変形性膝関節症例に対する脚振り運動の効果を明らかにする論文

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例に対する脚振り運動の効果を明らかにする論文

変形性膝関節症例に対する保存療法ではこれまでもさまざまな運動療法の有効性が報告されております.

筋力トレーニングやストレッチなど一般的な運動療法を行ってもなかなか症状が改善しない方って多いですよね.

今回は変形性膝関節症例に対する新たな介入方法である脚振り運動の効果を明らかにする研究計画をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する研究計画

Trials. 2022 Apr 18;23(1):323. doi: 10.1186/s13063-022-06282-0.

Efficacy of leg swing versus quadriceps strengthening exercise among patients with knee osteoarthritis: study protocol for a randomized controlled trial

Ruiyang Li # 1, Pingping Sun # 2, Yu Zhan 1, XuetaoXie 1, Weibing Yan 3, Congfeng Luo 4

Affiliations expand

PMID: 35436968 PMCID: PMC9014577 DOI: 10.1186/s13063-022-06282-0

今回ご紹介する研究計画は2022年に掲載されたものです.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Knee osteoarthritis (OA) is a leading cause of global disability. According to current guidelines, exercise is the most recommended and important non-surgical treatment for knee OA. However, the best type of exercise for this condition remains unclear. Evidence has shown that traditional Chinese exercises may be more effective. Therefore, the current prospective, two-armed, single-center randomized controlled trial (RCT) aimed to identify an effective physiotherapy for knee OA.

変形性膝関節症は世界的な身体障害の主な原因となっております.

現在のガイドラインによると運動は変形性膝関節症に対する非外科的治療として最も推奨される重要な治療法であります.

しかしながら変形性膝関節症に対する最適な運動の種類はまだ不明であります.

中国の伝統的な運動がより効果的である可能性があることを示す証拠があります.

そこでこの前向き単施設無作為化比較試験(RCT)では,変形性膝関節症に有効な理学療法を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods/design: In total, 114 patients with painful knee OA will be recruited from the orthopedic outpatient department of Shanghai Jiao Tong University Affiliated Sixth People’s Hospital. To compare the therapeutic effect of two different home-based exercise programs, the participants will be randomly assigned into the experimental group (leg swing exercise) or the control group (quadriceps strengthening exercise). Each participant in both groups will be required to attend five individual sessions with a physiotherapist who will teach the exercise program and monitor progress. Participants will be instructed to perform the exercises at home every day for 12 weeks. Clinical outcomes will be assessed at baseline and 12 and 24 weeks after starting the intervention. The primary outcomes are average overall knee pain and physical function in daily life. The secondary outcomes include other measures of knee pain, physical function, patient-perceived satisfactory improvement, health-related quality of life, physical activity and performance, muscle strength of the lower limb, and adherence.

上海交通大学付属第六人民病院の整形外科外来から,疼痛を有する変形性膝関節症例114例をリクルートしております.

2種類の家庭用運動プログラムの治療効果を比較するため対象者を実験群(脚振り運動)と対照群(大腿四頭筋強化運動)に無作為に割り付けます.

両群の対象者は理学療法士による5回の個人セッションに参加し,運動プログラムの指導と進捗状況の確認を受けます.

対象者は12週間にわたって毎日自宅で運動を行うよう指導されます.

臨床的アウトカムはベースライン,介入開始後12週および24週で評価が行われます.

主要アウトカムは平均的な膝痛と日常生活における身体機能となっており,副次的アウトカムは,膝痛,身体機能,クライアントが満足する改善,健康関連QOL,身体活動およびパフォーマンス,下肢筋力,アドヒアランスに関する他の指標となっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の考察

Discussion: This study will provide more evidence on the effects of traditional Chinese exercise on improving physical function and relieving joint pain among patients with knee OA. If proven effective, leg swing exercise can be used as a non-surgical treatment for knee OA in the future.

この研究は中国伝統の運動が変形性膝関節症例の身体機能の改善と関節痛の緩和に及ぼす効果についてより多くのエビデンスを提供するものであります.

効果が証明されれば脚振り運動は将来的に変形性膝関節症の非外科的治療法として使用することが可能であります.

 

今回は変形性膝関節症例に対する新たな介入方法である脚振り運動の効果を明らかにする研究計画をご紹介させていただきました.

まだ結果が公表されていない研究ですがどのような結果になるのか気になりますね.

タイトルとURLをコピーしました