大殿筋・中殿筋・大腿筋膜張筋の筋活動と股関節回旋運動の関連性

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大殿筋・中殿筋・大腿筋膜張筋の筋活動と股関節回旋運動の関連性

股関節回旋運動って複雑です.

何が複雑かと申し上げますと股関節屈曲角度によって活動する筋が変化するといった点です.

結局のところ股関節内旋・外旋でどの筋群が活動するのでしょうか?

今回は大殿筋・中殿筋・大腿筋膜張筋の筋活動と股関節回旋運動の関連性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Sports, Fitness, Fit, Training, Abdominal Muscles

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Bodyw Mov Ther. 2021 Jul;27:487-492. doi: 10.1016/j.jbmt.2021.05.011. Epub 2021 May 14.

Activation of the gluteus maximus, gluteus medius and tensor fascia lata muscles during hip internal and external rotation exercises at three hip flexion postures

Marcelo Peduzzi de Castro 1, Heiliane de Brito Fontana 2, Marina Costa Fóes 3, GilmarMoraes Santos 3, Caroline Ruschel 3, HelioRoesler 3

Affiliations expand

PMID: 34391276 DOI: 10.1016/j.jbmt.2021.05.011

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Hip internal and external rotation exercises are usually performed in clinical practice. However, given the synergies required to stabilize the hip in the frontal plane, it is not clear how the activation of target muscles will differ between the two exercise directions.

股関節の内旋運動と外旋運動は,一般的に臨床の場で行われます.

しかしながら股関節を前額面で安定させるために必要な相乗効果を考えると,2つの運動方向で標的筋の活性化がどのように異なるかは明らかではありません.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: I) Compare the activation of the upper and lower fibers of gluteus maximus (GMax), gluteus medius (GMed) and tensor fascia lata muscles between the hip internal and external rotation exercises; ii) Compare the maximal isometric force between hip internal and external rotation exercises and; iii) Assess the effect of varying hip flexion angles on muscle activation and maximal isometric force.

この研究では股関節内旋運動と外旋運動の間で大殿筋上部および下部線維,中殿筋,大腿筋膜張筋の筋活動を比較し,股関節内旋運動と外旋運動の間で最大等尺性筋力を比較し,筋活動と最大等尺性筋力に対する股関節屈曲角度の違いの影響を評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Study design: A cross sectional study.

研究デザインは横断的研究となっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Electromyography and force production of twenty-one participants were measured during maximum isometric hip internal and external rotation in three postures: 0°, 45° and 90° of hip flexion.

21名の参加者が3つの姿勢で最大等尺性股関節内旋・外旋を行った際の筋電図と筋力を測定しております.

股関節屈曲0°・45°・90°の3つの姿勢で,最大等尺性股関節内旋および外旋筋力の測定を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: MANOVA results showed a larger activation of the GMed, tensor fascia lata and upper GMax (p < .001) for hip internal rotation compared to external rotation regardless of hip flexion angle. For the lower GMax, the same was observed when the hip was kept at 90° of flexion. Maximal isometric force during hip external rotation was greater than during hip internal rotation at 0° posture, and lower at 90° posture (p < .001).

MANOVAの結果,股関節の屈曲角度に関わらず,外旋と比較して股関節内旋では中殿筋,大腿筋膜張筋,大殿筋上部線維の筋活動が大きい結果でありました(p < 0.001).

また大殿筋下部線維については,股関節を90°屈曲させたままでも同様の傾向が確認されました.

股関節外旋時の最大等尺性筋力,0°の肢位では股関節内旋時よりも大きく,90°の肢位では小さくなりました(p < 0.001).

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: The gluteus and the tensor fascia lata muscles were substantially recruited during the hip internal rotation exercise, and barely recruited during the hip external rotation exercise. Hip flexion influences the myoeletric activity and isometric force production during the internal rotation exercise.

股関節内旋運動では大殿筋と大腿筋膜張筋の筋活動が大きくなり,股関節外旋運動ではほとんど筋活動が得られませんでした.

また股関節の屈曲は,内旋運動中の筋活動および等尺性筋力に影響を及ぼすことが明らかとなりました.

 

今回は大殿筋・中殿筋・大腿筋膜張筋の筋活動と股関節回旋運動の関連性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

大殿筋・中殿筋・大腿筋膜張筋のトレーニングを行う際には回旋運動を考慮してトレーニングを行う必要性が示唆されますね.

タイトルとURLをコピーしました