大腿骨転子部骨折後に小転子骨片転位があっても股関節屈曲筋力は低下しない?

大腿骨近位部骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大腿骨転子部骨折後に小転子骨片転位があっても股関節屈曲筋力は低下しない?

大腿骨転子部骨折では小転子に転位を伴うことが少なくありません.

小転子には腸腰筋が付着しておりますので,小転子が転位した大腿骨転子部骨折例の場合には腸腰筋の機能低下が危惧されます.

しかしながら本当に小転子に転位がある症例では股関節屈曲筋力が低下しやすいのでしょうか?

今回は大腿骨転子部骨折後に小転子骨片転位があっても股関節屈曲筋力が低下するのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

white and gray floral textile

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Eur J Orthop Surg Traumatol. 2018 Oct;28(7):1313-1319. doi: 10.1007/s00590-018-2200-4. Epub 2018 Apr 13.

No difference in flexion power despite iliopsoas fatty degeneration in healed hip fractures with large lesser trochanter displacement

Matthias Schenkel 1, MalwinaKaniewska 2, Tobias Bühler 3, Suzanne Anderson 2, Karim Eid 3

Affiliations expand

PMID: 29654407 PMCID: PMC6132924 DOI: 10.1007/s00590-018-2200-4

今回ご紹介する論文は2018年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To evaluate iliopsoas atrophy and loss of function after displaced lesser trochanter fracture of the hip.

大腿骨転子部骨折後に小転子が転位している骨折例の腸腰筋の萎縮と機能低下を評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: Cohort study.

研究デザインはコホート研究となっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究セッティング

Setting: District hospital.

この研究は地域のある医療機関で行われた研究です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の対象者

Patients: Twenty consecutive patients with pertrochanteric fracture and displacement of the lesser trochanter of > 20 mm.

対象は小転子骨折と20mmを超える小転子の転位を有する連続した20例としております.

 

 

 

 

 

 

介入方法

Intervention: Fracture fixation with either an intramedullary nail or a plate.

髄内釘またはプレートによる骨折固定を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

アウトカム指標

Outcome measurements: Clinical scores (Harris hip, WOMAC), hip flexion strength measurements, and magnetic resonance imaging findings.

アウトカムは臨床的スコア(Harris hip、WOMAC),股関節屈曲筋力,MRI所見となっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究結果

Results: Compared with the contralateral non-operated side, the affected side showed no difference in hip flexion force in the supine upright neutral position and at 30° of flexion (205.4 N vs 221.7 N and 178.9 N vs. 192.1 N at 0° and 30° flexion, respectively). However, the affected side showed a significantly greater degree of fatty infiltration compared with the contralateral side (global fatty degeneration index 1.085 vs 0.784), predominantly within the psoas and iliacus muscles.

対側の非手術側と比較して,術側の股関節屈曲筋力は屈曲伸展中間位,屈曲30°の股関節屈曲筋力に有意差はありませんでした(0°および30°屈曲時にそれぞれ205.4 N vs 221.7 N, 178.9 N vs. 192.1 N).

しかしながら患側は対側と比較して有意に大きな脂肪浸潤を示し(グローバル脂肪変性指数 1.085 対 0.784),主に大腰筋と腸骨筋内に脂肪浸潤が見られました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Severe displacement of the lesser trochanter (> 20 mm) in pertrochanteric fractures did not reduce hip flexion strength compared with the contralateral side. Displacement of the lesser trochanter in such cases can lead to fatty infiltration of the iliopsoas muscle unit. The amount of displacement of the lesser trochanter did not affect the degree of fatty infiltration.

転子部骨折における小転子の重度の変位(>20mm)は反対側と比較して股関節屈曲力を低下させないことが明らかとなりました.

小転子が転位した大腿骨転子部骨折例では腸腰筋ユニットに脂肪が浸潤する可能性があります.

小転子の変位量は脂肪浸潤の程度に影響を及ぼしませんでした.

 

今回は大腿骨転子部骨折後に小転子骨片転位があっても股関節屈曲筋力が低下するのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

この結果から考えると大腿直筋等の他の股関節屈筋群で代償が可能と考えられるでしょう.

一方で腸腰筋には脂肪浸潤が認められることから,屈曲筋力としては問題無いかもしれませんが,小転子骨折後には姿勢や歩行には大きな影響が出そうですね.

タイトルとURLをコピーしました