変形性膝関節症例に対する血流制限下での歩行トレーニングの効果

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例に対する血流制限下での歩行トレーニングの効果

筋力トレーニングの方法として血流制限下でのトレーニングが挙げられます.

さまざまな疾病に対して血流制限下でのトレーニングの有効性が示されてきております.

しかしながら筋力トレーニングではなく歩行トレーニングに合わせて血流制限をすると効果はどうなのでしょうか?

今回は変形性膝関節症例に対する血流制限下での歩行トレーニングの効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Bandage, Gauze, Cure, Medical Treatment

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Rehabil Med. 2022 Mar 10. doi: 10.2340/jrm.v54.2163. Online ahead of print.

Blood flow restricted walking in elderly individuals with knee osteoarthritis: a feasibility study

NaajaPetersson 1, StianLanggårdJørgensen, Troels Kjeldsen, Inger Mechlenburg, Per Aagaard

Affiliations expand

PMID: 35266006 DOI: 10.2340/jrm.v54.2163

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To investigate if blood flow restricted walking exercise is feasible in patients suffering from knee osteoarthritis, and secondly to examine changes in functional performance and self-reported function.

この研究では変形性膝関節症例を対象として血流制限下での歩行トレーニングが可能かどうかを検討し,次に機能的パフォーマンスおよび自己申告による機能の変化を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: Feasibility study.

研究デザインはFeasibility研究となっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Patients and methods: Fourteen elderly individuals diagnosed with knee osteoarthritis participated in 8-10 weeks of outdoor walking (4 km/h, 20 minutes/session, 4 times/week) with partial blood flow restriction applied to the affected leg. Adherence, drop-outs and adverse events were registered. Timed-Up&Go, 30-s sit-to-stand performance, 40-m fast-paced walk speed, stair-climbing and Knee Osteoarthritis Outcome Score were assessed pre- and post-training.

変形性膝関節症と診断された高齢者14例を対象として患肢に部分的な血流制限を加えた屋外歩行(時速4km,20分/回,4回/週)を8~10週間実施しております.

アドヒアランス,脱落,有害事象を調査しております.

トレーニング前後にTimed-Up&Go,30秒間の立位保持能力,40mの早速,階段昇降,膝関節症アウトカムスコアなどを評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Nine participants completed the intervention, while five participants withdrew of which four experienced cuff discomfort or exacerbated knee pain. Baseline BMI (p=0.05) and knee pain (p=0.06) were higher while gait performance (p=0.04) was reduced in non-completing participants. Considering completed case data, training-adherence rate was 93%, while mean knee pain in the affected leg was 0.7 on a numerical rating scale from 0-10. Functional performance improved, while self-reported function remained unchanged.

9例の対象者が介入を完了しましたが,5例が離脱し,そのうち4名は下腿三頭筋の違和感や膝痛の悪化を経験しておりました.

ベースラインのBMI(p=0.05)と膝痛(p=0.06)は高く,歩行能力(p=0.04)は非完了者で低下しておりました.

トレーニングの継続率は93%であり,患肢の膝痛の平均値は0~10の数値評価で0.7でありました.

機能的パフォーマンスは改善されておりましたが,自己申告による機能は変化しておりません.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Blood flow restricted walking exercise appeared feasible in patients with knee osteoarthritis although possibly affected by participants’ baseline characteristics. Participants who completed the intervention protocol demonstrated improvements in functional performance, without any changes in self-reported function.

変形性膝関節症例に対する血流制限下歩行トレーニングは,参加者のベースライン特性の影響を受ける可能性はあるものの,実行可能であると思われました.

介入プロトコルを完了した対象者は機能的パフォーマンスの改善を示しましたが,自己申告の機能には変化がありませんでした.

 

今回は変形性膝関節症例に対する血流制限下での歩行トレーニングの効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

血瘤制限下での筋力トレーニングは一般的になってきておりますが,歩行トレーニングとの組み合わせというのも有効である可能性が示唆されるといった結果ですね.

タイトルとURLをコピーしました