短下肢装具(AFO)の底屈制動は矢状面のみならず前額面の運動にも寄与する

脳卒中
スポンサーリンク
スポンサーリンク

短下肢装具(AFO)の底屈制動は矢状面のみならず前額面の運動にも寄与する

脳卒中片麻痺症例に対する装具療法のエビデンスを考えるうえで重要なのが装具装着による運動学的分析です.

理学療法士・作業療法士もまた装具装着によって関節モーメントがどのように変化するのかを知っておく必要があります.

今回はAFOの底屈制動が矢状面のみならず前額面の運動にも寄与する可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

Ankle Foot Orthosis | AFO / GRAFO

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

ProsthetOrthot Int. 2022 May 4. doi: 10.1097/PXR.0000000000000133. Online ahead of print.

The impact of ankle-foot orthosis’s plantarflexion resistance on knee adduction moment in people with chronic stroke

Toshiki Kobayashi 1 2, Grace Hunt 3, Michael S Orendurff 2 4, Fan Gao 5, Madeline L Singer 3, K Bo Foreman 3

Affiliations expand

PMID: 35532368 DOI: 10.1097/PXR.0000000000000133

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: An ankle-foot orthosis (AFO) is used to assist gait of people with chronic stroke. It is widely accepted that AFO’s plantarflexion resistance affects sagittal knee moments during their gait. However, its effect on the coronal knee moment remains unclear. This study aimed to examine the effects of varying articulated AFO’s plantarflexion resistance on knee adduction moment in people with chronic stroke.

短下肢装具(AFO)は,慢性脳卒中症例の歩行を補助するために使用されます.

短下肢装具(AFO)の足関節底屈性制動が歩行時の膝関節矢状面モーメントに影響を与えることは広く知られております.

しかしながら前額面上の膝関節モーメントに及ぼす影響については不明な点が多い状況です.

この研究では,脳卒中症例の歩行において,短下肢装具(AFO)の足関節底屈制動の抵抗量を変化させ,短下肢装具(AFO)の使用が膝関節内転モーメントに及ぼす影響について検討することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Ten people with chronic stroke participated in this study. Gait performance was measured using a Vicon 3-dimensional motion capture system and a Bertec split-belt instrumented treadmill. The participants walked on the treadmill wearing an articulated AFO whose plantarflexion resistance could be systematically adjusted. The ankle joints were set to four distinct levels of plantarflexion resistance (S1 < S2 < S3 < S4). The coronal ankle and knee joint moment, center of pressure, and ground reaction force were analyzed using Visual3D.

10例の慢性期脳卒中症例を対象としております.

Vicon 3次元モーションキャプチャシステムとBertec社製スプリットベルト式トレッドミルを用いて歩行能力を測定しております.

対象者は足関節の屈曲制動を系統的に調整できる短下肢装具(AFO)を装着してトレッドミル上を歩行した.

足関節は4段階の足関節底屈制動に設定されました(S1 < S2 < S3 < S4).

足関節と膝関節の前額面モーメント,圧力中心,地面反力はVisual3Dを用いて解析しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The external knee adduction moment increased significantly (P < .001) and the position of the center of pressure trajectory shifted significantly (P = .003) in the medial direction as the plantarflexion resistance of the AFO was increased from the least resistive condition (S1) to the most resistive condition (S4). The maximum knee adduction moment (median [interquartile range]) was S1: 0.097 (-0.012 to 0.265) Nm/kg; S2: 0.136 (0.040 to 0.287) Nm/kg; S3: 0.160 (0.465 to 0.289) Nm/kg; and S4: 0.192 (0.080 to 0.288) Nm/kg.

短下肢装具(AFO)の足関節底屈制動が最も小さい状態(S1)から最も大きい状態(S4)へと増加するにつれ,膝関節内転モーメントは有意に増加し(P < .001),圧中心の軌道位置は内側に有意に移動しております(P = 0.003 ).

最大膝関節内転モーメント(中央値[四分位範囲])は,S1: 0.097(-0.012~0.265)Nm/kg; S2: 0.136(0.040~0.287)Nm/kg; S3: 0.160(0.465~0.289)Nm/kg; S4: 0.192(0.080~0.288)Nm/kg でありました.

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: This study demonstrated that varying AFO’s plantarflexion resistance altered the knee adduction moment, likely by altering the center of pressure trajectory while walking, in people with chronic stroke.

この研究の結果によると脳卒中症例において,短下肢装具(AFO)の足関節底屈制動の抵抗量を変化させることで,歩行時の圧中心の軌道を変化させ,膝関節内転モーメントを変化させることが明らかとなりました.

 

今回は短下肢装具(AFO)の底屈制動が矢状面のみならず前額面の運動にも寄与する可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

短下肢装具(AFO)の使用は矢状面のみならず前額面の運動にも関連するというのは興味深いですね.

 

タイトルとURLをコピーしました