨床的効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

生体力学的な側面からみても臨床的な側面から見ても変形性膝関節症例に対する足関節装具および外側楔状足底板の使用は有効であるといった結果ですね.

タイトルとURLをコピーしました